あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年06月11日 更新日:2020年06月11日

「MCS」の評判と実態【2020年最新版】

MCS(マルチ・コネクション・サービス)

MCS(マルチ・コネクション・サービス)は、東証一部上場企業の「株式会社東計電算」が提供している企業間の取引に特化した次世代型EDIサービスです。データ交換を統合することで、業務の効率化を実現できます。

この記事では、MCSを導入することによるメリットや使うべき人、導入効果などについて解説。EDIシステムの新規導入や既存システムからの移行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのEDIを厳選!

目次
アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「MCS」は制約なしで企業間取引ができる次世代型EDIサービス

ハードウェアやソフトウェア・伝送手順・ファイル形式などの制約を受けることなく、データ交換ができることがMCSの特徴。EDIシステムや異なるシステム間のデータ交換をMCSに統合することにより、業務の効率化とコストダウンを実現できます。

また、人によるブラウザの操作が必要になるweb-EDIとは異なり、MCSがweb-EDI代行オペレーションに対応できることも特徴の一つです。

EDI導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のEDIの見積もりが可能です。EDI選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
EDI選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

MCS(マルチ・コネクション・サービス)の5つのメリット

それでは、MCSを活用することでどのようなメリットがあるかお伝えします。

データ交換業務の効率化が可能

MCSは、EDIシステムや異なるシステムとのデータ連携において、データの交換が可能です。ハードウェアやソフトウェア・通信手順・ファイルフォーマットなどに制限されることなく、通信を行うことができます。

そのため、自社の業務システムや取引先が導入しているシステムとのデータ交換業務をMCSに統合することで、業務の効率化が実現可能です。

システムとしてコストダウンが可能

MCSを活用すれば、取引先ごとにEDIシステムを構築する必要がありません。そのため、導入費用や運用費用を抑えられます。

また、MCSの一環として、web-EDIの代行オペレーションにも対応。従来のweb-EDIでは、人手を介したブラウザソフトの操作が必要でしたが、代行オペレーションを利用することでデータセンターのスタッフがデータ連携業務を代行。送受信作業が自動化できるため、コストダウンにつながります。

充実した機能を装備

次世代型EDIサービスとして、MCSには充実した機能が搭載されています。MCS内部機能として、通信サーバ・FAX配信帳票ツール・通信クライアント・送受信リトライの各機能に対応。MCS管理システム機能として、データアップロード・データ送受信履歴照会・データダウンロード・レイアウトマッピング機能を装備。

また、通信プロトコルとして、JCA・FTP・全銀BASIC・FAX配信・全銀TCP/IP・web-EDI・流通BMSに対応しています。

信頼性の高い自社データセンターによる運用

サービスの提供会社である東計電算は、自社データセンターを保有。免震設備・自家発電設備・空調設備・火災対策・漏水対策・落雷対策・防犯対策などが施され、安心と安全を確保しています。

専任スタッフにより、24時間365日体制で運用・管理が実施され、トラブル発生時もスピーディーな対応が可能。安全性もセキュリティも万全で、信頼性の高い自社データセンターによる運用のため、安心してシステムを利用できます。

安定企業の信頼性の高いシステム

1970年に設立された東計電算は、クラウドサービスやBPOサービスを展開する東証一部上場企業です。半世紀にわたって培ってきた経験とノウハウを活かし、数多くのクライアントにITサービスを提供しています。

また、自社のデータセンターを持ち、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証も取得しており、高い信頼性と耐障害性を持つシステムです。安定企業が運用・管理する、信頼性の高いシステムを利用できます。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったMCS(マルチ・コネクション・サービス)を使うべき人・会社

ここまで紹介したメリットを踏まえ、MCSは一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

EDI業務の効率化を実現したい会社

MCSは、企業間取引に対応した新しい次世代型のEDIサービスです。web-EDIの代行オペレーションを利用することで、クライアントに代わってEDI業務のブラウザ操作を代行してもらえるので、これまでは手作業で行っていた業務量を削減できます。

この代行業務は、東計電算が所有するデータセンターの専任スタッフが、データ送受信とMCSとの連携業務を実施。画面操作のスクリプト化や送受信の自動化により、効率化を推進するとともに、高い安全性を実現できます。また、MCSの共有設備を利用するため、クライアント側で特別な設備を準備する必要はありません。

データ運用・管理を安心して任せたい会社

最新の設備と技術による、データセンターを利用していることが、MCSの特徴の一つ。震度7の地震に耐えられる免震設備、自家発電や無停電電源装置を備えた電源設備、火災報知設備、自動消火設備、漏水検知センサーによる漏水対策、光アクセスシステムによる落雷対策などを装備した、信頼性の高いデータセンターです。

万全の安全対策と高度なセキュリティ対策を施したデータセンターで、クライアントのニーズに合わせた環境を提供しています。専任オペレータによる24時間365日の監視体制や、各種資格保有者によるトラブル処理にも対応。データの運用・管理を安心して任せたいという会社におすすめです。

実績と安定性のある会社のシステムを導入したい会社

東計電算は、1970年に設立された東証一部上場企業です。全国の17ヵ所に拠点を持ち、50年にわたってITソリューション事業を展開。豊富な実績とノウハウをベースに、設計・開発から運用・保守まで、ワンストップでクライアントのニーズに応えています。

また、MCSは、業界を問わず、さまざまな業種で利用できる次世代型EDIサービスです。信頼性の高いデータセンターを利用しながら、データ交換業務の効率化やコストダウンを実現できます。実績と安定性のある会社が運営・管理しているシステムを導入したいという会社におすすめです。

MCS(マルチ・コネクション・サービス)の料金プラン

MCSの料金プランは、東計電算の公式ホームページでは記載されていません。そのため、料金を確認するためには問い合わせが必要となっています。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

MCS(マルチ・コネクション・サービス)の導入実績・効果

ここからは、実際にMCSを導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A社

MCS(マルチ・コネクション・サービス)の導入事例ページ(株式会社東計電算 http://www.big-link.com/center/mcs.html 参照)によると、30店舗の薬局を展開し、仕入先社数が80社のA社における、MCSの導入事例です。

自社内の販売管理システムと連携した仕入先との受発注、仕入データの送受信処理、発注情報のFAX配信処理において、MCSの導入を決定。導入までのプロセスとしては、東計電算で要件のヒアリングや提案、各種設定作業、送受信テスト、運用監視などに対応し、システムの仕様や運用方法の取り決めについて検討しました。また、プロセスごとに報告書や資料などの成果物を提出し、スムーズにシステムを導入できました。

システム導入後は、データ交換業務を統合することにより、業務の効率化とコストダウンを実現。月間で約30万件のデータ交換、約1,000枚のFAX送信業務をシステム上で、ストレスなく行えるようになりました。

まずはMCS(マルチ・コネクション・サービス)の見積もりを

MCSは、制約なしで企業間取引ができる次世代型EDIサービスです。異なるシステム間のデータ交換をMCSに統合することが可能。実際に導入した会社の声を聞いても、導入後はEDI業務の効率化やコストダウンの効果につながっているようです。

EDIシステムの新規導入や既存システムからの移行を検討している方は、ぜひMCSの導入を考えてみてはいかがでしょうか。より詳しい詳細が知りたい方は、一度見積もりをとってみることをおすすめします。アイミツでは、MCSの見積もりを受け付けているので、お気軽にお問い合わせください

まとめ

MCSは、データ運用・管理を安心して任せたい会社に、特におすすめのサービスです。導入することで、web-EDIの代行オペレーションにも対応できます。

また、堅牢な自社データセンターを保有しており、信頼性・耐障害性が高いシステムであることも特徴。MCSは、設立から50年の実績を持ち東証一部上場企業の東計電算が提供する製品です。その特徴とメリットを十分に把握した上で、MCSの導入を検討してみませんか。前向きに導入することを考え、見積もりから始めてみたい方はお気軽にお問い合わせください

EDI探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

EDIが
最短翌日までにそろう