あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

BP-LINKSの評判と実態【2020年最新版】

BP-LINKS

BP-LINKSは、東京都渋谷区に本社を持つ東証一部上場企業「TDCソフト株式会社」が提供するオンプレミス型のEDIサービスです。2014年に商品としてリリース依頼、3,500社以上の導入実績があり、購買スタッフの工数を8分の1程度まで低減できることが特徴です。

この記事では、BP-LINKSを導入することによるメリットや使うべき人、導入効果などについて解説。EDIシステムの新規導入や既存システムからの移行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのEDIを厳選!

目次
アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>BP-LINKSはIT関連企業の購買業務に特化したサービス

IT関連企業の購買業務に特化したEDIシステムであることが、BP-LINKSの最大の特徴です。IT企業は、膨大な数のパートナー企業との取り引きがあり、各種契約形態に対応する必要があります。BP-LINKSを導入することにより、一括請負・SES・作業請負・労働者派遣などの契約形態に対応することが可能です。

また、労働者派遣法や電子帳簿保存法などで求められている管理項目にも対応しているため、IT関連企業が安心して導入できるEDIシステムとなっています。

EDI導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のEDIの見積もりが可能です。EDI選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
EDI選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

BP-LINKSの6つのメリット

それでは、BP-LINKSを活用することで得られるメリットを詳しく説明します。

購買業務の効率化を実現

BP-LINKSを導入することで、従来の紙ベースによる書類作成や管理に割かれていた時間を削減することが可能です。削減した工数で、新規パートナー企業や案件を獲得するための施策に注力できるようになります。

また、その結果として、パートナー企業との関係構築や購買業務の効率化などのメリットにつなげることが可能です。実際に、購買スタッフ1人あたりの作業時間が、1/8まで削減した事例もあります。

取引先の技術者の一元管理が可能

BP-LINKSは、IT企業のソフトウェア開発において技術者を調達する際の契約形態として、一括請負や作業請負・SES・派遣の各種契約に対応し、関連する法規に準拠しています。下請法や電子帳簿保存法で求められている管理項目・手順に対応し、労働者派遣契約における発注書類にも対応可能です。

また、作業請負契約や労働者派遣契約など、月次稼働実績に伴う請求や精算業務にも対応。これらにより、パートナー企業の技術者を一元管理することが可能になります。

実用的なサポート機能を利用可能

BP-LINKSは導入企業だけでなく、パートナー企業も利用することで、購買や調達に関する一連の業務効率化を推進し、さまざまな課題を解決できる機能を持っています。

具体的な機能として、見積もりや受発注・請求・検収などの基本機能をはじめ、実用性の高い機能を装備。パートナー企業やその技術者要員を登録できる機能や、契約更新が必要な場合にアラートメールを送る機能など、日々の業務をサポートする機能を数多く搭載しています。

ペーパーレス化によるコスト削減を実現

通常の購買業務では、見積書や発注書・請求書・契約書などの書類が必要ですが、BP-LINKSの導入により電子化され、ペーパーレス化が実現できます。紙ベースでの各種書類の発行・管理が不要となることで、月末月初の事務作業を削減できると同時に、印刷用紙費用や印刷費用・印紙費用、郵送費用などのコストの削減が可能です。

また、ペーパーレス化により業務を効率的に推進できることで、購買スタッフの管理コスト削減にもつながるでしょう。

各種外部システムとの連携が可能

BP-LINKSは、会計システムなどの外部システムとのデータ連携が可能。オンプレミス型の柔軟なシステム構成により、注文書記載内容の自動チェックなどにも対応できます。

たとえば、月毎の稼働実績や、部門・プロジェクト毎の各種データファイルを外部システムから取り込み、請求金額の月次計算を行うことが可能。また、請求データなどをファイル形式で出力できるため、既存の会計システムとBP-LINKS間で請求データを連携させることもできます。

実績豊富で安心して利用可能

BP-LINKSは、2014年にリリースを開始。その後、数多くのIT企業に導入され、2018年にはBP-LINKSのクラウド版として、「Meeepa」の提供を開始。両方のサービスを合わせると3,500社以上の豊富な利用実績があります。

また、提供会社であるTDCソフトは、1962年創業の東証一部上場企業です。年間のプロジェクト数は650、CMMI成熟度レベルは4を獲得。安心して利用することができます。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったBP-LINKSを使うべき人・会社

それでは紹介したメリットを踏まえ、BP-LINKSは一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

取引先の多いIT関連会社

社外の技術スタッフを活用することが多いIT関連企業では、多種多様で大量の契約が存在し、その内容は時代とともに複雑化しています。また、IT企業の購買部門では少ないスタッフで、効率化やスピード化が求められるなど、多くの課題があるでしょう。

BP-LINKSは、IT関連企業の購買業務に特化したEDIシステムです。提供会社のTDCソフトでも自社で導入して成果を上げている実績があり、取引先企業の毎月の請求書発行業務が不要になるため、パートナー企業の負荷軽減も併せて実現することが可能。自社だけでなく、取引先の業務効率化にも貢献できるため、取引先が多いIT関連会社におすすめのEDIシステムです。

購買業務の効率化・コストダウンを実現したい会社

社外の技術スタッフを活用している場合、その契約更改時期や契約単価はパートナー企業ごとに異なるため、再契約時に見積書や注文書の作成・送付を行う必要があります。BP-LINKSを導入することで、取引先の検索・見積依頼・発注・検収・請求・精算までワンストップでの対応が可能。一連の業務の効率化を実現できます。

また、手書きによる郵送時の宛先ミスや、メール誤送信、二重登録などの人的ミスを防ぐことも可能です。多くの開発依頼に契約処理が間に合わない、注文書・請求書のやり取りに時間が割かれる、各書類の作成・郵送コストがかかるなどの課題を持っており、業務の効率化とコストダウンを実現したいという会社におすすめです。

実績のあるEDIシステムを導入したい会社

新しいシステムを導入する場合、その信頼性は誰もが気になるところでしょう。導入したものの想定していた使い方ができないケースや、提供会社がサービスを停止してしまうケースがあるかもしれません。そのような状況にならないためには、実績のあるEDIシステムを導入することがポイントです。

BP-LINKSはこれまでに3,500社以上での導入実績があり、提供会社は長い歴史と豊富な実績を持つ東証一部上場企業であるため、安心して導入・保守を任せられます。オンプレミス型のEDIですが、クラウド型のEDIを使いたい方向けに、クラウド版である「Meeepa」を利用するという選択肢があることも魅力です。

BP-LINKSの料金プラン

BP-LINKSの料金は、次のような初期費用と月額利用料が必要になります。

■初期費用(導入基本パック):200万円~(税抜)
導入時におけるシステムの適合性確認・分析や、各種設定作業が含まれます。また、初期費用は作業の詳細内容により異なります。
■月額利用料(月額ライセンス):月額9万8,000円~(税抜)
利用人数やサーバ構成などにより料金は異なります。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

BP-LINKSの導入実績・効果

ここからは、実際にBP-LINKSを導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A社

BP-LINKSの導入事例ページ(TDCソフト株式会社 https://www.tdc.co.jp/project/8387/ 参照)によると、A社は、独立系のソフトウェア会社で東証一部上場企業です。独立系のシステムインテグレーターとして、幅広い業種にITソリューションを提供しています。

従来、プロジェクト毎の採算制をとっていたため、発注件数が膨大になることと、購買プロセスの一貫した管理・追跡ができないことが課題でした。そこで、購買システムの見直しを検討したところ、発注権限のあるメンバーが100名以上にのぼり、発注承認に5段階のレベル設定が必要など、固有の条件が明確に。これらを解決できるシステムとして、ソフトウェア業界に特化しており購買管理ができることと、大幅なカスタマイズに対応できることから、BP-LINKSの採用を決定。

導入後は、紙ベースでの発注書への捺印や郵送など、毎月多くの工数を取られていた作業時間を削減し、大きな業務効率化を実現。購買業務におけるプロセスを可視化できたことで、一貫した把握ができるようになりました。また、同時に購買ルールの順守が徹底されたことで、ガバナンスの強化も実現。今後は、蓄積した購買データを戦略的に活用することを目指しています。

B社

BP-LINKSの導入事例ページ(TDCソフト株式会社 https://www.tdc.co.jp/project/7422/ 参照)によると、B社は、ITサービス・ソリューション事業を展開する企業です。コンサルティング・システム基盤・ソフトウェア開発・システム運営管理・クラウド・サイバーセキュリティなどをワンストップで手がけています。

数多くのパートナー企業と協業しており、購買業務の急増に対して工数不足となる課題がありました。紙ベースでの業務は、残業が深夜におよぶことも多く、グループ全体での購買データの統合管理が必要に。そこで、請負契約だけでなく派遣契約にも対応し、下請法などの法規制に遵守していること、見積もりから契約・精算までを一貫して処理できることから、BP-LINKSの採用を決定しました。

導入に際しては、自社の業務のやり方をBP-LINKSに合わせるカタチで導入したため、ハードルの高いものになりましたが、サポートがしっかりしていたため、無事に導入が完了。購買業務のシステム化により、作業負担は大幅に軽減され、残業はほぼゼロに。また、ペーパーレス化による郵送費の削減や、人的ミスの排除などの効果も出ています。

まずはBP-LINKSの見積もりを

BP-LINKSは、IT関連企業の購買業務に特化していることから、数多くのIT企業に導入されています。実際に導入した会社の声を聞いても、導入後は購買業務の大幅な効率化と、それに伴うコストダウンを実現しているようです。

少しでも導入するか迷っているなら、まずは見積もりをとってみてはいかがでしょうか。アイミツでは、BP-LINKSの見積もりを受け付けているので、お気軽にご相談ください詳しい詳細を知るためにも、一度見積もりをとってから、導入を検討することをおすすめします。

まとめ

BP-LINKSは、膨大な数のパートナー企業との取り引きにおいて、各種契約形態に対応し、IT企業の購買業務や販売業務に適用できるツールです。労働者派遣法や電子帳簿保存法にも順守しているため、安心して導入したいIT関連会社におすすめできます。

また、これまでに3,500社以上での導入実績があり、数多くのIT企業で導入されている製品であることも魅力でしょう。実際に導入をする前に、詳しい詳細を知るため、まずは見積もりをとって、自社でBP-LINKSの良さを改めて確認していただければと思います。

EDI探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
EDIが
最短翌日までにそろう