複雑化するECサイトでの決済をわかりやすく解説!

スマホを操作する人

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年11月14日

ECサイトの決済方法はサイトによってさまざまな種類があります。
一般的な支払いはクレジットカードによる支払いですが、デビットカード、電子マネー、キャリア決済といったものがあります。
しかし、実は最近ではクレジットカードによる支払は減少傾向にあるといわれています。

クレジットカードを使わない人が急増?

スマホを見る男女

ECサイトでショッピングをした際、支払の決済方法でクレジットカードを使わない人が増えているといわれています。
その大きな理由として次の3つの要因があるようです。

若者がクレジットカードを使わない理由
  • 個人情報漏えいのリスクを避けるため
  • 多様化した決済サービスのため
  • 若い世代のクレジットカード離れ

1の「個人情報漏えいのリスクを避けるため」は、ニュースなどでよく耳にするサイバー攻撃による情報漏えいで顧客リスト流失といったトラブルを回避したいという意識の高まりであるといわれています。
クレジットカード自体の問題というよりも、インターネット上でのセキュリティ問題といえます。

2の「多様化した決済サービスのため」は、コンビニ決済や利用しているスマートフォンのキャリアを経由して支払うキャリア決済が普及したことがその原因です。
気軽に立ち寄れるコンビニで現金による支払いをしたり、契約中である電話会社の毎月の支払に加算させる後払いシステムの方がクレジットカードよりも安心安全なイメージを想起させるようです。

また、3の「若い世代のクレジットカード離れ」は、クレジットカードを作る際の審査の手間などから敬遠する10代20代が多く、スマートフォンのキャリア決済で十分と考える人が多いためであると分析されています。

決済方法の種類とメリット&デメリット

クレジットカードとパソコン

ではここでさまざまな決済方法の種類とそれぞれのメリットとデメリットを解説したいと思います。

クレジットカード決済

現在最も普及し、利用されているのがクレジットカード決済方法です。
メリットは利便性の高さで、クレジットカード決済ができないショップでは購買意欲を損なうリスクもあるため、ECサイトを展開するのであれば必ず導入しておきたい決済サービスです。
デメリットとしてはチャージバックです。チャージバックとはクレジットカードの持ち主が不正使用などの理由で代金の支払に同意しない場合、クレジットカード会社がその代金の売上を取消すことで、もし不正利用などがあった場合、EC事業者が責任をもたなくてはならないというリスクが生じます。

代引き(代金引換)

古くからあるシステムで、宅配業者が商品を届けた際に代金を回収するサービスです。
決済時にカード情報を送信しなくて済み、商品と引き換えに代金を確実にもらえる点がメリットです。
デメリットとしては通常は購入者が代引き手数料を支払わなければならないため、利用者が少ないことです。

コンビニ払い

コンビニ払込票決済

商品と一緒に払込票を送り、受け取った購入者が商品を確認してから支払うシステムです。
メリットはクレジット番号入力などがなくセキュリティ的にも安心です。
デメリットは後払いシステムであるため、購入者から料金を徴収できないリスクがある点です。

Webコンビニ決済

サイト上で購入者がコンビニ会社を選び、画面に表示された画面を印刷して持参したり、コンビニに設置されている端末機にシリアルナンバー入力し、印刷された払い込み票を使って支払う方法です。
全国に数多くあり24時間いつでも支払いができるのがメリットです。

キャリア決済

キャリア決済は、現在利用しているスマートフォンや携帯電話の支払い時に合算される決済方法のことをいいます。
スマートフォンを使ってECサイトで買い物をし、決済方法をキャリア決済にすると一旦キャリアのサイトにとびます。
そこで本人確認ができれば手続きが進み、商品を購入できるようになります。
手軽で便利な点がメリットで、スマートフォンの普及に伴い、今後はこのキャリア決済の利用が増えると予想されています。
なお、デメリットとしてはECサイト運営者にはクレジットカードより割高な手数料がかかる点です。

【まとめ】自社サイトに合わせた決済方法の選択を

いかがでしたでしょうか。ここで紹介した以外にもPayPalやアマゾン決済、LINE Pay、楽天ID決済やYahoo簡単支払いといったものがあります。

いずれにしてもECサイトの規模によって導入する決済サービスを選定を行う必要があります。
また、開店後の状況によって新たに決済方法を増やすのはいいですが、逆に決済方法の種類を減らしてしまうと印象も悪くなるので、決済サービスは十分に考慮して導入することをおすすめします。

日本最大級の発注業者比較サイトの「アイミツ」では、お客様の要望に合わせて最適な業者をご紹介することが可能です。

ECサイトを構築するために適した制作会社を探している場合には、業界に精通したコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください