あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2015年03月20日 更新日:2020年04月15日

海外向けネットショップを作りたい方必見!多言語対応しているサイトを作るときは、この会社に頼もう!【2020年最新版】

ミニチュア地球儀
目次

多言語対応通版サイト成功させるするためには、新たに海外向けECサイトを立ち上げるのだという視点が不可欠です。
つまり、単に既存の日本語サイトを外国語に翻訳するのだけでなく、自社のサービスをプロの視点で現地で通用するように再プロデュースしてくれる会社の助けが必要となってくるのです。

1.WIPジャパン

WIPジャパンが提供するグローバルWEBサービスの優位性は、単に外国語ウェブサイトを構築するのみならず、海外現地法人ローカルサイトなどの既存外国語サイトを含む、クライアント企業関連サイト全体の戦略を提案できることです。

多言語ウェブサイト更新にかかる翻訳からデザイン修正、コーディング、ウェブサイト公開までをワンストップで対応できる体制と過去の運用実績を生かし、多言語ウェブサイト運用のパフォーマンスを最大化するための、ウェブサイト企画提案およびコンサルティングが可能です。

WIPジャパン株式会社紹介ページはコチラ

2.ecbeing

「ecbeing」の公式サイト
出典ecbeing

ecbeingではサイト運用も考慮した形で多言語対応のカスタマイズをしており、ひとつのプラットフォームで柔軟に国内外の対応ができます。
決済のPayPal対応やドル建て計算、また、世界各国の注文に対応した送料自動計算など、グローバルな商習慣に合わせて柔軟に対応します。

株式会社ecbeing紹介ページはコチラ

3.Live Commerce

単にサイトを外国語にするだけでなく、PayPal決済、EMS送料計算、多言語カート、翻訳システムがオールインワンで使えるのはLive Commerceだけ。

多言語サイト特有の検索エンジン最適化も実装されています。

4.インフォキュービック・ジャパン

海外サイト制作はもちろんのこと、下記の海外向けサービスも可能です。
■海外リスティング広告
■コンテンツマーケティング(日英中)
■海外Facebook広告
■海外向けプレスリリース
■アクセス解析(多言語対応)

株式会社インフォキュービック・ジャパン紹介ページはコチラ

【まとめ】自社サービスを現地で通用するように再プロデュースしてくれそうな会社はありましたか?

このまとめでは、単に既存サイトを翻訳しておしまい、という会社はひとつもピックアップしませんでした。
それぞれ、現地の商習慣を考慮しながら多言語対応サイトを構築してくれます。
その中でどの会社が良いか迷っているならば、ここではインフォキュービック・ジャパンをおすすめします。

「各国の文化的背景や競合事情まで考慮したオリジナル企画提案をしてくれる会社」は、きっとあなたのサイトの多言語対応を成功させてくれるでしょう。

ECサイト構築会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ECサイト構築会社が
最短翌日までにそろう