海外向けネットショップを作りたい方必見!多言語対応しているサイトを作るときは、この会社に頼もう!

ミニチュア地球儀

更新日:2017年10月11日 | 公開日:2015年03月20日

多言語対応通版サイト成功させるするためには、新たに海外向けECサイトを立ち上げるのだという視点が不可欠です。
つまり、単に既存の日本語サイトを外国語に翻訳するのだけでなく、自社のサービスをプロの視点で現地で通用するように再プロデュースしてくれる会社の助けが必要となってくるのです。

1.WIPジャパン

多言語ウェブサイト更新にかかる翻訳からデザイン修正、コーディング、ウェブサイト公開までをワンストップで対応できる体制と過去の運用実績を生かし、多言語ウェブサイト運用のパフォーマンスを最大化するための、ウェブサイト企画提案およびコンサルティングが可能です。

WIPジャパン株式会社紹介ページはコチラ

2.ecbeing

「ecbeing」の公式サイト
出典ecbeing

3.Live Commerce

4.インフォキュービック・ジャパン

【まとめ】自社サービスを現地で通用するように再プロデュースしてくれそうな会社はありましたか?

このまとめでは、単に既存サイトを翻訳しておしまい、という会社はひとつもピックアップしませんでした。
それぞれ、現地の商習慣を考慮しながら多言語対応サイトを構築してくれます。
その中でどの会社が良いか迷っているならば、ここではインフォキュービック・ジャパンをおすすめします。

「各国の文化的背景や競合事情まで考慮したオリジナル企画提案をしてくれる会社」は、きっとあなたのサイトの多言語対応を成功させてくれるでしょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください