ワールドワイドに展開しよう!海外向けECサイトが有利な3つの理由

地球の上で腕組みする男性

更新日:2017年09月20日 | 公開日:2016年09月06日

ECサイトを海外に向けて発信するスタイルに今注目が集まっています。
そのキーワードとして「越境EC」言葉がよく聞かれはじめています。

越境ECとは、インターネット上で行われる国際的な電子商取引を指し、国内のみならず海外に向けて発信していくという新たな戦略です。

電子商取引は国境を越える

経済産業省が、日本の電子商取引市場の実態および日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査してとりまとめた「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」というものがあります。

この中で、日本・米国・中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模は、平成27年において、日本の消費者による米国及び中国事業者からの越境EC(越境電子商取引)による購入額は2.2千億円(前年比6.9%増)、米国の消費者による日本及び中国事業者からの越境ECによる購入額は9千億円(前年比11.1%増)、中国の消費者による日本及び米国事業者からの越境ECによる購入額は1.6兆円(前年比32.7%増)としています。

また、平成31年までの日米中3か国相互間の越境EC規模を試算したところ、消費国としての推計市場規模は、平成27年から平成31年までの間に日本は約1.5倍、米国は約1.6倍、中国は約2.9倍の規模となり、日米中3か国間における越境ECによる購入総額合計は、平成31年までに約6.6兆円にまで拡大する可能性があることがわかったと報告をしています。(出展:経済産業省HP)

このことから、海外向けのECサイトはとりわけ中国の市場を見据えたものにすることが有効であるといえるのではないでしょうか。

そこで今回はECサイトを作るなら海外向けにした方がいい3つの理由をお教えしましょう。

【理由1】中国のネット人口は約7億人!ECサイト利用者も急増している

ノートパソコン

中国インターネット情報センター(CNNIC)が今年の1月に、中国国内のネットユーザー数は6億8,800万人で、人口の半数を上回ったと発表しました。
これはアメリカの人口の倍以上の数字です。
日本でのインターネット普及率は82.8%なので、中国にはまだまだ成長する見込みがあり、非常に大きなマーケットであることがわかります。

【理由2】いいものが欲しい!だから日本のECサイトが利用されている

地図の上で悩む男性たち

いまに始まったことではないのですが、中国国内での悩ましい問題のひとつに偽物の氾濫といったものがあります。
政府は中国の最大のシェアを持つネット通販でサービスの「タオバオ(淘宝)」に流通している商品のうち、約6割以上が偽物であるという発表したほどです。

そうした背景もあり、質の低い商品はもちろん、粗悪な食品や化粧品を利用すると人体へのリスクも多く、お金をかけてでもいいものを手に入れたいという欲求が高まっているのです。
そのためいま中国ではいいものが欲しくて日本のECサイトを利用して商品を購入することがある意味トレンドにもなっているのです。

【理由3】ECサイトが訪日できないという不満を解消する

ショッピングモール

少し前に中国からの観光客が大勢日本に訪れ大量の商品を購入する「爆買い」が社会現象として大きな話題になりましたが、中国の人々はとにかく日本製が好きです。それはなによりも質がよく信頼できるものが多いからなのでしょう。
また、中国だけではなく他の外国人も日本に憧れている人がたくさんいます。
しかし、費用やスケジュール、その他の理由で簡単に訪日することが難しい場合もあります。
そうした海外の「日本好き」にも越境ECは効果的であると考えられるのです。

【まとめ】海外向け・越境ECサイト運営にはしっかりとマーケティング戦略を立てること

海外向けてのECサイト、「越境EC」が非常に有効なことと、とりわけ中国への発信が効果的であることが本記事でおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、実際に海外向けのECサイトを運営することになればクリアしなければならないハードルもあります。
例えば商品を発送する際の送料や顧客対応、法規制といった点です。

もし越境ECを目指すのであれば、こうしたコストやリスクを考慮したマーケティング戦略をしっかり立てた上で、世界に挑むか留まるかの判断するのが賢明であると思えます。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、ECサイトに精通した会社が数多く登録されており、お客様の予算やニーズによってお選びいただくことができます。

また、ECサイトやネット店舗に関してよくわからないといったお客様には専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしています。
ネット店舗をはじめたくなったら、まずはアイミツへご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください