徹底比較!カートシステムをいろいろな角度から調査してみた

更新日:2017年06月21日 | 公開日:2016年09月06日

多くのユーザーは商品を購入する際にさまざまなECサイトを比較します。
その際、カートシステムの導入がないショップは買い物をすることに抵抗がある人が多いそうです。カートシステムの大きなメリットとしては合計額が瞬時に計算されたり、数量の変更なども簡単にできるためお客様が買い物がしやすくなります。

つい買いすぎてしまう心理をついた巧みな戦略!

いまではカートシステムのないECサイトの方が珍しくなってきました。それほどショッピングカードの必要性は高くなっているのです。中には購入した商品の合計額表示される横に「あと○○○○円で送料が無料!」、「あと○○○○円でポイントが倍に!」といった文字が点滅して知られるといった小ワザの効いたレジページまであったりと、とにかく人の心理を巧みについた仕掛けで売り上げアップに繋げているのです。

とにかく多彩!ショッピングカートありきのASP

カートシステムを使ったショッピングカートのサービスを提供しているASPは数多くあります。販売する商品さえあればわずか数分でカートシステムがメインとなったECサイトが構築できて、すぐに運営をはじめられます。そのためまったく商売の知識のない人でもトライできるのがショッピングカートASPの魅力でもあります。

しかし、運営側からするとカートシステムはその価格や機能性、集客サポートなどを含め多岐にわたっているためるため、自分のショップのビジョンや目的、そして運営コストなどを考えた上で最も合ったものを選ぶことが大事です。

ここでいくつかのカートシステムをご紹介したいと思います。それぞれに特徴があるので参考にしてみてください。

Stores.jp

出典STORES.jp
出典NOUE
Stores.jp注文画面

わずか2分で完全無料でネットショップをはじめることができるというショッピングカート「STORES.jp」に登録されている、女性用アクセサリーを販売しているノウエ様のショップです。

株式会社ブラケット紹介ページはコチラ

FC2ショッピングカート

出典Cutis Store
FC2ショッピングカート注文画面

無料でありながらテンプレートも豊富で、HTMLやCSS編集も可能なブログサービスでも有名なFC2のネットショップサービス。その中で皮膚や肌のさまざまな悩みに役立つケア商品を取り扱っているCutis Store様のショップです。

FC2, Inc.紹介ページはコチラ

e-shopsカート2

出典谷彦
e-shopsカート2注文画面

PCサイト、携帯電話用サイト、スマートフォン (スマホ)用サイトに 対応したネットショップサービスを展開しているe-shopsカート2を利用し、国産にこだわり旬の京野菜を使った京つけものを販売している谷彦様のショップです。

株式会社ハンズ紹介ページはコチラ

【まとめ】ASPを利用しカートシステムの導入を

ショッピングカートASPを利用すればカートシステムに詳しくなくても特に問題なくネットショップの運営は可能です。

契約されるユーザのパソコンなどにアプリケーションソフトをインストールする必要もないので、企業の情報・受注管理システムや費用・手間を節減することも可能です。あとは費用面や機能面で一番最適と思われるショッピングカートASPを選ぶだけ。インターネット上にはAPSそれぞれの評判なども検索して知ることもできるので確かめた上でのご利用をおすすめします。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、ECサイトに精通した業者が数多く登録されており、お客様の予算やニーズによってお選びいただくことができます。

また、ECサイトやネット店舗に関してよくわからないといったお客様には専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしています。ネット店舗をはじめたくなったら、まずはアイミツへご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください