実際に役立つ!クラウド型在庫・受注管理システムを導入して商品管理コストを圧縮しよう!

更新日:2016年12月28日 | 公開日:2015年03月24日

この記事を読むための時間: 3分

インターネットの物流管理には3つのポイントがあります。
1.実店舗、複数サイトでリアルタイム処理可能な【在庫管理】
2.注文受付や受付確認メール送付などの【受注管理】
3.複数サイトに対するそれぞれの【商品登録】
ではこの始点に沿って厳選のクラウド型在庫・受注管理システムを見ていきましょう!

販売ワークス

社印の画像(透過PNG・GIF)を登録すれば請求書や納品書に印字できます。
定常売上を可能とする継続契約機能を実装。
会計ワークスとの連動で販売データを振替伝票へ自動起票が可能。

株式会社スマイルワークス紹介ページはコチラ

GoQSystem(ごくーシステム)

ネクストエンジン

EC-Zaiko Pro

◆簡単操作・充実のサポートで苦手なIT倉庫管理らくらくスタート
出典EC-Zaiko Pro

助ネコ

◆使いやすさ業界NO.1の声
出典助ネコ

【在庫管理】【受注管理】【商品登録】にバランスの取れた「助ネコ」に注目

以上、カンタンに使いやすいクラウド型在庫・受注管理システムを見てきました。
どのシステムも必要にして十分な機能が網羅されていますね!
中でも、「助ネコ」は【在庫管理】【受注管理】【商品登録】のポイントすべてに対してユーザーの評価が高いサービスです。

機能制限なしの30日間無料体験もできますので、ぜひチェックしてみましょう!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください