なるほど納得!アマゾン出店を考えるならしっかりしと在庫・受注管理システムを考えよう!

amazonのショッピングカートアイコン

更新日:2017年10月11日 | 公開日:2015年03月25日

アマゾンのショップは楽天などと違ってとてもシンプルですよね。
楽天のように店舗主体ではなく、商品主体のデザインなので、カテゴリやキーワードごとにずらっと目当ての商品が並びます。
ユーザーにとってはいろんな出品者の商品が見つけやすいというメリットがありますが、逆に言うと出品者ごとの価格勝負になりやすいということが言えます。【価格で勝負できる】

また、似たような商品がずらっと並びますので、もし在庫が切れてしまうとすぐにライバルの商品が買われてしまいます。
売れ筋の商品の在庫が切れないように常にしっかり在庫補充する必要がありますね。【売れ筋の在庫をキープできる】

そして常に商品が比較されているのと同じように、配送スピードも比較されてしまいます。
ここでもやはり、配送スピードが遅い店は早い店にお客を取られやすいレイアウトになっていると言えるでしょう。【配送スピードで勝負できる】

【価格で勝負できる】【売れ筋の在庫をキープできる】【配送スピードで勝負できる】、これをシステムとして実現してくれるのがこのまとめの「在庫・受注管理システム」なわけです!
アマゾンで「在庫・受注管理システム」が特に重要なのはそのレイアウトの特徴にあると言えます。

では、「在庫・受注管理システム」の重要性がわかったところで、具体的なアマゾン対応システムを見てみましょう!

CROSS MALL(クロスモール)

TALOS-NEX(タロスネックス)

小売店様の実店舗に商品を陳列しながらこれらのECモールへの同時出品(同時併売)が可能になり、販路がどんどん拡がります。

ECステーション

楽楽ECブリッジ

以上【価格で勝負できる】【売れ筋の在庫をキープできる】【配送スピードで勝負できる】を実現するための「在庫・受注管理システム」を見てきました。
インターフェースの好みや金額など、自分に合ったものをチョイスして、アマゾン出店をぜひ成功させてください!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ