ECサイトで使えるWordPressのテーマ・デザインを提供しているサイトを紹介

模様入りの和紙

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年08月31日

ECサイトをWordPress(ワードプレス)で構築する方は多くいますがその理由は分かりますか。
ずばりその理由とは専門的な知識がなくてもホームぺージが制作できるためです。
WordPressを使えばテーマさえ決めればプログラムやデザインの知識がなくても求めるデザインのwebページを制作することができます。
また、WordPressの公式で配布されているテーマはそれほど多くはありませんが、個人でテーマを制作し配布している人も多くおり数多くのテーマの中から自サイトにぴったりのテーマを見つけることができます。

メイド・イン・ジャパンによるテーマ・デザイン

WordPressは世界中で使われているため、テーマも日本人によって作られたものもあれば海外のデザイナーなどが作成したものまで、とにかく豊富にあります。
しかし海外のものは、日本語の表示を考慮していないものが多くあるのも実際です。
今回は日本人(日本の企業)が作成したテーマを取り揃えているサイトを厳選して紹介していきます。

BizVektor

「BizVektor」の公式サイト
出典BizVektor

htmlやCSSの知識がなくても、管理画面からの設定だけで簡単に高品質なビジネス向けホームページが作れるように開発された、スマートフォン対応のWordPressテーマがずらり。
商用無料のものから、有料で拡張していくことができるテーマまで豊富に揃っています。

株式会社ベクトル紹介ページはコチラ

STINGER

「STINGER」の公式サイト
出典STINGER

SEO対策やアクセスが増えるTipsを予め詰め込んだ、シンプルなWordPressテンプレ―トが多数あります。
スマートフォンやタブレットでも最適に閲覧できるようにレスポンシブとなっているなど、ユーザビリティにもしっかりと配慮。
またGoogle AdSenseやAmazoneアソシエイトなどの広告・アフィリエイト機能をより簡単に、効果的に利用できるように設計されています。

テンプレートキング

ファーストサーバ株式会社が運営するWordPressなどのデザインテンプレート(テーマ)や画像素材を無料配布するサービスです。
個人利用、商用利用ともにご自由に利用でき、ファーストサーバの著作権表示も不要です。
配布されているテーマや素材などはデザインバリエーション、対象アプリケーションともに順次拡大予定となっています。

ファーストサーバ株式会社紹介ページはコチラ

【まとめ】ネットショップの経営に専念したいならアイミツ!

ECサイトで使えるWordPressのテーマ・デザインを提供しているサイトを紹介しましたが、気に入ったものは見つかったでしょうか。
WordPress上での操作を覚えてしまえば、スムーズにテーマ・デザインを決めてECサイトを作りこむのは比較的簡単にできます。

「できればネットショップの経営に専念したい...」

そう思われている方はぜひ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』をご利用ください。

アイミツではWordPressを使ったECサイトを構築している業者も多数登録していますので、Web業界に精通したコンシェルジュが完全無料にてお客様の要望に適った業者をご紹介させていただいています。
疑問や質問などにお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ