ネットショップ立ち上げの費用についてアドバイスしてくれる3社

会議中の風景

更新日:2017年09月13日 | 公開日:2016年12月02日

最近では出店者・利用者ともに増加傾向にあります。
もはや日常生活の一部といっても過言ではないECサイトですが、これからECサイトを持とう考えている方は費用がどれくらいかかるのか不安に思っている方も多いはず。
この記事でではECサイト制作の費用について掘り下げてみました。

■見積もり費用の各項目はしっかりとチェックしよう!

ECサイトを立ち上げ費用は業者によって差があります。
例えば独立型ECサイトをEC-CUBEを利用して構築する場合、見積もりの項目としては次のようなものがあります。

・サーバー設定費(含:年間レンタル費用)
・基本デザイン制作費(インターフェイスデザイン、基本画像パーツ制作など)
・トップページHTML制作費
・下層ページ制作費
・商品一覧ページ、商品詳細ページの制作費
・クレジット決済導入費
・SSL(暗号化通信)導入費

これ以外にも業者によっては「企画費」や「管理費」といった項目が入っている場合もあります。
また、商品が増えると同時にページ数も増えることになるので、当然費用も上がります。
こうした見積もりを提出された後に発注側・受注側で打合わせをして費用の折り合いをつける、ということが一般的に行われています。

いずれにしても良心的な業者であれば費用に関してもさまざまなアドバイスをしてくれたり、時には金額の端数を値引きしてくれる場合もありますので、とにかく信頼できる制作業者を選ぶことが大事であるといえます。
下記に優良と呼ぶにふさわしい業者を3社ご紹介いたしますのでご覧ください。

ECサイトを立ち上げ費用は業者によって差があります。例えば独立型ECサイトをEC-CUBEを利用して構築する場合、見積もりの項目としては次のようなものがあります。

バレーノ株式会社

見積り項目
  • サーバー設定費(含:年間レンタル費用)
  • 基本デザイン制作費(インターフェイスデザイン、基本画像パーツ制作など)
  • トップページHTML制作費
  • 下層ページ制作費
  • 商品一覧ページ、商品詳細ページの制作費
  • クレジット決済導入費
  • SSL(暗号化通信)導入費

ホームページの企画・制作・運営からWeb系、業務系各種のシステム開発までを手掛けている企業です。
ECサイトの制作ではEC-CUBEやショッププロなどのオープンソース、AIPサービスを使った制作から、独立型サイトの構築までさまざまなシステム開発に対応しています。

バレーノ株式会社紹介ページはコチラ

株式会社ロフトワーク

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
クライアントからの徹底的なヒアリングをもとに、ECサイトの方向性を一緒に検討。費用などの相談も可能です。

株式会社ロフトワーク紹介ページはコチラ

株式会社アル・コネクションプロダクツ

ホームページ・ECサイト制作、サイト分析、改善の専門の企業で、ショッピングサイト企画制作運用支援、モバイル・ウェブサイト企画制作運用支援、ネット広告管理など主力としています。
ジャンルを問わずさまざまなECサイトの構築から運用支援のお手伝いをしています。

株式会社アル・コネクションプロダクツ紹介ページはコチラ

■アイミツなら優良業者が必ず見つかる!

いかがでしたか。
ECサイトを立ち上げるためにインターネットで業者探しをはじめても、その数の多さからどこに依頼すればいいのか決められないという方もたくさんいらっしゃいます。

そんな時にご利用いただきたいのがBtoBのマッチングサイト「アイミツ」です。
5万社以上の企業データベースを有するアイミツなら、お客様が求める優良業者をきっと見つけることができます。

Web業界に精通したコンシェルジュが、さまざまな疑問や質問にも完全無料でお答えしていますので、いつでも気軽にご相談いただければ幸いです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ