なるほどそうなんだ!カートシステムをレンタルする際の基礎知識をチェック

キーボードとミニチュアのカート

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年12月11日

ネットショップを企業する際に、カートシステムの導入は不可欠です。
カートシステムのレンタルもあり、簡単に導入することもできます。特筆すべきはその機能です。
単に決済をするだけでなく、売上の管理や顧客管理も行えるので、実店舗でいうとショップの優秀なスタッフとなっているのです。

売り上げに大きく貢献するカートシステム

実店舗のスーパーやショッピングセンターで、商品を入れるカートを設置していないところはまずないでしょう。
最近では小さな専門店や個人経営のお店で、通常のサイズよりひとまわり小さな買い物かごを設置しています。

実店舗でのカートが設置されている理由としては、商品をたくさん購入してもらいたいという気持ちはもちろんあるのですが、それよりも商品をレジまで運びやすくするためのものとなっています。
それに対してネットショップの場合は実際にレジまで商品を運ぶことはないので、できるだけ多くの商品を購入してもらうことが第一目的となっています。

そのため、ネットショップでは買い物中のユーザーにさらに購入の促進をさせる「仕掛け」を施していたりするのも特徴です。
例えば商品をカートに入れていくごとに合計金額が表示され「あと1,500円の購入で送料無料!」といった文字が点滅して知らせたり、「過去に購入した商品」として購入履歴を表示したりと、とにかく売上アップのための仕掛けとショッピングカートを連動させて展開するのが、最近のネットショップの傾向でもあるようです。

意外と知られていなかったレンタルカートシステムのこと

通常、カートシステムに備わっている機能としては次のようなものがあります。

カートシステムの機能
  • 決済を行う機能
  • 商品や在庫を管理する機能
  • ショップのページを管理する機能(CMS)
  • 顧客やCRMを管理する機能
  • 販促や分析を行う機能

カートシステムをレンタルで利用する際にはこれらの機能がしっかりと整っているものを選ばなくてはなりません。
さらに、カートシステムにはそれのみを単体でレンタルしているものと、ショッピングカート付きレンタルサーバーというものがあります。

楽天市場や、Amazon、ヤフーショッピングなどのモール型の場合は、すでに設置されているカートシステムを半ば強制的に利用することになりますが、単独でECサイトを構築してネットショップを開業する場合はカートシステムとサーバーを単体ごとにレンタルするか、ショッピングカート機能がついたサーバーをレンタルするかのいずれかを選択することになります。

カートのみのレンタルサービス

「SHOP-Maker」の公式サイト
出典SHOP-Maker

カート機能のみをレンタルしている「SHOP-Maker」は、独立型のネットショップを開業する際に利用されることが多いサービスで、Webデザイン会社などに支持されているカートシステムです。
常にショッピングカートの機能を進化させており、複数箇所へのお届けや複雑な送料計算など実際のショップ運営に必要な細やかな機能と使い勝手を実現している点などで好評を得ています。

ショッピングカート付きレンタルサーバー

ショッピングカートシステム付きレンタルサーバーは、それぞれを探さなくてはならない手間が省けるもので、さまざまな企業がサービス展開を行っています。
そのため他社との差別化を図るため、初期費用0円や割引キャンペーンなどを行い、利用客の獲得を目指しています。
下記にショッピングカートシステム付きレンタルサーバーで低価格で利用できる代表的な2つをご紹介します。

さくらのレンタルサーバー(スタンダード)

1台のサーバーを複数の方で共有して利用できて、サーバーの管理なども不要。
オンラインからサインアップで申し込みができてすぐに利用をはじめられます。
2週間お試し無料、ウイルスチェック無料、メールアドレスも無制限という
【初期費用1,029円 月額費用515円 ディスク容量100GB】

ロリポップ!レンタルサーバー(スタンダード)

モジュール版PHPや同時アクセス数拡張機能など、安定して速いレスポンスを維持するための機能も利用可能。
電話サポートつきで個人用としてはもちろん、法人企業などのビジネス系のお客様でも安心して利用することができます。
【初期費用1,500円 月額費用500円から ディスク容量120GB】

【まとめ】ショップの売り上げに大きく関わるカートシステム

ECサイトでのカートシステムといえば、ECサイトのプラットフォームでもあるので、ショップの売上にも大きくかかわってきます。

また、多機能性という点も重要なポイントなのですが、ショップの規模や業態によっては実際にはあまり必要のない機能もあったりします。
もし選ぶポイントを絞るのであれば、リーズナブルな料金設定かどうか、サポート体制はしっかりしているかどうかといった点で、数社を比較検討してその中から選択するといいでしょう。

なお、各社のサービスは常に進化していますので、レンタルするカートシステムを定期的にチェックして、現在よりも総合的によくなる場合は、他のカートシステムに乗り換えるという方法もあります。
いずれにしても、どれが自分のショップに合っているかを見極める目が必要ということですね。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、さまざまな分野に精通した知識豊富なコンシェルジュが、お客様に最もふさわしいと思われる開発業者を完全無料でご紹介しています。
ぜひお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ