海外向けネットショップの構築と仕入れに詳しい業者3社をご紹介!

ノートパソコンを見ている男性と紙袋の中を覗く女性

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年11月06日

海外向けのネットショップを構築し、世界規模のオンラインショップ展開する企業が年々増え続けています。
個人経営であっても取り扱う商品の仕入れさえ確保できれば、海外に向けたネットショップの開業も決して難しくはありません。

ネットショップで役立つ仕入れ先とは

ネットショップ運営で取り扱う商材はどうやって仕入れているのでしょう。
これには大きく分けて「卸売り」と「ドロップシッピング」という2つの方法があります。

インターネット上には卸問屋のサイトも数多くあり、企業はもちろんのこと、個人でも商材を購入することができます。
こうしたサイトを利用して自社のECサイトで販売するスタイルが最も多くなっています。

また、ドロップシッピングはインターネット上における商品の広告、販売などの一形態で、商品を売ることに集中できます。
最近ではドロップシッピング対応のサイトも増え、扱っている商材も多様化している傾向にあるのです。

ここでは海外向けECサイト構築を手助けしてくれて、仕入れに関してもプロの目からアドバイスをしてくれるであろう頼れる業者をご紹介します。

1.株式会社デジタルスタジオ

2003年に事業を開始して以来、最も得意とする分野としてWEBプログラム開発、特に海外向けのECサイト構築事業に特化しています。
Eコマースを運営する企業を対象に、ECサイト構築ソリューション「Live Commerce」の提供などを行なっています。

2.株式会社ND&I

ECコンサルティング事業を中心にデザイン設計、システム構築、広告運用、および分析・運用保守にいたる総合的なサービスを提供しています。
日本国内向けのECサイトを運営中の方で海外へ販路拡大を検討している企業に対し海外向け多言語によるECサイトの構築を行っています。

3.株式会社エスケイワード

国内でのECサイト運営経験があり、新規事業として海外向けのECサイト運営を行いたいお客様のためにカスタマイズ可能なASPカートシステムで海外進出を実現。海外ECのプロが手厚くフォローします。

【まとめ】頼りになるECサイト構築業者を紹介します!

海外向けECサイトを展開したいけど信頼できる業者が見つからない。
そんな悩みをお持ちの方は日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」にご相談ください。
海外向けECサイト制作に詳しい業者をご紹介させていただきます。

その他にも制作に関する疑問や質問などがあれば気兼ねなくお問い合わせください。
専門のコンシェルジュが完全無料にてすべてお答えしていますので、いつでも気軽にアイミツをご利用ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください