これだけは知っておきたい!ECサイト開業の方法とその手順

オフィスの風景

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年12月18日

さまざまな制作ツールの登場により、ECサイトは今や専門的な知識を持たなくても開業することができるようになりました。
その制作方法や手順は年々進化しており、運営によっては販売する者さえ決めておけば開業するための手続きを行うだけで、十分後には自分のショップをネット上に持つこともできます。

ECサイト開業の基礎知識

そうした手軽さも手伝って、今では多くの個人から企業などがECサイトをもつことも珍しくなりました。
そこで今回は、実店舗などを持たない個人や新興企業などがはじめてECサイトを開業するための方法・手順についてわかりやすく説明したいと思います。

商品と仕入先の確保

ダンボールの箱

まずはどんな業態でどのような商品を販売するのかを決めましょう。
これは最も重要なもので、商品がなければショップを開くこともできません。
また過当競争の激しい商品だと、他社にはない安さを提供するために否が応でも低価格販売を行わなければならないことにもなり、その結果利益を出せずに廃業…といったことにもなりかねませんので、扱う商品を十分考えて決めるようにしましょう。

また、商品の仕入れ先はしっかりと確保しなければなりません。
できれば複数あるといいでしょう。もし仕入れ先になにかトラブルがあって商品確保が困難になったとしても、複数の仕入れ先があれば、商品の供給が滞ることもなくなります。
商品不足はネットショップでは致命傷にもなりかねますのでぜひ覚えておいてください。

なお、仕入先としては「メーカー」「問屋」「商社」といったものがあり、実店舗の場合よりもネットショップによる販売の場合は比較的気軽な感じで商品を卸してくれる傾向にあるようです。
ネットショップ専門の商品仕入れサイトなどは検索すると数多くがヒットしますので、その中から自身が販売しようと考えている商品もきっと見つかるはずです。

必要となる設備

パソコンとコーヒー

必要不可欠なものはパソコンです。
簡易的なオークションのようなものであればスマートフォンで行うことも十分に可能ですが、実店舗に近いネットショップの場合はそうはいきません。

ネットショップの更新作業や、売上管理、伝票作成といった業務を行なうためにはなくてはならないものですので、それほど高品質なものでなくても構いませんのであらかじめ用意しておきましょう。
なお、さまざまなデータをバックアップしておくためのハードディスクや簡易プリンターなどもあるといいでしょう。

さらにネットショップを運営していくためにはインターネット回線が利用できる環境が必要になります。
回線の種類には、ADSL、光ファイバー、ケーブルテレビといったものがありますが、利用する環境によっては利用できる種類が制限される場合もありますので、サービスを提供している業者から資料などを取り寄せて、最も適した回線を導入するようにしましょう。

開業のために必要な届出

たとえネットショップであっても、実際の店舗と同じように法律による決まりごとが多くあります。
そのひとつは税務署への届出です。ネットショップを開業すると「事業主」となりますので、商品を販売して利益が得られればそれに応じて税金を払うことになります。
利益があるにもかかわらず申告をしないでいると脱税の罪に問われ、大きなペナルティが科せられることにもなります。

また、食品類の扱いであれば食品衛生法に基づく営業許可が、酒類販売であれば免許が必要になります。
さらにペットなどの販売を行う際は動物取扱業の届出が必要になります。
こうした情報はインターネット上で調べることもできますが、ショップ開店後になにか問題があると困りますので、それぞれの行政機関や専門家などにしっかりと相談し、事前に確認しておくことをおすすめします。

サーバーの確保とドメインの取得

ドメインはショップの場所を示すWeb上の住所のようなものですが、楽天市場やAmazon、Yahooショッピングといったモール型のショッピングサイトに出店するのであれば特に必要はありません。
しかし、独立型のECサイトでショップを運営するのであればドメインを取得しなければなりません。
ドメイン取得代行業者に頼めばすぐに確保してくれますが、レンタルサーバー業者を利用すればサーバーの利用と合わせて申し込むことができますので、個々に依頼するよりも手間も省けます。

ネットショップの制作

スマートフォンを操作する人

これもモール型のショッピングサイトを利用するのであれば比較的簡単にデザインしたりすることでショップを開店できますが、独立タイプのショップの場合はゼロから作らなければなりません。
といっても、近年ではネットショップ専用の「レンタルショッピングカート」「EC構築パッケージ」といったサービスや、パッケージがあるので、それらを利用すれば決して難しいものではありません。

【まとめ】ネットショップ開業の不安を取り除くなら外注へ

ECサイトの開業に関する方法・手順を解説しましたがいかがでしたか。「ECサイトでショップをはじめたいけど、やっぱり不安を感じてしまう」そのような方はプロのECサイト制作業者にすべてをませてしまうというのもひとつの方法です。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、ECサイトの構築から運営までを手掛けるとともにさまざまなアドバイスも気軽に行ってくれる業者がたくさん登録されています。

Web業界に精通したコンシェルジュが完全無料にて優秀な業者をご紹介していますので、ぜひご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください