売上アップにつながる!!驚くべきEC(通販)販促手法とは?

更新日:2017年03月07日 | 公開日:2014年11月22日

この記事を読むための時間: 3分

促進方法1.WEBサイトへの再来訪を促進する印刷物を利用する

一度でも商品を購入して下さったお客様は再購入の敷居がずっと低くなっています。その為。「初回購入者特典特別割引券」等をつけることで再度購入するように仕向けることが大切です。この様に再購入に向けて背中を押してあげる一工夫がリピート率に大きく関係します。

促進方法2.サンクスカードを利用する

購入していただいたお客様に感謝することが大切です。ECサイトではその感謝を伝えられないので、サンクスカードやそれに代わる文面を用いて、今回の購入に対する感謝の意を述べましょう。この様な一工夫によって、ネットという味気ない世界の中でも「人と人とのつながり・温かみ」を感じることができます。それを感じたお客様は再度購入を決めて下さるかもしれません。

促進方法3.パンフレットや商品カタログを利用する

商品を送る際に自社のパンフレットを同封することはとても有効です。それは他にどのような商品を扱っているかを顧客に知らせるだけでなく、会社としてどの様なポリシーを持っているかを顧客に伝えることが可能だからです。分厚いカタログを送る必要はありませんが、カタログの活用によって購入者との関係性を築くことが可能になります。

【まとめ】ユーザーとの繋がりを大切にしましょう!

ECサイトによる販売で売上を上げるには、如何にリピート率を上げるかが大切になります。その為、商品を送る際に「顧客と自社とのつながり」を作れる様なモノを同封することはとても有効です。「人と人との繋がり」がきちんとできれば自ずとリピート率も上がって行きます。

お金をかけなくても工夫次第でリピート率を上げることも可能です。しかし、競合他社が多い業界のため差別化し辛いのも事実ですよね。専門のネットショップコンサルはあなたの会社の業績を上げてくれる力強い味方担ってくれるでしょう。「自社に合ったコンサルを知りたい」「どのように業者を選ぼうか」とお考えの担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!全国の業者から、あなたに合ったネットショップコンサルを選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください