これで万全!ECサイトで集客するためのSEO施策

更新日:2017年06月30日 | 公開日:2016年12月12日

マーケティング手法のひとつSEOの対策において、キーワードの選定などは非常に手間のかかる作業です。
また、上位化した後も継続するために、キーワードの変更や追加といった施策常に行う必要があります。

コンバージョン率を高めるSEO対策用キーワードとは?

コンバージョンとは、ショッピングサイトなどで獲得できる最終的な成果のことで、ECサイトでいえば商品を購入してもらうことがバージョンとなります。SEOはそうしたコンバージョン率を高めるための施策を指します。

そのSEOというと、検索数の多いキーワードで検索されればいいと思っている人も多いようですが、そうした施策で上位表示されたのに、売上につながる成果が出ないということもよくあります。

SEO対策には費用がかかります。場合によっては結構な大金になることもあるのに、成果が出ないのはどうしてなのか、それは単純にコンバージョンに直接結びつかないキーワードを設定しているからなのです。

SEOに強いWordPress

では、SEO施策を発揮するためにはどんな方法があるのか、最近では通常のホームページはもちろん、ECサイトでもWordPressで構築されたサイト制作が増えています。

先にWordPressついて簡単に説明すると、現在世界中で一番普及しているブログ用に開発されたCMSで、オープンソースとして無料で利用できるソフトウェアです。あのGoogleも以前にWordPressによるブログの作成を推奨していたこともありました。

このWordPressがなぜSEOに強いのか。それはSEO施策のしやすさと豊富なプラグインにあります。SEOの内部施策の点で細かいカスタマイズがとても簡単で、カテゴリー設定、メタタグ設定といったものもコーディングを行うスタッフなどに頼ることなく、誰にでも簡単に設定できる点がSEOに強いといわれる所以となっているのです。

SEO対策は被リンク対策にある

独立型のECサイトでの集客方法にどんなものがあるのでしょう。代表的なものを挙げると下記のようなものがあります。

集客方法
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SEO施策
  • コンテンツマーケティング
  • アフィリエイト広告

このどれもが集客を行うための大事な要素なのですが、SEO施策は集客に大きな影響をもたらす要因といわれています。

SEO施策として検索順位を上げるためは「被リンク(バックリンク)」が肝心になります。被リンクとは別の外部サイトから自サイトに向けて貼られてるリンクのことで、被リンクを増やすとGoogleに評価されやすくなり、その結果として順位が上昇しやすくなります。そのため、以前はSEOの施策を行う業者が故意にブログや別にサイトを作って、そこからメインのサイトにリンクさせるという方法が横行しました。

そこで検索サイト大手のGoogleでは、「ペンギンアップデート」と「パンダアップデート」と呼ばれる、不正SEO施策を取り締まるアルゴニズムを検索エンジンのロジックに追加。さらに不自然な被リンク、作為的であると判断されればペナルティを与えられることもあるのです。

そうしたことから、現在ではあくまでも自然な形での被リンクを増やすことが重要になっているのです。

被リンクの質を高める方法

被リンクの質を高める方法としては、さまざまなドメインからの被リンクを増やすことです。これにより被リンクの質を高めることができます。

また、運営サイトが日本語であれば、同じ日本語サイトから被リンクを増やすと被リンクの質を高めることができます。運営サイトが日本語なのに英語サイトから被リンクすることが多くなると被リンクの質が下がってしまい、順位が低下することもあります。さらに、関連するサイトからの被リンクが増やせれば、被リンクの質を高めることが可能になります。

なお、順位を上げたいキーワードを直接アンカーテキストで使用すると、不自然なリンクと判断されて被リンクの質が下がってしまいます。もちろん、アンカーテキストに目標のキーワードを含める方法はGoogleのSEO対策では基本です。自身のWebサイトへリンクするアンカーテキストに目標のキーワードが多く含まれているとGoogleはそのキーワードをよりページ内の重要なテーマなのだと判断してくれるため、そのキーワードによるランキングを向上させるのに役立ちます。サイトタイトル名やキーワードを含んだオリジナル性のあるアンカーテキストを増やして、被リンクの質を高めるようにしましょう。

【まとめ】ECサイトのSEO対策をとるなら

冒頭でも書きましたが一度施策を行えばそれでいいわけではなく、キーワードの変更や追加などが必要です。そうした作業はやはりECサイトの制作を手掛けるプロの業者に依頼するのが一番でしょう。プロであれば日常的にサイトの制作やSEO対策に関する業務を行っているわけですから、どのようにすれば上位表示されるのか、そのためにはどうすればよいのかということがしっかりとわかっているはずです。

そうした頼れる制作業者を見つけたいと思っている方は日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」をご利用ください。

「アイミツ」では、お客様ニーズに合った業者をご紹介させていただきます。ECサイトやSEOに関する疑問や質問などは専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、気軽にご相談してみてください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください