「オートビズ」の使い方は?料金や機能、事例は?まとめてみた

オートビズ トップページ

更新日:2018年11月22日 | 公開日:2018年11月22日

メール配信システムを選ぶうえで到達率はとても大切な要素です。自社の商材やサービスに合わせてターゲットを絞り込み、件名やレイアウトに工夫を凝らして高品質なメルマガを配信しても、受信サーバーにブロックされてしまったり迷惑メールフォルダに振り分けられてしまって読者の目に触れなければ本末転倒ですし、当然ながら配信エラー分の料金が戻ってくることもありません。

今回取り上げる「オートビズ」は到達率の高さに定評があるメール配信システムです。独自の技術とノウハウによって「受信サーバーに嫌われない仕組み」を構築しており、大量配信の際も確実にメルマガを届けることができます。

実際に「オートビズ」を使ってメルマガを配信しているユーザーのブログや口コミ・レビューサイトを見ても評判はきわめて高く、メールアドレスに不備がない限り配信エラーになるケースはほとんどないようです。

「オートビズ」とは?

オートビズ」は株式会社ビズクリエイト(群馬県高崎市)が提供しているクラウド型のメール配信システムです。「ご縁を育む」をコンセプトに開発され、2002年のサービス開始以来、1万社以上のクライアントに導入されてきました。料金が比較的安いこともあってか、ネットショップや通販会社はもちろんのこと、ビジネスセミナーやスクールなどを運営している個人事業主の利用実績も多いようです。

とある子育てセラピー教室では「オートビズ」からメルマガを配信することで1,400名にのぼる見込み顧客を獲得。また、開運グッズやアロマグッズを販売しているあるネットショップでは、有料メールセミナーの運営に「オートビズ」を活用し、顧客の数を大幅にアップさせました。

「オートビズ」でできることは?

オートビズ」の最大の特徴は到達率の高さにあります。15年以上にわたって培ったノウハウを活かしながらさまざまな施策を組み合わせることで、国内のメール配信システムのなかでトップクラスの到達率を実現しました。

それゆえに利用規約はやや厳しく、「オートビズ」からメルマガを配信できるのは過去6ヵ月以内に購読の同意を得られたターゲットのみに限られます。ですが、きちんと準備をしたうえで、早く・確実にメルマガを届けたい人にとっては最適なツールの1つでしょう。

「オートビズ」のメリット5選

ここからは到達率以外の「オートビズ」のメリットについてご紹介していきます。料金・機能性など5つにまとめてみました。

リーズナブルな料金

まず挙げられるのは、利用料金が安いこと。「ライトプラン」の場合、初期費用7,560円+月額2,700円の料金で月間1万通までのメルマガを配信でき、ステップメールも使えます。登録できるメールアドレス数に上限はありません。さらに月額4,500円からの「スタンダードプラン」なら月間2万通までのメルマガを配信することが可能です。

さらに、年間契約で2ヵ月分の料金が実質無料になるディスカウントも行っています。メール配信システムのコストをできるだけ抑えたい人、たとえば開業したばかりのネットショップのオーナー、個人事業主などにはうってつけのツールでしょう。

アフターサポートが充実

アフターサポートがメール対応だけに限られる配信システムも多いなか、「オートビズ」は利用者専用のコールセンター(平日10:00~18:00)を設けています。実際に利用したことのある人のブログを見ると、「対応がとにかく早い」「他社と比べても説明が丁寧でわかりやすい」といった声があがっています。

さらに「オートビズ」ユーザー専用のFacebookグループも用意されていて、コールセンターが時間外の場合も先輩ユーザーに操作方法などを直接質問することが可能。メール配信システムが初めての方も安心して利用できるのではないでしょうか。

多言語配信に対応済み

英語や中国語、韓国語など主要外国語でのメルマガを配信することができます。越境ECに力を入れていきたいネットショップにとっては嬉しい機能ですね。文字コードをISO-2022-JP、Unicode(UTF-8)の2つから選ぶことができるので、文字化けの心配もいりません。

申し込みから最短1営業日で配信スタート

サーバーを用意する必要がないクラウド型のメール配信システムのなかでも「オートビズ」の導入スピードはトップクラス。前述のように利用規約がやや厳しく、すべての注意事項を確認したうえで申し込む必要がありますが、登録プロセス自体はとてもシンプルで、最短1営業日後には稼働スタートできます。いち早くメルマガ運営を始めたい人にもおすすめのシステムです。

PayPalでの決済に対応

PayPalと連動してクレジットカードで決済できるため、銀行振り込みなどの手間がかかりません。メルマガの企画や執筆など、より本質的な業務に集中できます。

「オートビズ」の主要機能

続けて「オートビズ」で利用できる主要機能についてご紹介します。「オートビズ」は低価格ながら40種類以上の機能を搭載しており、「ライトプラン」以上ならいずれの機能も利用制限はありません。

月額2,000円台の料金からステップメールやターゲティング配信機能がもれなく使えるのも人気の理由の1つではないでしょうか。

ステップメール

ステップメールはユーザーの誕生日や商品の購入日など任意のタイミングを起点として段階的にメルマガを配信できる機能です。

オートビズ」のステップメールは料金プランを問わず、ステップ数の上限が設けられていないため、ユーザーと中長期的に関係性を築いていきたい場合にも適しています。

もちろん件名には氏名を挿入することができるほか、毎回同じ定型文を挿し込んだり、ステップの途中で配信を一時停止したりすることも可能です。

配信先の一括登録

手持ちのメールアドレスをCSV形式で取り込み、スピーディーに配信リスト化します。ステップメールの登録者をそのまま通常のメルマガ配信リストに追加することも可能です。

セグメント配信

メールマーケティングに欠かせないセグメント配信機能。「オートビズ」でも読者の年齢や性別、居住地などにあわせてリストを抽出し、それぞれ別の内容のメルマガを出し分けることができます。

マルチパート配信

あらかじめHTML形式のメルマガとテキスト形式のメルマガを用意しておくことで、読者側の環境に合わせていずれか最適な形式で表示されます。画像が読み込めなかったり、表示崩れしてしまったりする心配はいりません。

バックナンバー機能

過去に配信したメルマガを一覧画面で公開できます。上手く利用すれば読者数のアップにもつながるのではないでしょうか。

エラーメールの自動処理

一定回数続けて配信エラーになってしまったメールアドレスなどをリストから自動的に除外します。1件1件手作業で取り除いていく手間がかかりません。

クリックカウント

オートビズ」のクリックカウント機能は非常に完成度が高く、メルマガ全体でのクリック数はもちろん、月別や曜日別、時間帯別に集計してサマリー化することができます。効果測定のしやすさに魅力を感じて長年にわたって利用し続けている人も多いようです。

ファイル管理

利用者専用のサーバーに容量200MBまでの画像やPDFファイルをアップロード・保管できます。各ファイルにはアクセス制限や有効期限を設定できるのでセキュリティ上の心配もいりません。

たとえばクリック率の高かったメイン画像を保存してメルマガ編集の際の参考にしたり、パワーポイントで作成したレイアウト案を見比べたり、さまざまな使い方ができます。

オートビズの料金体系

到達率の高さと豊富な機能に加えてリーズナブルな料金にも定評がある「オートビズ」。前述の通り、「ライトプラン」は初期費用7,560円+月額2,700円、配信上限の大きい「スタンダードプラン」は初期費用7,560円+月額4,500円から利用できるほか、さらにステップメールに特化型の「スーパーライトプラン」(月額1,782円~)も用意されています。場合によっては「まぐまぐ」などの無料ツールを使って通常のメルマガを配信し、ステップメールのみ「オートビズ」の「スーパーライトプラン」で送るのもいいかもしれません。

いずれにしろ料金は一般的なクラウド型メール配信システムの相場を下回っており、非常にコストパフォーマンスが高いのは間違いありません。他社のシステムと比較して個人事業主のユーザーの割合が大きいのもその証だと思います。

成功事例

最後に「オートビズ」を使ってメルマガを配信している企業の成功事例をご紹介します。

A社の場合

起業したいビジネスパーソンのためのセミナー開催や、経営ノウハウが学べる教材の制作を手がけているA社。社内のスタッフの数が少ないこともあって、これまでの集客は口コミだけに頼っていました。

課題

さらにビジネスを加速させていくためには、これまで以上に幅広い集客が不可欠。ただ、前述のとおりスタッフの数が少なく、企画に充てる時間を確保することができていませんでした。さらに既存顧客をフォローする体制も整っておらず、途中解約といった問題も抱えていました。

オートビズでできたこと

オートビズ」を導入し、集客のノウハウを紹介する計12通のメールセミナーを開催したところ、1日あたり数十件の新規顧客を獲得することができたうえ、開設からわずか1週間でセミナー講師の依頼がありました。さらにセミナーの参加者や運営しているコミュニティをフォローするためのツールとしてステップメールを活用し、顧客から高い評価を得ました。

B社の場合

小児科クリニックを経営しているB社では、かかりつけの患者さんに向けて流行っている病気の情報や健康に役立つアドバイスを提供するために、メール配信サービスの導入を検討していました。

課題

1,000人以上にのぼる患者さんを抱えているため、通常のメルマガ配信では双方向のコミュニケーションがとりづらく、さらに配信通数自体も限られてしまうことが課題でした。

オートビズでできたこと

ステップ数が無制限の「オートビズ」を導入し、120日間にわたって患者さんへ向けてワクチンの案内や予約状況を知らせるステップメールを配信したところ、患者さんの間で口コミが広がり、新患の数が大幅にアップしました。伝えたい情報を伝えたいタイミングで的確に配信できるようになったことによって、患者さん1人ひとりとの距離も縮まりました。

C社の場合

子育て中の母親のためのカウンセリングサービスを提供しているC社では、ワークショップやセミナーの参加者を募るためにメルマガを配信しています。

課題

以前利用していたメール配信ツールが独自配信型ではなかったため、使える機能や配信数に制限があり、コストパフォーマンスに疑問を感じていました。

オートビズでできたこと

オートビズ」を導入し、自社のwebサイトとブログにメルマガ登録フォームを設置した結果、見込み顧客の属性やニーズをリアルタイムに把握できるようになり、結果的にメルマガの読者数が1,400名まで伸びました。あわせて読者からの返信も増え、顧客との距離が縮まりました。丁寧な電話サポートにも満足しているようです。

まとめ

サービス開始から15年間のノウハウが詰まったキャリアブロック回避の仕組みによって、業界トップクラスの到達率を実現している「オートビズ」。利用料金も手ごろで、コストを抑えつつ確実にメルマガを届けたい人にはぴったりの配信システムだと思います。さらに機能面も充実しており、セミナーの告知からネットショップの集客まで幅広い目的に利用できます。

一方で、他社のクラウド型システムと比べると利用規約が厳しく、メルマガを配信するまでのハードルが高いのがデメリットといえばデメリットですが、それも到達率を高めるためには致し方ない部分だと思います。メルマガ配信ツールを導入する際は、今回ご紹介した内容をぜひお役立てください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ