オレンジメールの使い方と事例|15個のメール配信システムを試したアイミツが徹底比較!

オレンジメール トップページ

更新日:2018年11月22日 | 公開日:2018年11月22日

ネット通販のマーケット拡大とあいまって、低価格化・多機能化が進んでいるメール配信システム。10年前と比べると、信じられないような低料金でステップメールやターゲティング配信といった施策を打てるようになりました。

ただ、機能が多いゆえに不安を感じている人がいるのも事実。とりわけこれからメルマガ配信を始める人のなかには、「何を軸に選べばいいのかわからない」「ネットやシステムの知識に自信がない」「初めてだからシンプルで使い勝手良いものを選びたい」という人が多いのではないでしょうか?

今回取り上げる「オレンジメール」はまさにそんな人にうってつけのツールです。シンプルでわかりやすい操作に定評があり、これまで100を超えるメール配信システムをご紹介してきたアイミツにも、数多くの引き合い・問い合わせが寄せられています。

「オレンジメール」とは?

「オレンジメール」とは?

オレンジメール」は株式会社オレンジスピリッツ(東京都中央区)が提供しているクラウド型のメール配信システムです。サービス開始から約10年間で5万人以上のユーザーに利用されています。

冒頭でも触れたとおり、使い勝手の良さに定評があり、「ZD Net」や「cnet Japan」といったビジネス系のwebメディアでも注目のメール配信システムとして取り上げられました。

クライアントの業種の幅も広く、ネットショップ・通販会社からITコンサルティング企業、メーカー、卸売り業者までカバー。運営会社は利用者目線のサービスを非常に大切にしていて、クラウド型サービスとしては珍しく、有料プランでも30日間のトライアル期間を設けています。初めてのメルマガ配信に「オレンジメール」を導入し、長年にわたって使い続けている人も多いようです。

「オレンジメール」でできることは?

オレンジメール」の大きな特徴は、シンプルでわかりやすい操作感。マイページ(メルマガを編集・配信・管理するためのホーム画面)は、画面上部に「ログイン」「メール」「フォーム」といった基本メニューが横並びになっていて、それぞれクリックすると「基本設定」や「リスト設定」といった下層メニューへ枝分かれします。

一見するとUIとしての目新しさはなく、海外製のメール配信システムの多くに見られるようなスライド式のプレビューやアニメーションが取り入れられているわけでもありませんが、その分利用者を選ばず、初めての人も安心して使えます。たとえばメルマガを新規作成する際も、アカウントの登録を含めてわずか5ステップで完了します。

迷わず操作できるということは、いろいろな施策が試せるということでもあります。詳しくは後述しますが、「オレンジメール」はABテスト機能も充実しているので、テーマと読者に合わせて複数のメルマガを作成し、件名や本文のトーン&マナーを工夫しながら勝ちパターンを探っていくという使い方もできます。

「オレンジメール」のメリット5選

「オレンジメール」のメリット5選

ここからは「オレンジメール」でメルマガを配信する具体的なメリットについてご紹介していきます。

直感的でわかりやすいUI

前述の通り、操作画面がシンプルで初心者でも迷うことなくメルマガを作成・編集できます。実際に「オレンジメール」でメルマガを送っている人のブログや口コミ・レビューサイトを見ても、非常に多くの人が使い勝手の良さをメリットとして挙げているようです。

単純明快な料金体系

操作面に加え、料金システムがシンプルでわかりやすいのも「オレンジメール」の特徴の1つです。

登録できるメールアドレスに応じて4つ(広告が表示される無料プランを含めると5つ)のプランが用意されていて、「プラン2,000」は初期費用1万2,800円+月額2,480円で2,000件までのメールアドレス、「プラン10,000」なら同様の初期費用+月額4,980円で1万件までのメールアドレスを登録することができます。いずれも1日100回までの配信に対応し、配信数(メルマガの通数)の上限はありません。

メルマガを確実に届けられる

オレンジメール」の運営会社では定期的にサーバーをメンテナンスして配信の遅延や中断を防ぐとともに、あらかじめ複数のIPアドレスと用意し、大量配信などによってメルマガが届きにくくなった場合にローテーションさせる仕組みを取り入れています。

他のクラウド型メール配信システムと比較しても到達率は高く、メールアドレス自体に不備がなければ、ある日突然開封率やクリック率が下がってしまうといったケースはほとんどありません。メルマガを確実に届けたい人にもおすすめのツールです。

ソーシャルメディアと連携できる

メルマガを配信するとTwitterやFacebookのアカウント上に通知コメントが自動表示されます。最近では多くの企業がメルマガと並行してソーシャルメディアで情報発信していますが、オレンジメール」を使えば両方を更新する手間が省け、コンテンツの企画や商品開発といった本質的な業務に時間を割けるようになります。

大量配信もOK

オレンジメール」は複数の配信エンジンにメルマガを分散させることで、1時間あたり250万通の配信を可能としています。他社と配信のタイミングが重なっても影響を受けにくく、スピーディーかつ確実にメルマガを届けることが可能です。

アフターサポートが充実

利用者目線のサービスに定評がある「オレンジメール」。アフターサポートにも非常に力を入れていて、相談・問い合わせのメールには専任のスタッフが24時間365日体制で対応するほか、緊急時のために電話によるサポートデスクも用意しています。

「オレンジメール」の主要機能

「オレンジメール」の主要機能

続いて「オレンジメール」の主要機能についてご紹介します。使い勝手の良さで人気を集めている「オレンジメール」ですが、機能面でも他社のメール配信システムに劣っているわけではありません。ここで取り上げるものも含めて50種類以上の機能が搭載されており、無料版以外なら料金プランを問わずすべての機能を利用できます。

ステップメール

あらかじめ作成しておいた複数のメルマガを、任意のタイミングを起点にして段階的に配信できます。たとえばネットショップで食材を購入したユーザーに対して3日後にレシピを盛り込んだメルマガを送ったり、そのメールを開封しなかった人に対して別の商品を案内したり、使い方は自由自在です。

セグメント配信

こちらもネットショップや通販会社にとっては欠かせない機能。年齢・性別・居住地・購入履歴といったユーザー1人ひとりの属性に合わせてリストを抽出し、それぞれの別の内容のメルマガを出し分けることができます。

スプリット配信

いわゆるABテストのための機能です。件名と本文をそれぞれ最大5パターンまで作成して、開封率やクリック率を見比べられます。セグメント配信機能と組み合わせて使うのもおすすめの使い方です。

メールアドレスの一括登録

ネットショップで商品を購入したユーザーや問い合わせのあったユーザーのメールアドレスと属性情報をCSVファイル化し、ワンタッチで配信リストへ登録できます。他社のメール配信システムから乗り換えた時にも便利な機能です。

不正・重複メールアドレスチェック

メールアドレスを登録する際、ドメイン名が間違っているアドレスや重複しているアドレスを自動的に除外します。1件1件精査する手間がなくなります。

自動配信停止

購読解除の申し込みがあったメールアドレスや、一定期間続けて配信エラーになってしまったメールアドレスをリストから自動削除することでクレームを防ぐとともに、高い到達率をキープします。

クリックカウント

メルマガ全体のクリック率はもちろん、日付・曜日・時間帯別のクリック率まで計測できます。最適な配信タイミングを見定めるのにも役立つはずです。

バックナンバー機能(自動SEO)

過去に配信したメルマガについて、日時と件名・本文を一覧画面で確認できます。さらに「オレンジメール」ならではの特徴として、バックナンバーへの自動SEO対策によって検索順位を高めることが可能です。上手く活用すれば購読者数のアップにもつながるのではないでしょうか。

オレンジメールの料金体系

オレンジメールの料金体系

続いては料金システムについて。メリットの項目でも紹介した通り、「オレンジメール」には無料プランを含めて5種類の料金プランが用意されており、最安の「プラン2,000」の場合、月額2,480円で2,000件までのメールアドレス、最上位の「プラン20000」は月額9,800円で2万件までのメールアドレスが登録できます。

料金はあくまで機能や使い勝手との兼ね合いなので、この金額をどう捉えるかは人それぞれですが、少なくとも料金体系自体は非常にわかりやすく、配信数によって超過料金が発生したりすることもありません。定額料金で1日100回まで配信できるので、さまざまなパターンのメルマガを出し分けて効果をテストしていきたい人にも適しています。

成功事例

成功事例

最後に「オレンジメール」を利用してメルマガを配信している企業の成功事例をご紹介します。

A社の場合

リスティング広告やアフィリエイト広告の運用代行をはじめとするwebマーケティング事業を成長を続けているA社。顧客との関係性を高めるために、事業を通じて培ったノウハウをまとめたメルマガを定期的に配信しています。

課題

以前は別の会社のメール配信システムでメルマガを配信していましたが、とりわけYahoo!メールやGmailへの到達率が低く、せっかく時間をかけて作成したメルマガを届けられないという問題を抱えていました。その後もトータル7社の配信システムを試したものの、いずれも到達率が上がることはなく、頭を悩ませる状況に…

オレンジメールでできたこと

オレンジメール」で到達テストを行ったところ、100%の到達率をマークし、即乗り換えを決断しました。以前は迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっていたメルマガも確実に届けられています。さらに担当スタッフが管理画面の操作方法をすぐに覚えることができ、メルマガ運営が大幅に効率化しました。

B社の場合

カラーコンタクトレンズの卸売とネットショップでの直販事業を展開しているB社。新製品の案内やアンケートのために定期的にメルマガを配信しています。

課題

メルマガ担当者がPCに不慣れだったため、メルマガの編集から配信まですべての作業に膨大な時間がかかっていました。とりわけ収集したメールアドレスの管理に手を焼いていたものの、具体的な解決策が分からず頭を悩ませていました。

オレンジメールでできたこと

CSVファイルの一括インポート機能が付いた「オレンジメール」を導入したことにより、リスト管理業務が大幅に効率化。ステップメールや自動返信メールの機能なども徐々に活用していき、顧客1人ひとりとより密な関係性を築けるようになりました。

C社の場合

オウンドメディアの立ち上げ支援、ライティング代行といったwebマーケティング事業を行っているC社では、サービスの案内や新規顧客開拓のために3万件~6万件のメルマガを定期的に配信しています。

課題

これまで3種類のメール配信システムを利用していましたが、多機能の一方で使い勝手が非常に悪かったり、料金や安いものの基本的な機能が備わっていなかったりして、メルマガ運営を軌道に乗せることができませんでした。

オレンジメールでできたこと

ステップメールをはじめとした豊富な機能が定額料金で利用できる「オレンジメール」を導入した結果、メルマガの運営業務が大幅に効率化しました。とりわけスプリット配信の効果は大きく、試行錯誤を繰り返しながらいくつかのパターンを試したことでメルマガの開封率が大きく伸び、結果的に売り上げ増にもつながりました。

まとめ

まとめ

利用者を選ばないシンプルな操作とわかりやすい料金体系が人気を呼び、国内トップクラスとなる5万人以上のユーザーに利用されている「オレンジメール」。アフターサポートも充実しており、これからメルマガ配信を始める人には心強いツールだと思います。

テスト配信や効果測定のの機能も充実しているので、いろいろと試しながら勝ちパターンを探っていくのも適しています。メール配信システムを導入する際は今回ご紹介した内容をぜひお役立てください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ