ASP型メール配信システム開発であなたのビジネスが加速する!?重要な集客について

MAILの文字と複数の封筒

更新日:2017年09月28日 | 公開日:2016年07月15日

メール配信システムとは、主にメールマガジンを配信・発行することができるシステムのことです。
その役割は文字通りメールを大量に確実に配信する仕組みですが、それだけではビジネス上はあまり意味が無いと言っていいでしょう。
一般的にメール配信システムとは「購読申し込み・解除機能」や配信ターゲット絞り込んで送信する「パーソナライズ機能」などメール配信をマーケティングに活用できるような集客機能が必要です。

この記事では、メール配信システム開発で外せないマーケティング機能のポイントを整理します。

メール配信システムに必須のマーケティング機能を整理しよう

地球儀と書籍、キーボード

メール配信システムの重要なポイントは、実は「メール配信」部分にはありません。
インターネットの黎明期1990年代には、メールを大量に確実に送れるということで1つのアピールポイントになったのですが、現在それはあたりまえのことになっています。

現在のメール配信システムが備えているべき機能としては、下記の項目が必須になっています。

・パーソナライズメール配信
年齢・性別などのデータベース化された顧客情報を元にして最適な配信ユーザーを抽出して送信する機能。

・ステップメール配信機能
通常のメールマガジンは、申し込んだ日から途中の最新号を届けます(例えば2年前に始めたメルマガで現在最新の発行号が45号であった場合、46号から新規購読者に配信されます)。
ステップメールではユーザーが加入した日付データに基づき、個人ごとに配信内容を管理できます。

・CSVインポートメール配信
メルマガは、メルマガの窓口から申込みをした人だけを対象とするわけでなく、自社の顧客データを基に配信する場合もあります。
そうした場合にはCSV形式の配信リストをインポートして利用することが便利です。

・携帯キャリア別、機種別メール配信
受信端末を自動的に判別して、最適なコンテンツを自動振り分け配信します。

・HTMLメール配信
HTMLメール配信を希望する人に対してはリッチなデザインの画像付きメールを配信することができます。

・絵文字メール配信
Docomo、au、SoftBank携帯キャリア各社の端末に対して最適な絵文字を差込んだメール配信を可能にします。

参考にしたい、他社のメール配信システム例を見てみよう

こうした要件を満たすメール配信システムの構築を考える場合、すでに実績のあるメール配信システムを検証して、そこに足りない機能を付加して完成度を高めたシステムを設計・実装するという方法がおすすめです。

ここでは、株式会社イー・エム・ズィーの「メール商人」を見てみましょう。

【まとめ】メール配信システムで集客ができればビジネスが加速する!

メール配信システムに求められるのは、もちろん第1に安定性ですが、もっと大切なのは「集客機能」です。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください