まぐまぐの使い方と事例|15個のメール配信システムを試したアイミツが徹底比較!

まぐまぐ トップページ

更新日:2018年11月22日 | 公開日:2018年11月22日

メルマガは大きく2つのタイプに分けられます。1つはコンバージョン(購入、問い合わせ、資料請求など)獲得に向けたプロモーションとしてのメルマガ。新商品を紹介したり、セールの告知をしたり、おすすめ商品を案内したりしながら、主に自社のwebサイトに読者を呼び込み、売り上げ・収益をあげていくのが目的です。

もう1つは純粋な読み物としてのメルマガです。時事問題の解説や仕事のノウハウ、業界のトピックス、資格取得のコツなどをテーマとしてメルマガを配信します。こちらの場合は売り上げや収益というよりも、コンテンツを通じて読者の共感を誘い、自社の知名度アップやイメージ改善を図るのが目的です。

前者は集客、後者はブランディングのためのメルマガと言い換えられます。

ネット通販市場の拡大にともない、近年では集客を行うためのメルマガ配信(メールマーケティング)のニーズが高まっており、それに応えるために数々のITサービス企業がクラウド型のメール配信システムをリリースしています。その一方で後者のような、読み物としてのメルマガを求める読者も決して少なくありません。そうした読み物系メルマガの配信ツールのなかで、とりわけ多くの人に利用されているのが今回ご紹介する「まぐまぐ」です。

「まぐまぐ」とは?

「まぐまぐ」とは?

まぐまぐ」は株式会社まぐまぐ(東京都品川区)が運営している日本最大級のメルマガ配信スタンドです。購読者の数は1,000万人を超え、サッカー元日本代表・本田圭佑選手の公式メルマガや、ライブドア創業者・堀江貴文さんのメルマガ「ブログでは言えない話」もまぐまぐを通じて配信されています。

インターネット黎明期からメルマガを利用してきた人のなかには、「メルマガ=まぐまぐ」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

まぐまぐ」は近年主流となっているクラウド型のサービスとは異なり、運営会社が直接管理している独立型のサービスです。そのため自社向けに機能をカスタマイズすることはできません。また、読み物系メルマガの配信に特化しているため、ステップメール配信やターゲティング配信はできず、機能の面だけを見るとクラウド型には見劣りします。

まぐまぐはメルマガ配信ツールの代名詞的存在ではあるものの、実のところは用途がかなり限られた、ニッチなツールと言えます。

「まぐまぐ」でできることは?

前述の通り、「まぐまぐ」は読み物系メルマガに特化した純粋な情報発信ツールです。

1,000万人を超える多くのサービス利用者がいるので、ノウハウを紹介したり、時事問題に対する考え方を共有したりするのに向いています。その一方でネットショップのプロモーションなどには適していません。売り上げやコンバージョンありきではなく、「自社のことをもっと知って欲しい」「身近な生活に役立つ情報を提供したい」という人にこそ有力な選択肢になると思います。


また、クラウド型に比べて機能が少なく、ステップメールやターゲティング配信が使えないということは、メルマガの質そのもので勝負していく必要があるということ。「まぐまぐ」で成果をあげていくためには、システムに頼ることなく、ネタの選び方から件名、文章のトーン&マナーの1つひとつまで気を配り、著名人のメルマガとの競争を勝ち抜いていかなければいけません。

そういった意味ではメルマガ配信を通じて企画力や文章力を磨いていきたい人にとってもうってつけのツールでだと言えます。

決して簡単ではないものの、「まぐまぐ」で5万人・10万人といった読者を獲得できれば、ソーシャルメディアでの情報発信やwebコンテンツの制作にも役立つ企画力・文章力が身に付いているはずです。

こうした点をふまえつつ、「まぐまぐ」でメルマガを配信する具体的なメリットを見ていきましょう。

「まぐまぐ」を利用するメリット

「まぐまぐ」を利用するメリット

まぐまぐ」のメリットについて大きく2つにまとめてみました。

無料でメルマガを配信できる

まぐまぐ」の利用料金は基本的に無料です。メルマガ内に広告が表示され、購読の申し込みがあった読者のメールアドレスを代理登録する際に手数料(申請料金3万2,184円+月額1万584円)がかかるものの、それを除けば配信数がいくら増えても料金はかかりません。予算の限られる中小企業や個人事業主も手軽に利用できますね。

メルマガの到達率が比較的高い

クラウド型のメール配信システムに比べて、まぐまぐ」から配信したメルマガはキャリアブロックに引っかかりにくく、比較的到達率が高いと言われています。

キャリアブロックの仕組みは非公開なので詳細な理由までは分かりませんが、「まぐまぐ」というブランドや20年以上にわたってメルマガ配信サービスを運営してきた実績も関係しているのかもしれません。

実際に「まぐまぐ」を使ってメルマガを配信している人のブログを見ても、多くの人がこの点をメリットとして挙げています。確実にメルマガを届けたい人にはおすすめのツールです。

「まぐまぐ」のオプションサービス

「まぐまぐ」のオプションサービス

まぐまぐ」にはステップメールやターゲティング配信といった機能が付いていない一方、読者の獲得をサポートするオプションサービスが豊富に用意されています。いずれも有償にはなりますが、上手く組み合わせれば短期間で一気に読者数を伸ばすことも可能です。

新創刊スタートダッシュパック(10万8,000円)

名前のとおり、創刊1ヵ月以内のメルマガの読者数アップのためのサービスです。100万人以上に購読されている「まぐまぐ」の公式メルマガ「まぐまぐニュース」でおすすめとして紹介されます。

読者増加パック(32万4,000円~)

目標部数を100部または1,000部に設定し、それに合わせて他のメルマガの登録完了画面のフッターや公式メルマガのトピックス枠に広告を表示することで読者数アップを図ります。初めて利用する場合は料金が20%ディスカウントされ、基本的に目標部数に達するまでサービスは自動的に継続されます。

新作メルマガ紹介(4万3,200円)

前述の「まぐまぐニュース」のなかで、スタッフ推薦メルマガとして紹介されます。料金も比較的リーズナブルなので、他のサービスと組み合わせて利用するのもおすすめです。

一般メルマガフッター枠の広告掲載(2万7,000円~)

「ビジネス・キャリア」「ファッション・美容」「グルメ・レシピ」など希望するカテゴリーのメルマガ(他社が配信しているメルマガ)のフッター枠に広告を挿入します。新規読者の獲得はもちろん、開封率の上昇にも効果がありそうです。

登録完了画面フッター枠の広告掲載(13万5,000円~)

まぐまぐ」のエンドユーザーが他のメルマガの購読を申し込んだ際に表示される登録完了画面のフッター枠に、スタッフのコメント付きでおすすめとして紹介されます。登録完了画面のインプレッション(表示回数)は1日あたり約2万5,000にのぼり、こちらも効果が高そうです。

懸賞くじ付きメルマガ配信(7万5,600円)

まぐまぐ」が運営している懸賞くじコーナー「スピードくじ」にメルマガのタイトルと説明文が掲載されます。掲載内容はアカウントの登録情報がそのまま利用されるので、配信者側で原稿を作成する必要はありません。

スロットくじメルマガ配信(16万2,000円)

懸賞くじと同様に「まぐまぐ」が運営しているスロットくじコーナーで紹介されます。利用者の数は毎週1万人以上にのぼり、開封率・購読数のアップが見込めます。

「まぐまぐ」から配信されている人気メルマガ4選

「まぐまぐ」から配信されている人気メルマガ4選

最後に「まぐまぐ」から配信されている人気のメルマガを4つご紹介します。いずれも10万人を超える読者を獲得しており、ネタの選び方や件名の付け方、文章のトーン&マナー、読みやすいレイアウトなど参考にできる点が多いのではないでしょうか。

「川島和正の日刊インターネットビジネスニュース」

TV番組などで取り上げられることも多い有名ブロガー・川島和正さんの公式メールマガジンです。自身の経験をもとに投資や自己啓発、健康管理などのノウハウをほぼ毎日配信し、34万人以上の読者を獲得しています。

「FPO公式 FX・株式投資 応援メルマガ」

投資顧問会社FPOの公式メールマガジンです。株式投資のノウハウや最新トピックスを紹介し、約17万人の読者に購読されています。文章で読ませるというよりは、メルマガ内にwebサイトや動画へのリンクを盛り込み、読者それぞれをより興味のあるコンテンツへ導くような構成が特徴です。

「堀江貴文のブログでは言えない話」

毎週月曜に配信されているライブドア創業者・堀江貴文さんの公式メルマガです。最新の経済トピックから芸能界の裏情報まで幅広いテーマを取り扱い、独特の語り口とあわせて、有料ながら多くの読者の支持を集めています。

「辛坊治郎メールマガジン」

フリーキャスターとして活躍されている辛坊治郎さんのメルマガです。「FACT FACT FACT」をキーワードに、身近の視点から時事ネタや社会問題をわかりやすく解説しています。

まとめ

 独立系のメルマガ配信スタンドとして国内トップクラスのユーザー数を誇る「まぐまぐ」。  ステップメー

独立系のメルマガ配信スタンドとして国内トップクラスのユーザー数を誇る「まぐまぐ」。

ステップメールやターゲティング配信といった機能が付いていないのでメールマーケティングには不向きですが、基本的に無料で利用でき、読者数アップをサポートするオプションサービスも充実しています。

読み物系のメルマガを配信した人には最適な選択肢の1つではないでしょうか。メール配信システムを導入する際は今回ご紹介した内容をぜひお役立てください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ