あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

ConTrackの評判と実態【2020年最新版】

ConTrack

「ConTrack(コントラック)」は、1969年創業と50年以上の歴史をもつIT企業、SCSKの子会社であるべリザーブが提供する文書管理システム・トレーサビリティ管理ツールです。システム開発の現場から生まれたシステムとして、多くの企業からの支持を獲得しています。

この記事では、そんな「ConTrack」の評判・実態を徹底調査。その結果から判ったメリットや、使うべき会社・人などを紹介していきます。文書管理システムをお探しの方は、必見です!

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの文書管理システムを厳選!

目次
アイミツ
文書管理システムサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「ConTrack」はシステム開発のサポートに強みを持つツール

「ConTrack」は、システム開発における生産履歴の追跡・管理にともなうドキュメント管理に強みをもつツールです。「使いやすい分析機能」と「簡単なトレース設定機能」を備えているので、要件定義書から詳細設計書、ソースコード、テスト仕様書といったシステム開発に必要な文書を関連づけて管理することができます。

IT関連企業や開発部門をもつ企業に、特におすすめといえるサービスだといえるでしょう。

他の文書管理システムと比べるとどうなのか

多くの企業がリモートワークの導入をはじめとする働き方改革の推進に取り組む昨今では、ペーパーレス化や業務効率の大幅な改善が見込まれる文書管理システムが注目を集めています。

なかでも社会や人命に影響をおよぼすクリティカルなシステム開発の現場でも力を発揮するのが、開発トレーサビリティー管理ができる「ConTrack」です。「開発現場での使いやすさ」を重視して開発されたシステムなので、「一般的な文書管理システムでは物足りない」と感じる開発現場や企業にうってつけでしょう。

文書管理システム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気の文書管理システムの見積もりが可能です。文書管理システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
文書管理システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

「ConTrack」の6つのメリット

紹介したような特徴をもつ「ConTrack」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

プロジェクトの品質と生産性を上げられる

「ConTrack」を導入するメリットとしてまずあげられるのは、さまざまな機能によってプロジェクトの品質と生産性の向上が期待できるという点です。

システム開発全般の工程を可視化できる「構成管理」「要求管理」「変更管理」にくわえて、成果物の登録や変更、トレース設定の作業負荷が軽減できる機能を搭載。また、文書の関連性がひと目で把握できる設計が採用されているのもうれしいポイントといえます。

プロジェクトの構成管理に便利

前述のとおり、「ConTrack」ではシステム開発における構成管理が可能です。トレーサビリティ情報だけでなく文書の修正箇所や修正者、修正理由も履歴として記録されるため、チームでプロジェクトを進める際にも便利な機能だといえます。

複数人が並行して機能追加やバグ修正を進められることはもちろん、デグレードの回避につなげられるというのも大きな魅力といえるでしょう。

充実した変更管理機能で業務効率化を目指せる

オープンソースのプロジェクト管理ソフト「Redmine」や、Atlassian社製のプロジェクト管理ソフト「Jira Software」との連携によって、変更管理が利用できるのも「ConTrack」の強みの1つです。

変更管理機能を活用することで、タスク管理に便利なチケットの自動起票や関係する成果物要素のトレーサビリティ管理が可能となるため、変更要求や不具合への変更などの効率化が期待できます。

操作がしやすい直感的なデザインが便利

操作しやすい直感的なデザインも「ConTrack」の特徴です。

新たなシステムの導入時には、システム概要の周知やトレーニングが必須となり、実際に運用を開始するまでに多くの時間と手間を要するもの。しかし、「ConTrack」は、ひと目で理解できる直感的なデザインであるため、ほぼトレーニングを行わずに運用が開始できます。

新システムの導入による現場への負担が考慮されているのは、大きな魅力といえるでしょう。

既存の成果物もそのまま取り込める

文書管理システム・トレーサビリティ管理ツールを導入する際に、「過去の成果物の整理がスムーズに行えるのか」を気にする方も少なくないのではないでしょうか。

「ConTrack」では独自フォーマットへの変換が不要となっている上に、既存の成果物をそのまま取り込むことが可能。WordやExcel、PowerPoint、テキスト、PDFなどさまざまな形式のデータに対応しているのもうれしいポイントです。

作業工数を大幅に削減できる

システム開発に関する文書管理の工数が大幅に削減できるのも、「ConTrack」導入で得られる大きなメリットです。

成果物は形式を問わずドラッグ&ドロップで簡単に登録できるので、仕様変更などの手間の軽減が可能。また、トレース設定は「ドラッグ&ドロップでの手動登録」だけでなく、「文書内のIDから自動取り込み」「CSVファイルのインポート」の3パターンから、ニーズや状況に応じて選択することができます。

アイミツ
文書管理システムサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かった「ConTrack」を使うべき人・会社

紹介したような特徴がある「ConTrack」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

システム開発部門を持つ企業

「ConTrack」は、システム開発文書を管理するためのツールです。開発の現場で必要となる要件定義や要求仕様書、設計書、プログラムソース、テスト仕様書などの作成・管理・紐づけのサポートが可能なので、システム開発の効率化が期待できます。

また、システム開発の現場を取り入れて開発されたツールである点も「ConTrack」の特徴の1つ。実際にシステム開発に携わるエンジニアや管理者の「この機能は欠かせない」「こんな機能があればもっと便利」といった要望が反映されているため、かゆいところに手が届くシステムともいえるかもしれません。

システム開発部門で利用できる文書管理システムをお探しの方や、システム開発を中心とした事業を手がける会社に特におすすめのサービスだといえるでしょう。

大規模なシステム開発を手掛ける企業

「ConTrack」は、「大規模なシステム開発や複雑でステージの多いシステム開発の現場を全面的にサポートできる仕組みを作りたい」という想いから生まれたツールです。

システム開発の現場では、上流工程で定義された要件・要求がどのようなプロセスで具現化したのか、どの工程まで開発が進んでいるのかを正しく把握する必要があります。しかし、開発の規模が大きくなるほど管理が複雑となり、業務負担が増加することも珍しくありません。

「ConTrack」には、開発文書を正しく、視覚的にもわかりやすく管理することを目的とした機能が多く搭載されています。大規模なシステム開発を手がける企業にとって心強い存在といえます。

システムの使いやすさ・導入のしやすさを重視している方

「ConTrack」は、高機能とシンプルな操作性を兼ね備えている文書管理システムです。

システム開発の現場の声が多く取り入れられているため、各工程で生じる作業負担の軽減や情報の可視化に焦点をあてた機能が搭載されているのはもちろん、操作画面もユーザビリティを重視して設計されています。文書は簡単に検索ができるだけでなく、多様な表示で閲覧ができるのも便利なポイントです。

また、操作が容易ということは、現場のスタッフもすぐに使い方が覚えられるということ。「文書管理システムを選ぶ際は、ユーザビリティを最優先したい」という場合にもおすすめできるシステムといえるのではないでしょうか。

「ConTrack」の料金プラン

「ConTrack」の利用料金は公開されていないため、詳細を知るためには資料請求や問い合わせが必要です。

「ConTrack」の料金プランが知りたいという方は、ぜひ「アイミツ」へご相談ください

アイミツ
文書管理システムサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

「ConTrack」の導入実績・効果

紹介したメリットを踏まえ、「ConTrack」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

自動車業界 A社

ConTrackの導入事例ページ(株式会社ベリサーブ https://www.veriserve.co.jp/service/detail/contrack.html 参照)によると、自動車関連事業を手がけるA社では、「要件定義に必要な情報の形式やコミュニケーション方法が多岐にわたり、管理がしきれていない」「要求仕様があいまいで、必要以上にQ&Aのやりとりが発生している」といった課題を抱えており、それらの解消を目的に「ConTrack」を導入しました。

「ConTrack」の導入後は、大きな課題であった要件定義にまつわる情報の一元管理が可能となり、企画部やマーケティング部といった社内の部門や委託元企業などからの要求のの整合性や一貫性を確保。また、矛盾ある要求を設計前に発見できるようになったため、リスクヘッジや要件定義の品質向上にも役立っているそうです。

A社では、「ConTrack」の導入によってトレーサビリティ管理が実現したことで、「超上流」での品質改善取り組みに成功しました。

まずはConTrackの見積もりを

システム開発現場の声から生まれた、システム開発現場のためのサービスである「ConTrack」。
複雑な開発文書の管理が効率化するのはもちろん、開発工程における矛盾の解消や情報の可視化など、システムの導入によって得られる成果は計り知れません。

文書管理システムの導入・トレーサビリティ管理ツールの導入を検討している方は、アイミツ」で「ConTrack」の見積もりをとってみることをおすすめします。

まとめ

この記事では、システム開発に特化した文書管理システム「ConTrack」の特徴やメリット、導入事例などを紹介してきました。「使いやすい分析機能」と「簡単なトレース設定機能」を兼ね備えているので、開発業務の効率化に役立てられるのではないでしょうか。

なお、「ConTrack」では無償のトライアルも行っているので、気になる方は見積もりをとってみてもいいかもしれません。

文書管理システムサービス探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

文書管理システムサービスが
最短翌日までにそろう