DM担当者必見!ダイレクトメールを使った効率的な集客法まとめ

更新日:2016年03月12日 | 公開日:2015年04月09日

この記事を読むための時間: 3分

ダイレクトメールの反応率ってどのくらい?

毎日のように届くダイレクトメール。
出典Wikipedia

開封率を上げるには?

ダイレクトメールは手にとった瞬間に捨てるか開封するかが決まると言っても過言ではありません。開封して読んでもらわなければ、反応率を上げることができず集客につながることはありません。開封してもらうためには、開封の決め手となる”ちょっとした工夫”が必要です。ポイントは「視覚」と「触覚」からのアピール。封筒に開封したくなるメッセージや切り取り線を入れたり、手にとった瞬間に何かが入っている?と思わせることで開封を誘発させるのが効果的です。また、宛名を手書きにしたり切手を使用したりするなど、手間ひまかけた封筒は”特別な感じ”を与え効果があるともいわれています。

ダイレクトメールをパソコンで手作り

コストをかけずに効率よく集客を図るのはアイディア次第。手作りのシンプルなダイレクトメールでも、発送品の中に入れるだけで自然と開封してもらうことができます。郵送費がかからないばかりか宣伝効果も抜群です。アナログ手法のダイレクトメールは、ホームページやメルマガのように簡単に検索してマネすることができない上、ダイレクトに見込み客に届くメリットがあります。そのメリットを最大限に活かせば、コストをかけることなく効率的に集客が可能となるでしょう。ポイントはアイディア。アイディア次第です!

ダイレクトメール発送代行業者を活用して効率アップ

ダイレクトメール発送代行業者はノウハウを持つプロです。企業が自分で発送業務を行うより効率的に作業を代行してくれ、その上コストダウンにもつながります。また、ダイレクトメール自体の品質も上がり、集客にも直結するでしょう。代行業者は「価格勝負」「豊富なノウハウ」「充実したサービス」という3つのタイプにわかれているため、目的に合わせた業者選びが必要です。業者選びに不安がある場合は、無料で業者選びを相談することができるサービスもあるので活用することをお勧めします。

専門家のノウハウを活用!コストダウン!スピードアップ!効率的!!

デジタル時代になってもアナログ手法のダイレクトメールには、インターネット集客にはないメリットがあります。メリットを理解した上でダイレクトメールを使えば、アイディア次第でコストをかけずに効率的に集客することも可能です。また、ダイレクトメール発送代行業者の専門家としてのノウハウを活用すれば、コスト、スピード、品質などあらゆる面で効率化が図れるでしょう。後々問題を抱えないためにも、業者選びは慎重に!よく比較検討してから決定することをお勧めします。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください