大事だけれど予算がない!ユーザーテストをする時の注意点をおさえて格安サービスを使いこなそう!

更新日:2017年07月28日 | 公開日:2015年03月14日

ここでは、ユーザーテストの中でも製品の成功の鍵を一番握っている「使い勝手」「ユーザビリティ」を例にまとめます。ユーザーテストのイメージというと、マジックミラー越しにユーザーが製品をあれこれいじっている様子を、となりの部屋から開発者やデザイナーたちが観察している・・・というイメージですね!

このマジックミラーの部屋を用意してテスターをそろえて・・・というのは以外に費用がかかるもの。
ここでは、同じ調査を格安でやる方法を教えします!

ユーザーテストに必要な「ユーザビリティラボ」「モニター」「ユーザビリティエンジニア」

モニターにはどんなことをしてもらうか

次に、ユーザーは無駄な操作を行ったり、戸惑ったりしなかっただろうか。独力でタスクを完了できたとしても、その間に、ユーザーを考え込ませたり、遠回りさせたりするようなWebサイトには、「効率問題」があると言える。

さらに、ユーザーは不安や不満を感じていないだろうか。たとえ、ユーザーがほぼ想定ルートを通って独力でタスクを完了できたとしても、途中で不愉快な思いをさせるようなWebサイトには「満足度問題」があると言える。
ユーザーはタスク実行途中に明示的に不満を表明する場合もあるが、表情や態度で暗示的に不満を表明している場合もある。」

Web担「ユーザーテストの様子」より

格安でユーザーテストをやるならこの会社!

さて、ユーザーテストに必要な要素とやることがはっきりしたので、これを格安でやる方法です!

◆1,000社以上が導入!実際の利用シーンを録画した動画が最短1日で届きます!
出典UIscope
◆初期費用や月額費用は一切なし。オンライン完結だから格安!
出典GhostRec

【まとめ】

以上ユーザーテスト実施の注意点と、格安で任せられる会社2社をまとめました。

インターフェースや使い勝手などの問題点を洗い出す「ユーザーテスト」というと「対面が基本でそれなりの費用がかかる・・・」というのがイメージとしてありましたよね。
でも、そんなことはないのです。
格安サービスを使って、あなたの製品やサービスの使い勝手をマックスにたかめ、自信満々で世の中に送り出しましょう!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください