あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

クラウドブリック(Cloudbric)の評判と実態【2020年最新版】

クラウドブリック(Cloudbric)

クラウドブリック(Cloudbric)は、韓国ソウルに本社を持つクラウドブリック社が提供するクラウド型WAFサービスです。ペンタセキュリティ社が開発したアプライアンスWAF「WAPPLES」の技術と機能を、そのままクラウドサービスとして展開しているのが特徴。5,500サイト以上の導入実績を誇るなど、大きく注目されています。

それではなぜ、注目されているのでしょうか?実際の使い勝手は?どんな活用メリットを得られるのか?クラウドブリック(Cloudbric)の実態に迫ります。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのサイバー攻撃対策を厳選!

目次
アイミツ
サイバー攻撃対策の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>クラウドブリック(Cloudbric)はサイバー攻撃をロジカルに分析・遮断するクラウド型WAFサービス

ほとんどのWAFは、攻撃者のシグネチャパターンを集積・アップデートして防御精度を高めていますが、クラウドブリック(Cloudbric)は違います。独自エンジンで、サイバー攻撃をロジカルに分析し遮断するクラウド型WAFサービスで、webサイトを外部脅威から守る高度なセキュリティ環境を実現しているのです。

一般的なWAFと異なり、幅広いDDoS攻撃に対応しているのも特徴。全世界で1万社以上が利用するなど、世界が認めたクラウド型WAFだといえるでしょう。

サイバー攻撃対策導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のサイバー攻撃対策の一括見積もりが可能です。サイバー攻撃対策選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
サイバー攻撃対策選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

クラウドブリック(Cloudbric)の9つのメリット

ご紹介した特徴のある「クラウドブリック(Cloudbric)」ですが、活用することで、次のようなメリットがあります。

論理演算基盤検知エンジンでサイバー攻撃をロジカルに遮断

クラウドブリック(Cloudbric)が極めて高度なセキュリティ環境を実現できるのは、独自の論理演算基盤検知エンジンを搭載し、まるで人工知能のように受信データを解析・判断、攻撃を遮断できるからです。

世界各国で特許を取得した論理演算基盤検知エンジンは、データの意味と構造を把握してロジカルに判断するため、新たなサイバー攻撃をリアルタイムで検知。パターンマッチ型WAFと異なり、データの意味をロジカルに判断するため、誤検知率を低く抑えられるのも特徴です。

多様なDDoS攻撃に対応

クラウドブリック(Cloudbric)は、DDoS攻撃を仕掛けられるすべてのレイヤーを保護するように設計されているため、データ破壊・情報漏えいリスクからwebサーバを効果的に守れます。

近年、webアプリケーションの脆弱性を狙ったDDoS攻撃も登場していますが、WAFであるクラウドブリックなら、脆弱性を突いた不正アクセスを直ちに検知・遮断します。マルチベクトル攻撃やアプリケーション攻撃など、巧妙化するさまざまDDoS攻撃に対応しています。

SSL証明書を無料提供

クラウドブリック(Cloudbric)は、すべての利用ユーザーに無料でSSL証明書を提供しており、通信を暗号化してwebサイトのトラフィック保護を実現しています。webサイトのhttps化が進んでいない企業にとっては、セキュリティ環境を強化する一石二鳥のソリューションでしょう。

付与されるSSL証明書が、信頼性の高い「Identrust」から認証を受けているのもポイント。webサイトの有効性証明やサーバへの保存、SSL証明書更新などの手間が一切ないのもメリットです。

トラフィックと攻撃をリアルタイムで確認

クラウドブリック(Cloudbric)には、直感的に操作できるグラフィカルインターフェースを備えたダッシュボードが用意され、webトラフィックと攻撃の状況をリアルタイムで確認できます。

変動する閲覧数や攻撃数、閲覧者数やハッカー数を数値とグラフで可視化。個別のソースIPアドレスや発信国もリスト表示できるため、いつ、だれが、どこから、なせ攻撃したのかを簡単に把握できます。web攻撃・防御状況を分析した月次レポートも提供してくれます。

危険国からのアクセスを遮断

クラウドブリック(Cloudbric)のGUIダッシュボードは、トラフィックと攻撃状況を確認できるだけではありません。操作のしやすいインターフェース活用で、危険国からのアクセスも遮断。

ダッシュボードで発信国リストを表示できるほか、視覚的に確認できるマップも用意されています。不正アクセスが行われている国は赤く表示され、多くなるほど色が濃くなります。あまりにも不正アクセスが多ければ、マップ上の国を右クリックして、すぐにアクセスを遮断できます。

特定IPアドレスからのアクセスを遮断

クラウドブリック(Cloudbric)は、不正アクセスの多い特定IPアドレスからのアクセスも、簡単に遮断できます。

攻撃者のソースIPアドレスは、ダッシュボードでリスト表示されると同時に、頻度に応じたランキング形式でもグラフ表示されます。ランキング表示された攻撃者のグラフを右クリックすれば、ブラックリストに追加する形でアクセス遮断が可能。逆に、同じ動作で遮断解除の設定も行え、特定のIPアドレスが常にアクセスできるよう、ホワイトリストの作成も可能です。

URLごとの拡張セキュリティ設定

クラウドブリック(Cloudbric)のダッシュボードには、不正アクセスの多いページもランキング形式でグラフ表示されています。そのため、各ページのセキュリティオプション設定も可能。

設定方法は、グラフのURLを右クリックし「設定」を選択、必要に応じたオプションを選択するだけ。ブルートフォースアタックやスパム書き込み対策などに有効であり、簡単に設定できるのがクラウドブリック導入のメリットです。

オンライン決済のセキュリティ基準に準拠

クラウドブリック(Cloudbric)は、国際クレジットカードブランド5社が中心になって策定したオンライン決済のセキュリティ基準「PCI-DSS」に準拠しており、複雑な手続きを要することなく要件を満たせます。

PCI-DSS準拠の事業者として認証されるには、6つの目標と12の要件を満たす必要があり、非常に多くの手間とコストがかかります。クラウドブリックを導入すれば、手間とコストを大幅に削減しつつ、PCI-DSS準拠のwebサイトを運営できるのです。

あらゆる企業で簡単に導入

クラウド型WAFの多くは、エージェントプログラムをサーバにインストールしなければなりませんが、クラウドブリック(Cloudbric)の導入にあたっては、DNSの設定を行うだけ。

導入が簡単なのはもちろん、あらゆる企業が利用できるよう、ニーズに応じたさまざまなプランが用意されているのも特徴。わかりやすくシンプルなプランに充実の機能が詰め込まれていながら、月額2万8,000円〜利用できるリーズナブルさも兼ね備えています。

アイミツ
サイバー攻撃対策の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査でわかったクラウドブリック(Cloudbric)を使うべき人・会社

ご紹介したメリットを踏まえ、「クラウドブリック(Cloudbric)」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

webサイトを高度なセキュリティで保護したい企業

日々新種のマルウェアが登場し、年々巧妙化・高度化するサイバー攻撃からwebサイトを守るため、高度なセキュリティ環境を構築したいと考える企業は少なくないでしょう。そこで、独自エンジンでロジカルに脅威を検出・遮断できる、クラウドブリック(Cloudbric)が最適です。

一般的なWAFの場合、セキュリティ強度を高めれば高めるほど、正常なアクセスをブロックしてしまう誤検知率が高まる傾向にあります。クラウドブリックは論理演算基盤検知エンジンを搭載しているため、通信内容の意味をロジカルに判断しながら、リアルタイムで危険なアクセスを遮断できます。誤検知率の低さも含め、webサイトのエンタープライズセキュリティを実現します。

webサイトへのDDoS攻撃にも備えておきたい企業

標的型攻撃の代表といえるDDoS攻撃も、近年巧妙化・高度化が著しいサイバー攻撃です。しかし、一般的なWAFでは、DDoS攻撃を効果的に防御できません。webアプリケーションの脆弱性だけでなく、DDoS攻撃にも備えておきたいと考える企業には、クラウドブリック(Cloudbric)がおすすめです。

一般的なDDoS攻撃で利用されるネットワークやトランスポートだけでなく、マルチベクトル攻撃やアプリケーションDoS攻撃で利用されるアプリケーションも保護。IPS/IDSでも防げない、さまざまなパターンのDDoS攻撃に対応できます。レイヤー7レベルの攻撃は、ロジックベースエンジンと攻撃別プリセットで検出。ソースIPアドレスを自動でブラックリストに登録・遮断します。

安全なオンライン決済環境を構築したい企業

決済代行会社を利用することなく、自社webサイトに安全なオンライン決済環境を構築したいと考える企業には、PCI-DSSに準拠するクラウドブリック(Cloudbric)の導入が最善でしょう。

クレジットカード決済を行うにはPCI-DSSの認証を受ける必要がありますが、認証に向けたハードルは低くありません。オンライン決済も同様で、多くのwebサイトが決済代行会社を利用しているのが現状です。しかし、決済代行会社を利用する場合、別画面に遷移してしまうこともあるため、カゴ落ちが発生しやすいのも事実です。クラウドブリックを導入すれば、面倒な手続きを大幅に軽減しつつPCI-DSSに準拠できるため、独自の安全なオンライン決済環境を整えられます。

クラウドブリック(Cloudbric)の料金プラン

あらゆる企業が導入しやすいように考慮されたクラウドブリック(Cloudbric)のサービスプランは、保護対象となるFQDN数(webサイト数)・ピーク時のトラフィックに応じて、3種類10プランが用意されています。オプションなどはなく、利用できる機能がすべて同一なのも特徴。

料金は、FQDNが1、トラフィックが5Mbpsまでの「エコノミー」が月額2万8,000円〜、FQDNが3〜5、トラフィックが50Mbpsまでの「ビジネス」が月額11万円〜、FQDNが無制限、トラフィックが1Gbpsからの「ハイパフォーマンス」が月額18万円〜です。

月額・年額プランも用意されており、それぞれプランに応じた初期費用が必要です。まずは見積もりを取り寄せてみてはいかがでしょうか?

アイミツ
サイバー攻撃対策の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

クラウドブリック(Cloudbric)の導入効果

日々新たなマルウェアが登場し続け、巧妙化・高度化するサイバー攻撃への対応は、もはやすべての企業にとって喫緊の課題です。クラウドブリック(Cloudbric)は、すべての企業のセキュリティ課題を解決できる、心強いソリューションとなり得るのです。

もちろん、導入によって得られる効果は、webサーバのセキュリティ強化だけではありません。たとえば、トラフィック・攻撃状況をリアルタイムかつグラフィカルに表示できるダッシュボードを活用すれば、サイバー攻撃の状況を可視化することで社内周知を徹底でき、セキュリティに関する社内意識の改革に役立つでしょう。

24時間365日、監視を提供するクラウドブリックであれば、運用の手間を大幅に削減できます。セキュリティ担当者が在籍していなくても、ダッシュボードからアクセス遮断、拡張セキュリティ設定ができるため、運用費・人件費の削減にも貢献。

SSL証明書を無料実装でき、webブラウザでの警告表示もされないため、ユーザーに安心感を与える効果も期待できます。単なるWAF導入にとどまらない、さまざまな効果を得られるのです。

まずはクラウドブリック(Cloudbric)の見積もりを

ここまで、クラウドブリック(Cloudbric)の導入メリットや有効な活用方法、期待できる導入効果などをご紹介しましたが、セキュリティに関する考え方は企業によって大きく異なります。クラウドブリックが自社にマッチしたソリューションなのか?まずは資料を入手し、詳細を含めて判断する必要があるでしょう。

「クラウドブリック(Cloudbric)」の導入をご検討の方は、まず「アイミツ」で見積もりをし、内容を確認したうえで判断するといいでしょう。

まとめ

クラウドブリック(Cloudbric)は、一般的なWAFとは異なりデータをロジカルに分析して脅威を遮断する、グローバルで認められたクラウド型WAFです。 その高度な機能は、webサイトにエンタープライズレベルのセキュリティ環境をもたらすでしょう。

あらゆる企業が利用できるよう、サイト数・トラフィックに応じたプランが多数用意されているのも特徴。管理の手間を抑えながら、強固なセキュリティ環境を構築したい方は、ぜひチェックしてはいかがでしょうか?

サイバー攻撃対策探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
サイバー攻撃対策が
最短翌日までにそろう