BtoB(法人向け)事業会社がコールセンターを使うと果たして何が変わるのか?メリットをまとめてみた

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年08月16日

この記事を読むための時間: 3分

法人向けのコールセンター(インバウンド)は、テクニカルサポート、クレーム対応、受注対応など専門的な知識が必要になる業務が多く、個社ごとに対応をしないといけないため、非常に工数がかかります。電話業務だけでなく、他部署と連携して問題解決する、メール作業、資料の送付など幅広い業務をする必要があります。「法人向けのコールセンター(インバウンド)を外注するにはどんなメリットが存在するのか?」を下記にてまとめました。

□■メリット1. 本来の事業活動に専念できる

□■メリット2. トークスクリプト管理でサービス品質を向上できる

□■メリット.3 営業時間外も対応をしてくれる

まとめ

顧客対応のためのコールセンター(インバウンド)の導入には、どうしても目先の発注費用に目がいきがちです。しかし、全体の事業活動のバランスを考えればコールセンターに電話対応業務を外注するのは有効な手段です。これを機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください