「使ってよかった!」業務効率化できる!?コールセンター利用のメリットとは

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年04月28日

この記事を読むための時間: 3分

コールセンター導入による運営面での業務効率効果

営業効率を上げるためにテレフォンアポイント専門の部署を別に作るというのは成約数の増大に確実に貢献しますし、営業社員はクライアントと商談だけを中心に考えて業務ができますので、非常に効率が上がると言えます。

テレフォンアイポイント業務以外にも問い合わせ等の窓口を置く事は現在の企業では当然の事で、顧客もそれが当然の事と考えていますので、テレフォンアポイント対応の部署の必要性は高まっています。しかし、その専門部署を作るためには、電話などの機材やシステム・人材を一から導入しなくてはいけませんので、立ち上げて軌道に乗るまでには一定の期間と費用が必要です。

そこでコールセンターの活用をおすすめします。初期投資は非常に安くなりますし、オペレーターの教育コストも最低限ですむため、企業にとって非常にメリットの高いシステムと言えるでしょう。


コールセンター導入によるコスト面での業務効率効果

コールセンターを置くことで、クライアントとなるお客様には非常に大きな信頼感が生まれます。商品を購入してもアフターサービスが悪ければ、信用を失いますし、購入を見合わせる場合もありますので、このようなサービスは無くてはならないものです。

しかし、この様なサービスは直接利益に結びつくものではありませんので、企業としてはコストと考えるのは当然の事です。コストはなるべく安く抑えたいが、対応自体のレベルは下げたくないという両方のメリットを兼ね備えているのがコールセンターです。これらのメリットを考え、多くの企業がコールセンターに業務を委託していて、それまで非効率に自社で行っていた業務を外注することで業務効率が飛躍的に上がったという例が多くあるのです。


コールセンター導入による情報共有面での業務効率効果

コールセンターでは、個人情報を守るという事をコンプライアンスの観点から非常に重要視していて、情報漏洩には特に神経質になっています。自社でこれを実現しようとすると、非常に長い期間と、高い費用の機材やシステムが必要になり、大きな負担になりますが、コールセンターに業務に外注することで、初期投資コストは格段に下がります。

その他にも、顧客のデータを収集し、要望、苦情等が統計で分かるようになりますので、マーケティングの観点からも非常に有益と言え、新商品やサービスを造り出す時の参考になります。企業にとって無くてはならないデータ収集に活躍してくれます。

現在では多くの企業がコールセンターに業務を代行してもらうという考え方をし、コストを抑え、業務効率を効果的に上げています。


コールセンター業務代行業者の選び方

コールセンター業務を代行してくれる会社を探す時に、自社の規模に合わせて対応オペーレーター数を変化させてくれるところを探しましょう。閑散期には少数オペーレーターで対応してもらい、繁忙期には対応オペーレーターを増やせるという融通が効くところは非常に効率が良いですし、効果的です。

小規模な会社からでも利用できるコールセンター業務代行会社にアウトソーシングし、そこから対応数に応じてプランを選べるものであれば、顧客にとっても自社にとっても最適な環境を得られるでしょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください