成功は失敗から学ぶべし!コールセンター導入の際に注意すべき失敗事例

笑顔の女性

更新日:2017年10月05日 | 公開日:2015年04月28日

コールセンターの導入はそれまで社員が行っていた電話対応の負担を軽減させるなど、プラスの面が多くでてきます。
しかし、導入方法や利用方法を誤ると、思わぬ落とし穴があることも。
せっかく費用をかけて導入したコールセンターですから、有効活用するにはどういった点に気をつければよいのかを確認しておきましょう。
今回は、コスト面での失敗、システム面での失敗、さらに人材面での失敗を例にしてご紹介いたします。

【コスト面の失敗事例】

【システム面での失敗事例】

【人材面での失敗事例】

【コールセンターを選ぶポイント】

コールセンター業務代行業者を選ぶ際に必要なポイントは、まず、依頼する前に自分たちが何を一番大事にしたいのかを明確にするということです。

企業によっては、販売個数よりもお客様にファンになってもらうことを重視し、通話時間の制限を設けない場合があります。
その逆もしかりで、確実に伝えるポイントさえ押さえていれば、通話時間は短くし、少しでもたくさんのお客様とコンタクトを取ることを優先する企業もあります。

あなたの会社は何を一番重視したいのか、それをコールセンター業務代行業者にしっかりと伝えることが必要です。
そして、そのために必要な機能を予算内で叶える努力をしてくれる業者を探すということです。

代行業者にもさまざまなタイプがあり、それぞれ得意分野を持っています。
契約前にコールセンターを見学し雰囲気を見てみるなどして、理想的なパートナーシップを結べるかどうか、自分の目で見て確かめることが大切です。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください