これは便利!自動音声案内対応のCTIシステムを比較!顧客満足UPと業務効率化を実現しよう

更新日:2015年06月24日 | 公開日:2015年03月26日

この記事を読むための時間: 3分

自動音声案内対応のCTIシステム(IVR)のメリットは大きく分けて次の3つといわれています。どれかひとつでも自社にメリットがあると思うなら、一度検討してみると良いでしょう。

【メリット1】電話・FAX業務の手間を削減
電話の単純な取次ぎ、資料請求の受付など、定型の電話業務は音声応答(IVR)に任せることができます。

【メリット2】インターネットよりもダイレクトに問い合わせを受けられる
パソコンの利用者が増加した現在でも問い合わせの安心感は電話に軍配が上がります。電話の場合には、お客様との反応しだいで電話中に商談に直結する場合もあるでしょう。

【メリット3】24時間無人で電話対応
メールやフォームでも24時間対応できますが、「24時間電話受付」というインパクトある案内が自動音声案内対応のCTIシステム(IVR)なら可能です!

Metem IVRシステム

BlueBean

◆月額1万円からのクラウド型コールセンターシステムが導入可能
出典BlueBean

OKIソフトウェア 音声自動応答システム

CSVIEW/VoiceOperator

CTI・簡太郎

さて、自動音声案内対応のCTIシステム(IVR)のイメージがわいてきましたか?
【メリット1】電話・FAX業務の手間を削減
【メリット2】親近感のあるダイレクトな問い合わせ
【メリット3】24時間無人で電話対応
このメリットにピンときたらぜひこのまとめを参考に、自動音声案内対応のCTIシステム(IVR)の導入を検討してみましょう!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください