徹底した調査でわかるCTIサービス「List Navigator.」の実態

List Navigator. トップページ

更新日:2018年10月22日 | 公開日:2018年10月22日

テレアポや電話営業といったアウトバウンド業務では、リストやトークスクリプトの質はもちろんのこと、CTIシステムの使い勝手も大切な要素。せっかく予算をかけてCTIシステムを導入しても、オペレーターがPCの操作に慣れていないばかりに時間がかかってしまったり、画面の表示速度や機能の動作が遅いために、かえってコール件数が減ってしまったりするようでは本末転倒です。

今回ご紹介する「List Navigator.」は使い勝手の良さに定評があるアウトバウンド向けツール。株式会社SceneLive(大阪府大阪市)が提供しているクラウド型のCTIシステムで、これまで500社以上のクライアントに導入されてきました。詳しくは後述しますが、アウトバウンドの効率を飛躍的に高められるプレディクティブコール機能などが搭載されており、月額3,000円+オペレーター1席あたり4,500円から利用できます。

口コミ・レビューサイトを見てもネガティブな意見はほとんどなく、星4つ以下の評価を付けているユーザーもほぼいません。とりわけBtoCの商材を取り扱っている企業から高い評価を得ている。ようです

<総評> 「List Navigator.」はテレアポや電話営業を大幅に効率化できるツール

「List Navigator.」の何より大きな魅力は豊富なアウトバウンド機能&使い勝手の良さ。オートコールやグループ架電のほか、IVR(自動音声応答)とプレディクティブコールを組み合わせた独自の機能が搭載されていて、音声ガイダンスの内容に興味を示した顧客だけと会話することができます。

一方で操作画面は無駄な要素が徹底的に省かれており、ページの表示も非常にスムーズ。画面がなかなか切り替わらずにコールが遅れてしまうといったことはありません。操作自体もシンプルで、架電・終電ともマウス操作だけで行うことが可能です。テレアポや電話営業のタイムロスをできるだけ減らしたい人や、無駄打ちを防ぎたい人には最適なツールの1つだと思います。

他のCTIと比べてどうなのか?

まず料金の面から比較すると、「List Navigator.」の月額料金はトータル7,500円(基本料金3,000円+オペレーター1席あたり4,500円)。CT-e1/SaaS(シートライセンス料・月額ライセンス料ともに月額5,000円)などと比べてとりわけ格安というわけではありませんが、他社のシステムでオプション扱いになっている機能が標準搭載されている点をふまえると、リーズナブルな料金と言えるのではないでしょうか。

その機能の面を詳しく見ていくと、前述のとおりオートコールやプレディクティブコール機能がひと通り付いていて、商材を問わずテレアポや電話営業の際に困ることはないはずです。通話中のオペレーターに直接指示を送れるウィスパリング機能や分析機能も充実していて、コールセンターのマネージャーやチームリーダーにとっても使い勝手の良いシステムに仕上がっていると思います。こうした点をふまえたうえで、「List Navigator.」の具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

1.「List Navigator.」の6つのメリット

まずは「List Navigator.」のメリットから。料金、操作性、機能など6つに分けてご紹介します。

1-1. 料金がリーズナブル

「List Navigator.」の料金は月額3,000円+オペレーター1席あたり4,500円。1席から契約できるので予算が限られる中小企業も導入しやすいのではないでしょうか。加えて、ネットワークの面でも運営会社が自社回線を提供することでリーズナブルな通話料を実現。「List Navigator.」を導入した企業の95%以上が通話料のコスト削減に成功しています。

1-2. 操作がわかりやすい

「List Navigator.」の操作画面は顧客別のステータスや通話日時が一覧表示されているうえ、架電・終電ともにワンクリックで操作できます。また、管理者向けの設定画面もそれぞれの項目に丁寧な説明テキストが付いていて、操作方法に迷うことはありません。初めてでも安心して使えるCTIシステムだと思います。

1-3. 画面の表示速度が速い

わかりやすい操作画面に加えて、表示速度が非常に速いのも「List Navigator.」のメリットの1つ。内部のソースを含めて無駄な要素が徹底的に省かれていて、ページを切り替えた際もわずか0.1秒で表示されます。後述するプレディクティブコール機能とあいまって、架電効率という点では国内のCTIシステムのなかでもトップクラスの水準にあります。

1-4. 独自のプレディクティブコール機能を搭載

「List Navigator.」はユーザーの意見を取り入れながらこれまで2,500回以上にわたるアップデートを重ね、さまざまな機能を改善・追加してきました。そのなかでも利用者からとりわけ高い評価を得ているのがIVR(自動音声応答)を組み合わせた独自のプレディクティブコール機能です。

複数の電話番号へ自動的にコールし、商品やサービス案内の音声ガイダンスを流したうえで、一定の興味を示した相手のみをオペレーターにつなぐため、無駄打ちを大幅に減らせます。また、興味を示さなかった相手の電話番号も在宅リストとしてデータベースに保存されるので、新商品のリリース時などにあらためてアプローチすることが可能です。

1-5. 分析機能が充実

「List Navigator.」はマネージャーやチームリーダー向けの分析・レポーティング機能も非常に充実していて、管理画面上でエリア別の受注率をサマリー化したり、曜日や時間帯、オペレーター別に架電時間をグラフ化したりすることができます。

1-6. アフターサポートが充実

契約後はクライアント1社1社に専任の担当者を付け、電話・訪問サポートを行っています。システムのアップデートもすべて運営元が遠隔操作で行うため、セキュリティの設定などでコール業務に支障が出ることもありません。加えてカスタマイズも請け負っており、一定の範囲内であれば無料で新規機能の実装を依頼できます。

2. 「List Navigator.」の2つのデメリット

リーズナブルな料金と豊富な機能、使い勝手の良さを兼ね備えた「List Navigator.」。アウトバウンド用のCTIシステムとしては非常に完成度が高く、冒頭でも少しふれたとおり、口コミ・レビューサイトでも低評価を付けているユーザーはほとんどいません。そうしたなかであえてデメリットを挙げるとすれば…

2-1. インバウンドで使える機能が少ない

テレアポや電話営業での利用に主眼を置いて開発されている以上、仕方のない部分ではありますが、「List Navigator.」には受電の自動振り分けなど、インバウンド型のコールセンターに求められる機能がほとんど付いていません。あくまでアウトバウンドに特化したCTIシステムです。

2-2. オンプレミス版が用意されていない

クラウド型が主流となっているいま、この点をデメリットとして捉える人は少ないかもしれませんが、「List Navigator.」にはオンプレミス版がなく、すべてクラウド型での契約になります。セキュリティポリシー上の制約(例.「取り決め上、社外の環境に顧客データを預けられない」など)でオンプレミス型しか選択肢がない場合は、他のCTIシステムを検討しましょう。

3.徹底調査でわかった「List Navigator.」を使うべき人・会社

ここまでご紹介したメリットとデメリットをふまえ、「List Navigator.」はどういった人に向いているのかまとめてみました。

3-1. テレアポや電話営業を効率化したい人

IVR(自動音声応答機能)を組み合わせた独自のプレディクティブコールをはじめ、オートコール、グループ架電など、「List Navigator.」にはアウトバウンド業務の効率を飛躍的にアップさせる機能が詰まっていて、ビジネスフォンからの架電に比べるとコール数を大幅に増やせます。

加えて、画面の切り替えが非常に早いため、システムが原因でタイムロスが生じたりすることもありません。アウトバウンドを効率化して売り上げや収益につなげていきたい人にとっては最適なツールの1つではないでしょうか。

3-2. 初めてCTIシステムを導入する会社

豊富な機能を搭載していながら操作がわかりやすく、専任担当者によるフォローなどサポート体制も充実している「List Navigator.」。CTIシステムを使うのが初めての会社、オペレーターの経験値やスキルに不安を抱いている人も比較的安心して利用できるのではないでしょうか。前述のとおり導入後のアップデートもすべて運営元に任せられます。

4.徹底調査でわかった「List Navigator.」を使うべきでない人・会社

一方で以下のような人には「List Navigator.」はあまり向いていないかもしれません。

4-1. インバウンド重視の人

もともとアウトバウンドでの利用を主眼に置いて開発されているため、前述のとおり受電の振り分け機能などは付いていません。製品のサポートデスクやネットショップの問い合わせ対応などでCTIシステムを利用したい人は、「InfiniTalk」などを中心に検討した方がいいのではないでしょうか。

4-2. オンプレミス型のCTIシステムを導入したい人

これは「2. 「List Navigator.」の2つのデメリット」でご紹介したとおり。「List Navigator.」にはオンプレミス型がないため、セキュリティポリシー上の制限がある場合や、自社で開発したデータベースなどと高度に連携させたい場合などは、やはり他のCTIシステムを検討するのが得策です。

5. 3分でできる「List Navigator.」への登録方法

続いて「List Navigator.」の登録方法についてご紹介します。導入までのフローについては運営会社の営業担当者と打ち合わせを重ねる必要がありますが、登録の手順は非常にシンプルで、実際に試したところ3分程度で完了しました。

5-1. 公式サイトにアクセスして問い合わせボタンをクリック

まずは「List Navigator.」の公式サービスサイト(http://scene-live.com/listnavigator/)にアクセスし、画面上部のメニューから「お問い合わせ」をクリックします。

5-2. 必要事項を入力して送信

続けて表示される問い合わせフォームに会社名、氏名、電話番号、メールアドレスなど必要事項を入力しましょう。入力が済んだらプライバシーポリシーに目を通し、「確認する」をクリック。確認ページであらためて「送信」をクリックすれば登録は完了です。いったん営業担当者からの連絡を待ちましょう。

5-3. 契約して稼働スタート

営業担当者からの連絡を受けたら、導入の目的やオペレーターの数などをすり合わせ、提示された契約プランにサイン。初期設定と管理者の研修を経て稼働スタートとなります。

6. 「List Navigator.」の効果的な使い方

最後に「List Navigator.」の効果的な使い方について3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

6-1. プレディクティブコールを活用する

IVR(自動音声機能)を活用したプレディクティブコールは「List Navigator.」の大きな特徴の1つ。無駄なコールを最小限に抑えられるうえ、待ち時間をトークスクリプトの改善など他の作業に充てることもできるので、コールセンターの生産性は大幅にアップします。積極的に活用しましょう。

6-2. 分析機能を活用する

「List Navigator.」はCSV形式で架電時間などのデータをエクスポートすることもできますが、管理者向けの分析機能を使えばその必要もありません。ミーティングなどで管理画面を共有するだけでそのまま進捗報告できますし、見込み受注率や顧客リストへの期待値といった数値もシステム上で算出することが可能です。

6-3. カスタマイズを依頼する

オペレーターが使い慣れてきたら、運営元にカスタマイズを依頼するのも1つ。基本機能を損なわない限り一定の範囲までは無料で対応してくれるので、たとえば操作画面のインターフェイスなどをいろいろと試してみるのもいいかもしれません。

7. まとめ

いかがだったでしょうか。アウトバウンドに特化したクラウド型のCTIシステムとして非常に高い完成度を誇る「List Navigator.」。機能や使い勝手をトータルに考えるとコストパフォーマンスも高く、できるだけ費用を抑えてテレアポや電話営業を効率化したい方には最適なツールだと思います。CTIシステムを導入する際は今回ご紹介した内容をぜひお役立てください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ