あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

AmeyoJの評判と実態【2021年最新版】

CTIは、電話対応をスムーズに進めるために重要なシステムで、オペレーターの業務効率向上や人件費削減などさまざまなメリットがあります。しかしCTIは数が多くどのシステムを選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、CTIを提供するAmeyoJに注目。その人気の理由やおすすめの企業についてご紹介します。

目次

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>AmeyoJは国内外を問わずコスパよく利用できるサービス

AmeyoJは「国内外を問わずコスパよく利用できるCTI」です。日本語翻訳を含め5ヵ国語に対応しており、海外事業にもおすすめ。セットで利用できる回線は電話料金が秒課金システムで、実際に利用した分だけを課金できます。

CTIの導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。アイミツをご利用いただくと、特に人気のCTIの見積もりが可能です。CTI選びの時間も大幅に節約できるでしょう。CTI選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

AmeyoJの6つのメリット

紹介したような特徴がある「AmeyoJ」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

世界的な実績が豊富

AmeyoJは2006年にインドで開発されて以降、世界40ヵ国以上、2,000社以上に導入されてきた実績があります。取引を行っている会社もSamsungやDHL、SUBWAYなど世界で躍進する大企業が多い信頼性の高いシステムです。

またアメリカの調査会社GartnerやITメディアにも注目され、数々の賞を受賞してきた経歴もあります。もちろんシステム自体は日本版となっているため、英語が苦手な方でも安心して利用できます。

国内外を問わず運用できる

インドで開発されたAmeyoJは、日本語翻訳はもちろん、そのほか5ヵ国語に対応しており、海外の顧客ともスムーズなやり取りが可能です。また海外から日本国内の電話番号で発信・受信することも可能。

通話料においても格安なコストで提供しており、海外にコールセンターの拠点がある方でも安心して運用できます。海外を含めすべての拠点を一括管理できるため、業務効率の向上も期待できるでしょう。

秒課金システムを採用

通常CTIによる通話料金は3分課金が主流となっており、10秒話しただけでも3分分の課金を行わなければいけません。しかしAmeyoJでは、秒課金システムを採用。固定電話からの受発信は1秒0.06円、携帯電話からの受発信は1秒0.25円の支払い設定となっています。

話した分だけを正確に課金できるため、3分課金のシステムよりも通話料金を大幅に削減できるコストパフォーマンスに優れたシステムです。

サポートが手厚い

AmeyoJは本番稼働から前後数日間、スタッフが派遣され現地のモニタリングを行ってくれます。また操作マニュアルやトラブルシューティングガイドも用意されており、トレーニングにより誰でも扱えるようになれます。研修後は遠隔操作によるサポートが24時間365日受けられ、問題の解決や運用のコンサルティングが可能です。

さらにクラウド型の場合は電話回線がセットで提供され、ヘッドセットや周辺機器などが割安価格で購入できます。

既存サービスと連携できる

AmeyoJは大規模なカスタマイズや複雑な融合作業などの必要もなく、既存のシステムやアプリケーションとの連携が簡単にできます。またデータベースと連携することで、荷物の配達状況や乗り物の運行状況を知らせることも可能です。

そのほかクレジット決済の簡略化や、音声メールなどとも連携できるのもポイント。そのためオリジナルのフローを形成し、無人のコールセンターをつくることもできます。

稼働状況が分かりやすい

AmeyoJのモニタリングはシステムの稼働状況が一目瞭然。内容を細かく分析するのはもちろん、リアルタイムで状況を確認できます。

接続に失敗したコールの状況やオペレーターのリアルタイムの通話状況、通話の結果などをグラフで表示できるため、各オペレーターの稼働率を監視し、改善に役立てられるでしょう。これらのデータやグラフは一画面に集約、見やすく表示されており一目で状況が把握できます。

企業規模や用途を問わない柔軟性

AmeyoJはアウトバンド・インバウンド業務を問わず利用でき、幅広い業務で利用できることも魅力。IVRやオートコール、音声録音などアウトバンド・インバウンドに必要な機能が標準装備されているため、カスタマー業務はもちろん、決済や督促などあらゆるコールセンター業務に利用できます。

ウォールボード機能やSkype連携などがオプションでつけられるため、幅広いシーンに対応可能。席数も最低5席~最大1,500席まで自由に選べ、企業規模を問わず利用できます。

徹底調査で分かったAmeyoJを使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「AmeyoJ」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

海外に拠点を置きたい方

先ほども紹介したようにAmeyoJはインドで開発されたシステムであり、世界的にも豊富な実績を持っています。そのため海外事業においてもノウハウを蓄積していることが考えられ、サポートも充実していることから海外対応のフォローも期待できるでしょう。日本語の画面で利用しながら、5ヵ国語にも対応しているため、海外顧客とのやり取りもしやすくなっているのもうれしいポイント。

国内の電話番号で海外への発信・受信も可能。拠点を一括で管理できるため、データ収集や分析もしやすいでしょう。現在海外にコールセンターを設置している方や、これから海外進出を考えているという方にぴったりのCTIシステムです。

通話料金を削減したい方

AmeyoJのクラウド型は回線もセットで提供しており、この回線を利用すれば通話料金を削減することが可能です。通話料金は1秒ごとに課金するシステムを採用。通常CTIは3分ごとに課金する体制が主流となっており、10秒の会話でも3分分の料金がかかってしまいます。しかしAmeyoJでは1秒ごとに固定通話が0.06円、携帯電話が0.25円しかかからないため、実際に話した分だけが正確に課金できます。

そのためアウトバウンドなどの業務をメインとしている、もしくは1回の会話時間が3分以内に終了することが多いという方は特に通話料金の削減が期待できるでしょう。

初めてCTIを導入したい方

AmeyoJはサポートが充実しているためこれからCTIを導入し、コールセンターなどを設置するという方におすすめのシステムです。導入すれば本稼働を行う前後数日間はスタッフが派遣され、現場をモニタリングし運用のサポートを行ってくれます。また稼働の前にはトレーニングを受けることも可能。操作マニュアルやトラブルシューティングも用意しているため、パソコンの操作が苦手という方でもシステムがしっかりと使えるようになれます。

24時間365日対応のサポートセンターがあることもポイント。トラブルが起こった際の解決や運用の相談を行うことができるため、初めての方でも安心して利用できるでしょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

AmeyoJの料金プラン

AmeyoJはクラウド型とオンプレミス型があり、この2つのハイブリット型を利用できます。またこのシステム費用に加え、回線を利用する場合は通話料金を支払うことになります。それぞれの料金は以下の通りです。

【クラウド型】
初期費用:30万円~(CTI初期セットアップ・初期トレーニング)
月額費用:45万円~(30席ライセンス)
(通話料金 固定電話:1秒0.06円 携帯電話:0.25円)


【オンプレミス型】
初期費用:100万円~(買い切り方式ライセンス・サーバ設置・CTI初期セットアップ・初期トレーニング)
月額費用:無料(サポート内容等によっては月額費用が発生する可能性もあり)


席数は最低10席から対応しています。また席数に応じた割引や長期割引もあるため、詳細については見積もりや問い合わせで確認しましょう。

AmeyoJの導入実績・効果

ここからは実際に「AmeyoJ」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

MOSL証券会社

MOSL証券はインドの証券会社で、インド国内580もの都市で個人投資家や金融機関にサービスを提供しています。こちらの導入事例ページによると、MOSL証券は人件費が高い投資アドバイザーが、なるべく多く顧客と通話できるよう、また受信のピーク時に取引規模の大きな投資家の着信を優先して受けられるようAmeyoの導入を決めました。Ameyoに決めた理由としては優れた機能面と迅速な課題解決能力が決め手とのこと。

導入した成果としては、全体的な待ち時間が短縮し顧客満足度も向上したそうです。また優先すべき受信をオペレーターが選択できるようになり、収益性も向上。そのほかにも生産性の向上や売り上げの増加などさまざまな成果が出ました。導入もスピーディーで、「Ameyoを選んで本当によかったと感じています。」とのコメントが寄せられています。

Shell Transource Ltd.

Shell Transourceはインド国内でITアウトソーシングやデータ化デジタル化など、IT分野で幅広いサービスを提供する企業です。クライアントは航空業界や銀行、保険、通信などさまざまで取引を行ってきた企業や4,000社に上ります。こちらの導入事例ページによると、コスト削減や機能面の向上AmeyoJの導入を決定したそうです。

導入の成果としてはハードウェアへの投資額を70%削減や、運営管理の簡素化に成功。そのほかオペレーターのミス極小化と、それに伴うビジネス機会の増加などさまざまな成果を出しています。Shell Transourceの担当者からは「Ameyoは驚くほど使いやすかったです。これまで複雑だった業務が簡単になりました。Ameyoのインターフェースは使う側の立場からデザインされていて、とても素早く操作できます。」という声が寄せられています。

まずはAmeyoJの見積もりを

AmeyoJは国内外を問わず利用できるCTIで、コストパフォーマンスに優れたシステムです。世界的な実績が豊富で5か国語にも対応。秒課金システムを採用しているため、実際に使用した分のみ課金することができます。通話料金を削減したいという方にもおすすめです。

アイミツでは、AmeyoJの見積もりを受け付けています。より詳しい情報が知りたいという方は、ぜひご活用ください。

まとめ

CTIはコールセンターの設置などに欠かせないシステムですが、初期費用や月額費用、通話料金などさまざまな料金がかかってしまいます。しかしAmeyoJは通話料を秒単位で課金できるためコストを大幅に削減することが可能です。初めてCTIを導入する方はもちろん、システムの入れ替えを検討している方にもおすすめと言えるでしょう。

アイミツでは、AmeyoJを含めた複数のサービスから資料を取り寄せることが可能。見積もり代行や不明点に関する相談も承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう