失敗しないための、企業コンサルタントの選び方まとめました!

更新日:2017年07月19日 | 公開日:2015年03月07日

企業の経営のためにコンサルタントを採用したいと考えるのはいいですが、コンサルタント選びの時点で失敗してしまうケースは少なくありません。重要なポストですから、コンサルタントを選ぶのなら採用する前にじっくり下調べをしておきたいものです。今回は、優秀で信頼できるコンサルタント選びのためのポイントをまとめてみました。これを参考に、自社に合ったコンサルタントを選びましょう!

①コンサルティング分野

◆実は広くて深いコンサル分野

②過去の実績

◆出来るだけ近いシチュエーションの実績を!

③わかりやすい言葉で説明してくれるか

◆それっぽい言葉に騙されない!

④知識量が十分なものかどうか

◆著書が2,3冊あれば十分信用出来る!

⑤なにより、信頼出来るかどうか

◆直感を頼りに

そして最後に一流コンサルタントの名言をご紹介します。

【まとめ】企業コンサルタントの選び方

非常におそろしく、重みのある言葉ですね。モービル、ロッシュ、デュポン、ディズニーのコンサルティングを務めたデイヴィド・グレイク氏は著書の中でこういった話をしています。コンサルタントを抱えるということは会社の重要な部分を任せることに値します。しっかりと選びましょう。悩んだ時には「アイミツ」の経験豊富なコンシェルジュがお力になります。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください