あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

WazzUp!の評判と実態【2020年最新版】

WazzUp!

「WazzUp!(ワズアップ!)」は、東京都渋谷区に本社を構えるファナティックが提供するチャットボットです。LINEを利用したセグメント配信に特化したチャットボットとして、さまざまな企業で活用されています。

この記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業社比較サービス「アイミツ」が、「WazzUp!」の人気の理由を徹底調査。サービスの特徴や利用するメリット、実際の導入事例などを紹介していきますので、チャットボットの導入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

目次
アイミツ
チャットボットサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「WazzUp!」はLINEに特化したサービス

「WazzUp!」の最大の特徴としてあげられるのは、LINEに特化したチャットボットであるということです。

ブランド別やアイテム別、性別、お悩み別、情報別などさまざまなセグメント配信ができ、導入した会社のなかには1万パーセントものROAS(広告費に対する売り上げ)を達成した事例も。小売業をはじめ、飲食業や不動産業など多くの業種で利用ができるので、LINEを活用したマーケティングを推進したいという会社におすすめといえるでしょう。

また、アイミツ」では見積もりも受け付けているので、「今すぐに自社にぴったりなチャットボットが知りたい」という場合は、お気軽にご相談ください

「WazzUp!」の6つのメリット

紹介したような特徴がある「WazzUp!」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

低コストで利用できる

「チャットボットに興味はあるが、費用が高額なのではないか」と不安に感じている方も少なくないのではないでしょうか。「WazzUp!」は、月額1万円(税抜)から利用できるサービスなので、極力費用を抑えたいという場合にもおすすめです。

また、新着情報の自動配信や手動のセグメント配信、再入荷のお知らせ配信など、利用する配信内容に応じて料金が加算されていくシステムを採用しているため、高い費用対効果が実現するでしょう。

導入が簡単

「WazzUp!」はサイトの改修が不要で、タグを設置するだけで導入することができます。申し込みから運用開始までは約3〜4週間の時間がかかりますが、事前にテスト環境で操作の確認もできるので安心です。

LINEの既存機能はもちろんそのまま使うことができるほか、webサイトが更新されると商品情報が自動で登録されるため、手間をかけずに運用ができるのもうれしいポイントといえるでしょう。

ユーザーがが入力したデータを確認できる

LINEではユーザーがトークルームに何かを入力してもその内容がわからず、「個別の返信はできません」といった自動応答メッセージによる返信が行われるケースが大半を占めています。

しかし、「WazzUp!」の「入力キーワード数」機能を使えば、ユーザーが入力したデータの確認が可能。LINEの「キーワード応答メッセージ」とあわせて利用することによって、内容に沿った返信を自動で送ることができます。

縛りが無い契約で負担が軽い

「WazzUp!」は最低契約期間が設定されていないため、最小限の負担で導入・運用することができます。商品検索やコーディネート検索といった配信内容とLINEの友だち数に応じて料金が決定するため、予算が計算しやすい点もメリットです。

「LINEで使えるチャットボットをお試しで使用してみたい」という方や、「できるだけ予算を抑えてチャットボットを利用したい」という方にもおすすめのサービスだといえるでしょう。

自動配信なので手間が少ない

前述のとおり、「WazzUp!」は連携しているwebサイトが更新されると自動でデータを取得するので、新着商品やランキングなどの情報を都度登録する必要がありません。最小限の手間でチャットボットが運用できるので、webマーケティングの人材が不足している会社でも安心でしょう。

また、商品の登録や配信のタイミングはあらかじめ設定したタイミングで行われるのもうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

さまざまな業種で利用できる

LINEに特化したチャットボットである「WazzUp!」は、小売業や飲食店、商業施設など幅広い業種で利用することができます。ブランド別やアイテム別などセグメント別に情報が配信できるため、さまざまな目的・目標達成への貢献が期待できるでしょう。

また、LINEの既存機能がそのまま使用できるのはもちろん、ニーズにあわせてプランが自由にカスタマイズできるのも大きな魅力です。

アイミツ
チャットボットサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かった「WazzUp!」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「WazzUp!」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

運用工数や費用を抑えてチャットボットを利用したい方

「WazzUp!」は比較的低価格で導入ができるだけでなく、運用の工数が抑えられるチャットボットです。連携させているwebサイトが更新されるとその情報を自動で登録・配信を行うため、都度登録や設定の必要がありません。また、サイト側に特別な改修は不要で、タグを設置するだけで導入できるのも魅力的なポイントです。

そのほか、最低契約期間の縛りがないというのも特徴の1つ。必要な期間にのみ使用できるため、「できるだ費用を抑えてチャットボットを導入したい」という場合だけでなく「期間限定のキャンペーンなどのLINEアカウントで使用したい」という場合にもぴったりといえるでしょう。

webマーケティングに手間がかけられない方

LINEに特化したさまざまな機能をもつ「WazzUp!」は、手間をかけずにwebマーケティングを行いたいという場合にもおすすめのサービスです。

「WazzUp!」では、連携対象となるwebサイトにタグを設置するだけで更新情報が自動で登録・配信できるだけでなく、配信のタイミングも事前に設定が可能。また、ユーザーがトークルームで入力した内容も確認ができるため、質問や要望などに沿った回答の自動配信が叶うのもポイントです。

「WazzUp!」を利用すれば、webマーケティングの人材が不足している場合であっても、最小限の手間で確かな効果が得られるのではないでしょうか。


連携のための開発はWazzUp!が提供するので、利用者側での設定がタグの設置のみなのもメリットと言えるでしょう。webマーケティングの人材が不足している方に是非利用していただきたいサービスです。

LINEを利用したマーケティングをしている方

「WazzUp!」はLINEを活用したwebマーケティングに特化したチャットボットです。LINEの既存機能はそのままに、性別やブランド別、アイテム別といったセグメント別の配信や再入荷のお知らせ、新着情報などを手軽に配信することができます。

また、バナーやボタンなどのパーツを組み合わせる「画像タイプ」配信では、メッセージを自由にカスタマイズできるため、LINEのトークルーム内でランディングページの再現も可能。ユーザーは商品の写真などがひと目で確認できるので、売り上げ増加への貢献が期待できます。

すでにLINEをマーケティング活動に活用している方はもちろん、これから活用を検討している方にも「WazzUp!」はおすすめのサービスです。

「WazzUp!」の料金プラン

「WazzUp!」の料金プランは、以下のとおりです。月額1万円から利用できますが、配信内容とLINEの友だち数によって料金が変動します。

初期設定費用:10万円
配信シナリオの初期費用:5万円~
配信シナリオの月額費用:1万円~

【プッシュメッセージ(通数課金対象)】
新着情報の自動配信:初期費用10万円・月額費用5万円〜
セグメント配信:初期費用10万円・月額費用3万円〜

【返答メッセージ(通数課金対象外)】
商品検索:初期費用10万円・月額費用3万円〜
コーディネート検索:初期費用10万円・月額費用3万円〜

※価格はすべて税抜き

アイミツ
チャットボットサービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

「WazzUp!」の導入実績・効果

ここからは実際に「WazzUp!」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

株式会社A

「WazzUp!」の導入事例ページ(株式会社ファナティック https://wazzup.me/interview/shibuya109/ 参照)によると、ECサイトの運営や店舗情報やスタッフ紹介などのコンテンツ制作を手掛けるAでは、週に1度LINEに登録している全ユーザーに向けて情報を配信していました。

しかし、複数の情報を織り交ぜた内容だったためか、コンバージョン率は1%にも満たない状況。同時にメルマガも配信しており、10パターンものシナリオを作成していたそうですが、労力に対して効果は得られなかったそうです。

そんななかで、LINEでセグメント配信ができる「WazzUp!」を知り、導入にいたりました。導入後は従来通りに週1回の配信にくわえて、ユーザーが登録したブランドにセグメントした新着商品やランキングなどの情報を自動で配信。ユーザーが求める情報をピンポイントで送れるようになったことで、コンバージョン率は3倍以上に増加したそう。

リッチメニュー経由での流入が増えたことも、「WazzUp!」の導入で得られたうれしい効果でした。現在は顧客の獲得は「WazzUp!」が自動で行ってくれるため、制作に注力できているそうです。

株式会社B

「WazzUp!」の導入事例ページ(株式会社ファナティック https://wazzup.me/interview/fifth/ 参照)によると、120万人以上の会員を抱えるアパレルサイトを運営するBでは、これまでメルマガとアプリからのプッシュ通知を行っていたものの、売り上げが減少。それをきっかけにLINE@の導入の検討したそうです。

LINEではユーザーからのブロックを懸念しつつも、1日1回の頻度でセールや新商品などの情報を配信。しかし、メルマガなどからの売り上げが減少していた際にLINEが通数課金になるという噂があり、対策を考えるなかで「WazzUp!」を見つけました。費用がリーズナブルなことと導入が簡単なことが決め手となり、「まずはミニマムプランでやってみよう」ということになったといいます。

「WazzUp!」の導入後は、1日1本の配信にくわえてカート落ち商品の配信をはじめたところ、全体の売り上げの1%を獲得することに成功。このほかにもLINEでのアプローチによって売り上げをあげ、好調時の売り上げ比率で35%を超えたこともあるそうです。

今後はECサイト上でも施策を行いつつ、LINEの友だちを増やしながら、さらに効果の高い配信を行っていきたいとのことでした。

まずは「WazzUp!」の見積もりを

「WazzUp!」はLINEで手軽に利用できるチャットボットとして、多くの業種に導入された実績があります。webサイトと連携するだけで自動で配信ができるので、手間をかけずに利用が可能なのも魅力的なポイントです。

アイミツ」では、「WazzUp!」の見積もりを受け付けていますので、機能や料金についてより詳しい情報が知りたいという方はぜひご利用ください。

まとめ

この記事では、ファナティックが提供するチャットボット「WazzUp!」の特徴や利用するメリット、実際の導入事例などを紹介してきました。低コストかつ簡単に導入できる「WazzUp」は、webマーケティングの人材が不足している会社でも安心して導入できるでしょう。

アイミツ」では、「WazzUp!」を含むおすすめのチャットボットを比較した記事も公開していますので、あわせてご覧ください。

チャットボットサービス探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

チャットボットサービスが
最短翌日までにそろう