車は気軽に借りる時代!オートリースのメリットと気をつけるべきデメリット

更新日:2017年02月24日 | 公開日:2014年11月12日

社用車を用意する場合、管理面や会計面などの手間やコストなどを総合的に検討して、リースにするか購入するかを判断する必要があります。できるだけ手間なく、お得に使うためには購入やオートリースのメリット・デメリットをきちんと理解してから借りることが大切です。今回は、オートリースに注目して、お得に借りるために知っておくべきポイントをまとめました。

カーリースのメリットとは

メリット1.一定期間のみ契約出来る

オートリースはある一定期間、車を借りる契約をして毎月一定額でレンタル利用するというものです。新車の場合、車種や外装、内装など自由に選ぶことができるのも魅力です。

メリット2.経費として計上できる

企業がオートリースを利用するメリットは、月々のリース代を全て経費として処理することができる点です。利益の出ている企業では節税効果が期待できるというメリットもあります。

メリット3.修理や点検をリース会社にお任せできる

メンテナンス・リースというリース形態では、自動車税等の税金、法定点検や車検等の経費は、リース会社が負担します。大規模な整備があった場合でも使用者の負担はありません。故障の対応や車検の手続きもリース会社が行います。

メリット4.管理コストの削減

オートリースを利用すると燃料費以外の費用を、駐車場代を含めて固定化することができ、管理コストの削減ができます。複数台の車を使用している企業では車に関する管理コストの削減が大きくなります。

メリット5.提携会社の割引サービスがうけられる

リース会社によっては、提携するガソリンスタンドでガソリン代が割引になるサービスもあります。


カーリースのデメリットとは

デメリット1.事故が起きた時にはコストがかかる

事故などによる車を修理費用は利用者側で負担することです。一般に車両保険や任意保険は利用者側で加入する必要があります。

デメリット2.予想外のコストがかかる

また、車に大きな傷をつけた場合やリース期間で定められた走行距離以上に走ってしまうとリース満了時に差額を請求されることがあります。

デメリット3.違約金がある

これはどんな商品のリース契約にも言えることですが、リースの途中で解約すると解約金を払わなくてはならないので割高になります。

【まとめ】カーリースをうまく活用し、余計なコストを削減しましょう!

利益の少ない中小企業では、カーリースによる節税のメリットがあまり期待できません。購入時の大きな出費を回避できることを考えても、契約についての検討はしっかりしたほうがいいでしょう。短期的視野に加えて、中長期で見た際に購入が良いのか、カーリースが良いのかはじっくり検討すべき点です。

「自社に合ったカーリース業者は」「カーリースの魅力を比較しながら知りたい」とお考えの方も沢山いらっしゃいます。ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!全国のカーリース業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

相見積もりを取得して後悔のない業者選びを行いたいものですね。「アイミツ」でお待ちしています!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください