あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

定額制Web社内報サービスの評判と実態|14個のビジネスチャットツールを試したアイミツが徹底比較!

定額制Web社内報サービス トップページ
目次

社内における情報の共有化やコミュニケーションの活性化を促進し、業務の効率化を実現するツールとして、ビジネスチャットツールが注目されています。現在、ビジネスチャットツールとして数多くの製品が提供されており、それぞれが独自の特長やメリットを持っています。

今回は「社内報にかかる手間とコストを大幅に削減し、簡単・スピーディーに情報発信できる」と評判の高いビジネスチャットツール「定額制Web社内報サービス」の評価・評判やメリット、導入実績・効果や実際の効果的な使い方について、分かりやすく解説します。ビジネスチャットツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのビジネスチャットツールを厳選!

<総評>Web社内報を効率的に作成できるビジネスチャットツール

<総評>Web社内報を効率的に作成できるビジネスチャットツール

「定額制Web社内報サービス」は、社内報を専門に手がけてきた「株式会社エンカウント」が、さまざまな事例やニーズをもとに立ち上げた、新しいweb社内報サービスです。会社の理念浸透や優秀社員の紹介など、多種多様なコンテンツで社員の離職率改善にも役立てることができます。

さまざまなビジネスチャットツールの中でも、社内報の作成に特化した「定額制Web社内報サービス」は、シンプルな管理システムによって、社内報の作成にかかる手間とコストを大幅に減らし、簡単・スピーディに情報を発信できるツールになっています。

定額制Web社内報サービスの特長
  • 定額制で更新し放題のサービス
  • WebやPCに関するスキルや知識は一切不要
  • 原稿と写真データをサービス運営会社に送信するだけで、誰でも簡単にWeb社内報を作成できる
  • 読みやすいデザインと独自に開発したサイト構成
  • 印刷の場合と比較して、印刷費や配送コストを削減できる
  • 契約から運用まで、約1ヵ月とスピーディー

「定額制Web社内報サービス」の料金設定は「有料プラン」のみで、月額費用は10万円台からとなります(従業員数により異なり、200名以下の規模で月額15万8,000円です)。

他のビジネスチャットツールと比べてどうなのか

「定額制Web社内報サービス」は、特別なスキルがない人でも、テキストと写真を送るだけで簡単に社内報の作成・更新ができるサービスです。「定額制Web社内報サービス」には、次のような評価・評判が集まっています。

定額制Web社内報サービスの評価・評判
  • スキル不要で簡単に更新できる
  • 定額制なので、更新も気にせず無制限にできる
  • 契約をしてから実際の運用ができるようになるまで約1ヵ月。スピーディーに立ち上げができた
  • スマホやタブレットからも読めるので、気軽にアクセスできる
  • プロの校正担当者がチェックするので安心
  • データを送ってから3日で更新されるので、鮮度が高い

1.「定額制Web社内報サービス」の3つのメリット

1.「定額制Web社内報サービス」の3つのメリット

それでは、「定額制Web社内報サービス」を導入・運用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは3つに分けて説明します。

1-1. 誰でも簡単にweb社内報を作成できる

「定額制Web社内報サービス」では、特別な知識や技術は一切不要。原稿と写真を用意するだけで独自のシステムによって簡単に社内報を作成・更新できます。

担当者が行う入稿時の作業は、原稿素材となるテキストと写真をメールで運営会社に送信するだけなので、メールが使える方であれば誰でも利用できます。文字原稿はWordやExcelなどのデジタルデータ形式、手書き原稿の場合はPDF化したファイルを送信します。

1-2. 定額制なのでコスト面でも安心して使える

「定額制Web社内報サービス」の月額費用は10万円台からとなっており、社員数によって料金が異なりますが、更新回数などの制限がない定額制なので、必要に応じて社員に伝えたい情報を速やかに発信できます。

紙の社内報を配布する場合と比べると、印刷に関する費用や配送コストを大幅に削減できます。また、従来のweb社内報ではページ作成ごとに費用が発生していましたが、「定額制Web社内報サービス」は定額制料金システムのため、ページ数が増えても追加費用は一切かかりません。

1-3.運用まで約1ヵ月とスピーディに導入できる

契約から運用までにかかる期間は約1ヵ月。Web社内報をスピーディに立ち上げることができます。

「定額制Web社内報サービス」は、セキュリティが厳重な運営会社指定のサーバーで運用されます。導入する会社のweb社内報専用のアドレスを設定するため、社内のシステムなどを再設定する必要はありません。

2. 徹底調査でわかった「定額制Web社内報サービス」を使うべき人・会社

2. 徹底調査でわかった「定額制Web社内報サービス」を使うべき人・会社

紹介してきたメリットを踏まえ、「定額制Web社内報サービス」はどんな人や会社に向いているのか、具体的に説明していきます。

2-1. web社内報を導入し、簡単に社内の情報を発信したい会社

「定額制Web社内報サービス」は、特別なスキルは必要ないため、誰でも簡単に読みやすいデザインと構成のweb社内報を作成できます。

そのため、簡単に社内の情報を発信し、会社の考えや魅力について従業員にしっかり伝えたいという会社におすすめです。

2-2. 社内報にかかる費用を削減したい会社

紙による社内報の場合、印刷に関する費用や配送コストが必要になります。それに比べて、「定額制Web社内報サービス」でかかるコストは定額の月額費用のみで、印刷代や配送コストはかかりません。

ですから、「定額制Web社内報サービス」は、社内報にかかる費用を削減したいという会社におすすめのツールです。

3.「定額制Web社内報サービス」の料金プラン

3.「定額制Web社内報サービス」の料金プラン

「定額制Web社内報サービス」の料金プランは定額制で、従業員数により次のようになっています。更新回数の制限なく利用することが可能です。

【月額定額料金】
■200名以下:15万8,000円
■201~400名:18万8,000円
■401~600名:21万8,000円
■601~800名:24万8,000円
■801~1,000名:27万8,000円
■1,001~1,200名:30万8,000円
■1,200名以上:要相談

※初期費用:初回契約時のみ 10万円

4.「定額制Web社内報サービス」の導入実績・効果

4.「定額制Web社内報サービス」の導入実績・効果

「定額制Web社内報サービス」の導入実績や効果として、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは2つに分けて説明します。

4-1. 社内報担当者の工数を大幅に削減

「定額制Web社内報サービス」を導入することで、社内報担当者の工数を大幅に削減できます。本サイトへのアップまでの手順は次の通りです。

1.原稿・校正・コンテンツの流し込み
社内報担当者が作成・用意した文字原稿や写真を、運営会社でデザインフォーマットに配置・流し込みをします。プロの校正担当者が原稿内容の誤字や脱字をチェックするため、安心して任せられます。

2.テストアップ
入稿から一両日中を目途に、実際にレイアウトされた画面を仮サイトにアップします。

3.確認・本サイトアップ
仮サイトにて内容や動作環境を確認した上で、問題なければ本サイトへアップします。内容に急な変更などが発生した場合は、修正依頼をすることで対応できます。

4-2. 各種サポートを通して質の高いweb社内報づくりを実現

「定額制Web社内報サービス」では、次のようなサポートを通して質の高いweb社内報づくりをしていくことが可能です。

【企画立案】
社内報の発行目的や、会社の事業課題や組織課題などを把握した上で、企画内容、デザイン、構成、登場人物など、多岐にわたって詳細を提案します。

【ラフ案起こし】
ページ構成を手書きのラフスケッチでまとめます。レイアウトや写真素材などがイメージしやすいように注意して進めていきます。

【撮影】
プロのカメラマンが撮影します。撮影後も画像の補正などを行い、プロとしてのクオリティーを生み出します。

【原稿のリライト】
集めた原稿の中には、そのままの文章では読みにくいような原稿が出てくる可能性もあります。それを運営会社に所属するプロのライターや編集者が、従業員全てに伝わる分かりやすい原稿に作り替えます。

5.「定額制Web社内報サービス」の効果的な使い方

5.「定額制Web社内報サービス」の効果的な使い方

それでは、実際に「定額制Web社内報サービス」を導入する上で知っておくべき効果的な使い方をお伝えします。

5-1. イラストやマンガ、連動アプリで、より分かりやすい社内報に

「定額制Web社内報サービス」は、イラストやマンガ、連動アプリの制作にも対応可能です。従業員の家族にも会社の事業や仕事内容について分かりやすく伝えられます。

【イラスト・マンガ制作】
多数のイラストレーターが在籍しており、誌面の挿絵になるイラストデザインを行います。また、商品・サービスの開発秘話などをマンガ形式で親しみやすく伝えられます。

【連動アプリ制作】
プロの声優による社内報の朗読も可能です。視力が不自由な方も社内報を楽しめるツールを制作できます。

5-2. 表示内容やレイアウトを柔軟に対応可能

「定額制Web社内報サービス」で作成する「TOPページ」「記事ページ」では、それぞれ次のような内容を掲載できます。

【TOPページ】
■アーカイブ機能
・Archiveから過去の記事へアクセス
■TOP画像
・季節や掲載内容に合わせて変更可能
■各記事へのINDEX
・新着記事には「NEW」の文字を表示
・Web社内報から必要な記事を検索
・記事内の画像を表出させ、記事へリンク

【記事ページ】
■記事スペース
・見出し、本文、写真を好きな位置にバランスよく配置
・動画も掲載可能
・必要なデータへのリンク、他

5-3. 効果の可視化し測定することで、より良い社内報へと改善

「定額制Web社内報サービス」を使えば、効果を可視化し測定することができるため、社内報の改善が容易になります。

【読者の反応をチェック】
読者である従業員がいいと思ったらボタンを押せる機能や、感想・意見のコメント機能をつけるなど、コミュニケーションを図ることができます。

【効果測定】
社内報は継続的な効果が求められます。従業員にアンケートを実施して改善すべき点を調査するなど、さまざまなサポートが可能です。

【効果の可視化】
解析ツールを埋め込むことで、Web社内報へのアクセス状況を数値化できます。その状況により、新着記事をメールでも配信するなど、閲覧率の向上への施策を立てられます。

6. まずは見積もりなどの問い合わせを

6. まずは見積もりなどの問い合わせを

「定額制Web社内報サービス」には、無料プランが用意されていません。また「無料トライアル」についての記載もありません。webフォームからの問い合わせができるため、まずは見積もりや無料トライアル・無料デモなどができるかどうかを確認してみましょう。

【問い合わせの手順】
1.「定額制Web社内報サービス」の製品ホームページにアクセスします。
2.製品ホームページの下部にある「お問い合わせ」フォームに必要事項を記入します。
3.「送信」をクリックします。

7. まとめ

7. まとめ

今回は「社内報にかかる手間とコストを大幅に削減し、簡単・スピーディーに情報発信できる」と評判の高いビジネスチャットツール「定額制Web社内報サービス」の評価・評判やメリット、導入実績、効果的な使い方などを解説してきました。

「定額制Web社内報サービス」を導入することで、誰でも簡単に質の高いweb社内報を作成し、魅力あるコンテンツを従業員に向けてスピーディに発信できるようになります。

社内報に特化したビジネスチャットツールを利用したいと考えている方は、「定額制Web社内報サービス」を検討してみてはいかがでしょうか。まずは見積もりなどの問い合わせをしてみることをおすすめします。

ビジネスチャットツール会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
ビジネスチャットツール会社が
最短翌日までにそろう