Eight(エイト)VS Camcard(キャムカード)徹底比較|あなたに必要な名刺管理アプリはこれだ

Eight Camcard

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

Eight」と「CAMCARD」は、機能やサービスに共通点が多い名刺管理アプリ。スマホで撮影して名刺を登録したり、オペレーターが手修正してくれたり。似ているだけに、どちらを選んでよいか悩ましいかもしれません。
そこで、「Eight」と「CAMCARD」を徹底比較。名刺管理アプリ選びの悩みに、お答えします。

<総評> ビジネスSNSによる人脈構築なら「Eight」、充実した対応言語なら「CAMCARD」

<総評> ビジネスSNSによる人脈構築なら「Eight」、充実した対応言語なら「CAMCARD」

結論からお伝えすると、
ビジネスSNSによる人脈構築なら「Eight」。
充実した対応言語なら「CAMCARDをお勧めします。

こちらを参考にしながら、自分のニーズに合った名刺管理アプリを選びましょう。

名刺管理アプリはどこを比較すればいいのか?

名刺管理アプリはどこを比較すればいいのか?

機能、価格、サポート体制…。名刺管理アプリを選ぶ際には、多様な観点から比較するとよいでしょう。具体的には、以下のような比較ポイントが挙げられます。

1.名刺読み込み・データ化スピード
2.データ化された名刺情報の正確さ
3.名刺の検索
4.名刺情報の自動更新
5.名刺のグルーピング
6.名刺の共有
7.名刺交換相手とのメッセージ交換
8.ビジネスSNS
9.メモ機能
10.ペーパーレス名刺交換
11.CSV形式での書き出し/他社ツールとの連携
12.他社データの取り込み
13.対応言語
14.価格
15.UI/UX
16.実績
17.セキュリティ
18.サポート体制

「Eight」VS「CAMCARD」:機能は?評判は?いろいろな条件で比較してみました

「Eight」VS「CAMCARD」:機能は?評判は?いろいろな条件で比較してみました

先ほどご紹介した、18の比較ポイント。それを参照しながら、2つの名刺管理アプリ「Eight」と「CAMCARD」を比較していきましょう。

「Eight」VS「CAMCARD」:簡単な違いまとめ

Eight」と「CAMCARD」との比較結果をまとめました。
このあと、それぞれの比較内容をご紹介します。

名刺読み込み・データ化スピード「Eight」○「CAMCARD」◎

Eight」「CAMCARD」で名刺の読み込みスピードを比較。どちらも、撮影後数秒の速さです。読み込み後の名刺がデータ化されるまでのスピードは、オペレーターの手修正が入る「Eight」よりも、全自動の「CAMCARD lite」が速いです。

データ化までのスピードで並べると、このような順になります。
「CAMCARD lite(無料)」(最速)
 <「Eight企業向け(有料)」と「CAMCARD BUSINESS(有料)」
  <「Eight(無料)」

Eight」は、個人向け無料プランも企業向け有料プランもオペレーターによる手修正が入ります。そのため名刺によっては、1日以上データ化に時間がかかることがあるようです。 「Eight」で個人向け無料プランと企業向け有料プランとを比較すると、有料プランの方が短時間でデータ化。納期は確約されていないものの、有料プランは無料プランの約1/3の時間でデータ化されるようです。データ化までにかかる時間で、無料と有料との差別化を行なっているのが「Eight」です。

CAMCARD」のデータ化においては、無料プランではオペレーターの手修正はありません。有料プランには、オペレーターの手修正が入ります。 企業向けの有料プラン「CAMCARD BUSINESS」では、オペレーターによるデータ化までの時間は1日。あくまでも努力目標とのことなので、混んでいる時期にはもっと長くかかるようです。

データ化された名刺情報の正確さ 「Eight」◎「CAMCARD」○

データ化された名刺情報の正確さは、運用会社のオペレーターが手修正を行うか否かも大いに影響してくるでしょう。
Eight」無料・有料プランと
CAMCARD」有料プラン(CAMCARD BUSINESS)
にはオペレーターの手修正が入ります。ほぼ100%の正確さ
と言えるでしょう。

一方無料プラン「CAMCARD lite」は、自動文字認識のみでデータ化。「CAMCARD lite」のOCR文字認識率は,ほぼ90%と発表されています。ただ、実質60~80%といった評価もあるようです。自動認識率は向上しているとはいえ、オペレーターによる手修正にはまだ及びません。

以上でお分かりのように、名刺データ化のスピードと正確さとはトレードオフの関係にあります。どちらを重視するかが、名刺管理アプリ選びの重要なポイントの一つとなってくるでしょう。

名刺の検索「Eight」○「CAMCARD」○

名刺の検索機能が充実していれば、活用の幅は広がってきます。
Eight」と「CAMCARD」の検索機能はほぼ同等と言えるでしょう。

Eight」「CAMCARD」どちらも、氏名/会社名/役職名/Emailアドレスなどから一つを選んで、キーワード検索することができます。

名刺の情報の自動更新 「Eight」◎「CAMCARD」○

名刺交換した相手に、異動があった場合。通常は改めて名刺交換をするか何らかの異動情報が入らないと、一旦アプリに読み込んだ名刺情報を最新に更新することができません。

Eight」では無料プランであっても、それが可能。Eight」ネットワークで繋がっている相手であれば、プロフィール名刺情報が刷新されます。

CAMCARD」は有料プラン「CAMCARD BUSINESS」であれば、運営会社のオペレーターが人事異動情報を毎日チェック。登録名刺に新しい情報を上書きするかどうか、確認の通知が送られてきます。ただしこの人事情報はダイヤモンド社が提供するもので、一定の役職以上の人に限られます。ただ役員以上の名刺情報の最新化には、非常に役立つと言えるでしょう。

名刺のグルーピング 「Eight」○「CAMCARD」○

名刺枚数が多くなると、グルーピングは名刺整理においてどうしてもほしくなる機能。Eight」「CAMCARD」は、それぞれ「タグ」「ラベル」を使って名刺をグルーピングすることができます。

名刺の共有 「Eight」○「CAMCARD」○

会社の同僚や上司と名刺を共有できれば、名刺管理を顧客管理や営業活動にまで活用できるようになります。

「Eight企業向けプレミアム」では、社内のEightユーザーの間で、名刺を共有することが可能。同僚や上司が持っている名刺も検索できるようになるため、名刺が顧客管理や営業支援に活用しやすくなります。

CAMCARD BUSINESS」では、スマホから自分が持っている名刺を、どの「CAMCARD BUSINESS」ユーザーに共有するか。それを個別に、指定できます。ウェブ版なら、部門やチームごとに名刺へのアクセス権を設定できます。

いずれも無料プランは、個人向け。企業向け有料プランには、社内での名刺共有機能が備わっています。

名刺交換相手とのメッセージ交換 「Eight」○「CAMCARD」○

名刺を探す多くの理由は、「連絡先を知りたいから」ではないでしょうか。それなら名刺を探したあと、すぐにメッセージ送信ができれば仕事も効率化できそうです。

Eight」には「Eight」で繋がっている相手とメッセージ交換が可能。同様に「CAMCARD」も「CAMCARD」ユーザー同士でメッセージ交換することができます。 いずれも、相手が同じアプリユーザーであることが前提。利用範囲は限定されます。ただ社内で名刺を共有するときに、利用するとよさそうです。

メモ機能 「Eight」○「CAMCARD」◎

Eight」には名刺ごとに自由に記載できる、白紙メモ機能があります。

また「CAMCARD」のメモ機能は、さらに充実しています。訪問記録を残したり、音声や画像、動画を貼り付けることが可能。さらに「CAMCARD」のメモには、リマインダー設定やタグ追加。簡易SFA(営業支援)やCRM(顧客管理)として、活用することができます。

ペーパーレス名刺交換 「Eight」○「CAMCARD」○

いまや名刺交換も、ペーパーレスの時代へ。

Eight」では、オンライン名刺交換ができます。一度名刺交換した相手と「Eight」で繋がったあとに、相手のプロフィール名刺情報が更新された場合。手元の名刺も同期して、更新されます。2度目の名刺交換は、ペーパーレスで行えると言えるでしょう。

CAMCARD」には名刺レーダー機能があります。これを使えば、同じ場所にいる「CAMCARD」ユーザー同士で、瞬時に名刺交換を行うことが可能。また、QRコードでのスキャンもできます。
CAMCARD」のペーパーレス名刺交換は、初めて顔を合わせた時にも活用できる機能です。

ペーパーレス名刺交換の場面は、両者で少し異なります。いずれもペーパーレスで名刺交換できる、スマートな機能を持っています。

ビジネスSNS 「Eight」◎「CAMCARD」×

Eight」の最大の特長は、名刺で繋がるネットワークをビジネスSNSとして使えること。Facebookのような投稿や「いいね」のコミュニケーションも「Eight」上で可能です。
また「Eight」でつながると、相手の名刺の内容が変更された場合、通知が来るようになります。名刺情報を最新化できるだけでなく、相手の転職先を知ることも可能に。そこで新たなビジネスを、創出できるかもしれません。

一方、「CAMCARD」は、より名刺管理に特化したアプリ。独自SNSは持ちません。

名刺管理アプリに何を求めるかによって、このあたりの評価は違ってくるでしょう。

CSV形式での書き出し、他社ツールとの連携 「Eight」×「CAMCARD」◎

個人向け「Eight」にはCSV形式での書き出し機能がありません。これは、有料プランで対応しています。

CAMCARD」には、個人向け無料プランからCSV形式での書き出し機能が装備。CSV形式で書き出しができれば、Excelや他のツールで加工や活用ができます。名刺管理アプリ自体が多機能でなくても、汎用性はありそうです。 さらに「CAMCARD」は他社のCRMツールSalesforceやSugarCRM、Microsoft Dynamicsとの連携できます。「CAMCARD」は名刺管理に特化して、他のツールとうまく連携する戦略といえるでしょう。

他社データの取り込み 「Eight」×「CAMCARD」○

Eight」には、今のところデータ取り込み機能はありません。

ただ、企業向け有料プラン「CAMCARD BUSINESS」には、CSV形式でのデータ取り込み機能を装備。他社ツールからCSV形式でエクスポートしたデータを、「CAMCARD BUSINESS」にインポートすることができます。

対応言語「Eight」△「CAMCARD」◎

海外の取引先・多国籍の方と付き合いが多い方にとっては、対応言語機能も気になるところです。

Eight」に関しては、対応言語を公表していません。

CAMCARD」は中国のイントシグ社が提供している世界的な名刺アプリ。英語・日本語・フランス語・ドイツ語・中国語など、16カ国の言語に対応しています。グローバルビジネスにも活用しやすい、非常に便利な名刺管理サービスです。 現状、対応言語力に関しては「CAMCARD」に軍配が上がると言えます。

価格「Eight」◯「CAMCARD」△

これから名刺管理ツールを導入しようと考えている方にとって、もっとも気になるのは価格ではないでしょうか。
Eight」「CAMCARD」とも無料プランがあります。企業で本格的に名刺管理を行う場合は、どちらも企業向け有料プランが必要。ここでは社員100名の会社で企業プランを使う場合の料金を、試算してみました。

Eight」個人向けプランは、基本的に無料。
名刺データのダウンロードなどが追加された個人向けの有料プラン「Eightプレミアム」は、月額480円。年額で、4,800円です。
企業向け有料プラン「Eight企業向けプレミアム」の月額料金は、基本料金10,000円/社+400円xユーザー数 です。
社員100名の会社で使う場合、月額10,000円+400円x100ユーザー=50,000円となります。

CAMCARD」は個人向けプランも、基本的に無料で利用できます。ただし広告が、表示。広告を非表示にするだけの月額480円/年額5,000円という有料プランもあります。
企業向け「CAMCARD BUSINESS」には、IDごとに月額1,400円のスタンダードプランを用意。もしくは、月額2,200円のプロフェッショナルプランがあります。スタンダードとプロフェッショナルに機能的な差はなく、オペレーターに依頼する修正枚数によって選択が可能。 社員100名の会社で、オペレーターに月に20枚手修正を依頼する場合、スタンダードプランで月額1,400円x100=140,000円となります。

このように、企業向けプラン同士の価格比較では、「Eight」の方がリーズナブル。 なお、各社とも料金体系は頻繁に見直されています。常に最新の情報を確認するのが良いでしょう。

UI/UX「Eight」◯「CAMCARD」◯

Eight」は、シンプルで直感的にわかりやすいUIとなっています。
マニュアル不要で、すぐに使い始めることができるでしょう。

CAMCARD」は、使いやすさが考慮されたUI。
たとえば 名刺の横をタップすると、電話/グルーピング/メモ/名刺情報のシェアのアイコンが表示。「操作性がわかりやすい」と評判です。

実績「Eight」◯「CAMCARD」◎

Eight」のユーザー数は300万人を超えたと言われています。日本国内では最もユーザー数が多い、名刺管理アプリの一つです。その証拠に、豊富な事例情報が「Eight」サイトで紹介されています。

CAMCARD」の日本語サイトでもさまざまな事例を紹介。全世界に1億人以上のビジネスパーソンが利用しているという、ユーザー規模に驚きます。

いずれも、豊富な実績を持っている名刺管理アプリ。グローバルな観点では「CAMCARD」が、圧倒的な実績数を誇っているといえるでしょう。

セキュリティ「Eight」◯「CAMCARD」◯

名刺は、個人情報です。個人情報を扱う上で、セキュリティ対策面は気になるところでしょう。
Eight」、「CAMCARD」。いずれの運営会社も、第三者認証を受けてセキュリティ対策を行なっているので、安心して名刺情報を預けることができます。

Eight」における通信は、すべて暗号化。データを保管しているデータセンターも、セキュリティ審査機関から認定されています。 Eightを提供しているSansan株式会社は、プライバシーマークを取得。

CAMCARD」のすべての名刺は、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国にあるサーバーに保存。256桁のパスワードで保護しています。暗号化技術に関しては、銀行の情報セキュリティレベルと同等のものを使用しているようです。

サポート体制「Eight」△「CAMCARD」◯

Eight」では個別サポートは行なっていません。Eightサイトのヘルプを参照し、自分で対応するのが基本です。Eightサイトではヘルプ以外にも、事例情報も充実しています。サービスへの要望や問い合わせについては、Eightサイトフォームのみの受付。10:00-17:00の間サポートチームが、順次返事をするという対応となっています。

CAMCARD」をグローバルで提供している、イントシグ社。その日本総代理店として、ワウテック株式会社が日本国内の窓口になっています。問い合わせフォームからは、アカウント削除や名刺の復元、パスワード忘れなどの相談に対応。また「CAMCARD」サポートページでは、キャプチャした画面付きで操作方法を解説しています。 CAMCARD BUSINESS」については、ワウテックサポートセンターが対応。平日10:00-17:00に電話受付も行なっています。使用や操作方法などを、問い合わせても良いでしょう。

まとめ

まとめ

Eight」と「CAMCARD」を比較してみましょう。
ビジネスSNSで人脈構築を期待する人には、「Eight」。
充実した対応言語を求める人には「CAMCARDをお勧めします。

Eight」と「CAMCARD」は一般的な名刺管理アプリとしての機能に共通点は多いと言えます。ただ各々の強みや、無料/有料プランによって大きく違います。それは、わかっていただけたのではないでしょうか。

この比較を参考に、目的に合った名刺管理アプリを見つけていただきたいと思います。

他の正確性の高い名刺管理サービスをお探しなら

Eight」「CAMCARD」以外にも、魅力的な名刺管理サービスやアプリがあります。
それぞれの特長と合わせて、いくつかご紹介します。

HotProfile(ホットプロファイル)

HotProfile(ホットプロファイル)

Hotprofile」は、株式会社ハンモックが提供する名刺管理・営業支援ツールです。

業界で唯一、名刺管理・SFA・マーケティングの3つの業務機能が連動するサービスである「Hotprofile」。ビジネス向上に必要な機能が、オールインワンで包括されています。複雑な連携を行う必要がなく、面倒な入力作業を自動化。優良見込み客の自動発掘も可能です。

Hotprofile」の名刺データ化精度は99%。ユーザーがスキャンあるいはスマホアプリで撮影。送信した名刺画像をもとに、オペレーターが名刺情報を正確に入力します。名刺登録時に業種など企業属性を自動的に付け加えることで、営業活動で活かせるようデータベース化。手間をかけることなく名刺管理ができ、PCやスマホで名刺データを活用できます。

Hotprofile」を提供しているハンモックは、セキュリティ対策を生業にしている会社です。セキュリティ面で厳格さを求める方にも、安心できる名刺管理サービスと言えます。

名刺管理のメイシー

名刺管理のメイシー

株式会社もぐらが提供する「メイシ―」は、名刺管理に特化した名刺管理サービス。

メイシ―」の最大の特長は、溜まった名刺を送るだけでカンタンに名刺管理できること。名刺を「メイシ―」に送るだけで、時間・手間・労力のかかる名刺の両面スキャン・名刺データ入力を代行します。名刺が多すぎて数を数えるのも面倒な方には、ダンボールに名刺と送付票を同梱。名刺スキャン後、名刺の数も確認することができます。

メイシー」は初期費用0円。基本プラン月額1980円。業界最安値の低コストです。低コストなだけではなく、ITに詳しくない人にもわかりやすい画面設計。使いやすい操作感になっています。「メイシ―」はユーザーにやさしい操作感を追求し、開発に1年を費やしたようです。

溜まった名刺を郵送するだけで名刺管理可能な「メイシ―」。名刺管理基本機能のみというシンプルな機能性・使いやすさ。それに魅了されているユーザーが多数存在する、名刺管理サービスです。

SmartVisca (スマートヴィスカ)

SmartVisca (スマートヴィスカ)

Salesforceを代表とするクラウドベースのCRMやSFAを、世界15万社以上に提供している Salesforce.com。「SmartVisca」は名刺情報を正確にデジタル化。マーケティング・セールスにスマートに活用する、Salesforce専用の名刺管理サービスです。

「SmartVisca」は、名刺をスキャンまたはカメラで撮影します。簡単操作で正確かつ高速に名刺情報をデータ化。スキャンされた名刺情報を独自のOCR機能により、即時にSalesforceに取り込みます。OCRで認識できなかった情報はオペレーターが修正。名刺情報はSalesforce上に取り込まれ、その他のサーバーには残りません。
Salesforceに保存された名刺データはボタン一つで、登録や更新が可能。Salesforceモバイルアプリの利用で,いつでもどこでも名刺情報を活用することができます。
名刺管理ツール「SmartVisca」は、Salesforceユーザーにとっては必要不可欠なビジネスアイテムといえるでしょう。

もっと法人向けで正確性の高いサービスをお探しの方には「Sansan」

もっと法人向けで正確性の高いサービスをお探しの方には「Sansan」

法人向けの「Sansan」。そして個人向けの「Eight」を運営しているSansan株式会社は、クラウド名刺管理に特化したサービスを提供しています。

Sansan」は、名刺を企業の「価値ある資産」に変える法人向けクラウド名刺管理サービス。国内シェア81%・5年連続シェアNo.1。中小企業からネームバリューのある大手企業、官公庁まで、7,000社以上の導入・運用実績があります。

Sansan」の第一に挙げられる特長は、名刺情報の正確なデータ化です。専用スキャナーやスマホアプリで名刺をスキャンするだけで、名刺情報を簡単・正確に入力。OCR機能でスキャンされた名刺データを、オペレーターが手入力によって修正します。名刺管理の生命線である名刺データ化精度は、ほぼ100%です。

Sansan」は高いデータ化精度と圧倒的名寄せ技術により、社内すべての名刺情報を集約。データベースを構築し、全社の顧客接点を営業力向上に繋げます。また社内の接点も可視化。社内人脈を活かした案件の早期受注・戦略営業が可能になります。

クラウド名刺管理サービス国内トップランナーの「Sansan」。もはや高精度な名刺データ化・一括管理に留まりません。営業パフォーマンスを最大化させるツールとして、進化し続けています。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ