あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

徹底比較!法人携帯はスマートフォンとフィーチャーフォン(ガラケー)、どちらにするべき?【2020年最新版】

スマホとガラケー
目次

◆法人携帯の利用率はスマートフォン<ガラケー

MM総研が実施した「法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2015年度版)」によると、法人名義の携帯電話・PHS、スマートフォンのいずれかを従業員や役員などに「配布している」企業は72.6%%、「配布していない」企業は27.4%でした。
その内、携帯電話・PHSではなくスマートフォンを配布している企業は全体の35.6%で、法人利用における比率としては、スマートフォンよりもいわゆる「ガラケー」の方が多いという結果になりました。
実際、法人利用にはスマートフォンとフィーチャーフォンのどちらが向いているのでしょうか。
それぞれのメリットをまとめてみました。

◆スマートフォンのメリット

電車でスマホを見る女性

法人でスマートフォンを利用するメリットとしては、やはり機能の豊富さが挙げられます。
例えば、従来の携帯電話でPCでの閲覧を前提としたファイルを開こうとすると、閲覧できなかったり、閲覧できても見づらいといった問題がありました。
しかしスマートフォンであれば、いつでも・どこでもOfficeファイルやPDFファイルなどのPC向けファイルを閲覧することができます。

インターネットの閲覧もよりPCに近い環境になるため、外出先でも企業のホームページからニュースリリースを確認したり、SFAなどの社内システムを利用するといったことも可能になります。
また、取引先を訪問する際にも、道案内アプリや地図アプリを利用することができるのでアクセスがより簡単になります。

◆ガラケーのメリット

電話をする女性

一方、フィーチャーフォン(ガラケー)を利用するメリットとして、まず利用料金の安さが挙げられます。
Softbank、docomo、au(KDDI)の大手携帯キャリア3社で見てみると、通話料はスマートフォンで月額およそ2,700円、フィーチャーフォンでおよそ2,200円で、この料金にデータ通信料が加わる形です。
仮に社内で10台携帯電話を所持していたとして、フィーチャーフォンであれば、通話料だけで月額5,000円のコスト削減ができるというのは大きいですよね。

また、スマートフォンはPCと同等の機能を搭載しているだけに、不正アクセスによる情報漏洩の可能性がゼロではありません。
法人携帯としてフィーチャーフォンを選ぶ方の中には、「セキュリティ面のリスクが少ない」という理由を挙げる方も多いようです。
その他、機能がシンプルであるが故に通話がしやすかったり、スマートフォンに比べバッテリーが長持ちするというメリットも見逃せません。

◆結局、どっちを選ぶべき?

コスト面で比較すると、やはりガラケーに軍配が上がります。
スマートフォンの大きなメリットである「多様なアプリやPC向けの機能が閲覧・利用できる」という点に関しては、外出先で地図や資料を閲覧する必要がある場合だけ、プライベートで所持しているスマートフォンを使う…ということも可能なので、あまりこだわらなくてもいいかもしれません。
あなたの会社が価格面を重視するならフィーチャーフォン、機能面を重視するならスマートフォンの利用をおすすめします!

ビジネスフォン会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
ビジネスフォン会社が
最短翌日までにそろう