なるほど納得!経理アウトソーシングサービスを上手に使って経理+αの経営知識を身につけよう!

電卓とお札

更新日:2017年10月10日 | 公開日:2015年04月10日

単に会社運営の義務だった経理業務が、会社発展に伴って経営判断の重要な材料になってきます。
さまざまな指標を読みこなしたり、銀行への借り入れの書類を作成したり、それをもとに交渉をしたりといった本来の社長さんの業務を経理や財務の視点で的確にサポートするのが、下記のプロフェッショナル集団です。

したがって、記帳代行サービスのように値段の安さ、手軽さだけで選ぶと後から後悔します。
会社の所在地の近くにあることはもちろん、情報・通信メディア、建設・不動産、コンシューマー、製造、金融などアウトソース先によって得意分野が違ってきますので、そのあたりを確かめた上で依頼するようにすることがポイントとなってきます。

【北海道】経理アウトソーシングサービスなら「ザ・プロスタッフ」

【関東】経理アウトソーシングサービスなら「あかつき会計東京」

【中部】経理アウトソーシングサービスなら「クロスアロー」

【近畿】経理アウトソーシングサービスなら「レイ・システムズ」

【九州】経理アウトソーシングサービスなら「川庄会計グループ」

経理という事務作業から財務という経営判断へ

さて、各地に頼れる経理アウトソース会社がありますね。
米国では約80%の企業がホワイトカラー業務のアウトソーシングをしていると言われています。
国内においても約30%の企業が管理部門のアウトソースを行っているというデータもあり、中でも経理、財務業務はアウトソースが最も進んでいる分野と言えるでしょう。

経理業務の流れが確立してきて少し余裕が出来てきたら、今度は経営分析などの財務的な視点から自社の経営状況を判断することを勉強し始めても良いのではないでしょうか。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください