あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

【2019年最新】IEYASU(イエヤス)の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

IEYASU トップページ

更新日:2019年07月05日 | 公開日:2018年12月14日

IEYASUは東京都江東区に本社を置く、株式会社IEYASUが提供する勤怠管理システムです。会社設立は2016年7月。フレッシュな会社が運営するこのツール、勤怠管理システムとしては後発組の部類に入ります。しかしベンチャー企業を中心に、俄然注目を集めているのです。その秘密は何と言っても「使い勝手の良さ」と「コスパの良さ」。特に料金面のアドバンテージは大きく、最新型の勤怠管理機能を完全無料で使えてしまうのです。数ある勤怠管理システムの中でも、ベンチャー企業に特化したサービスを展開するのはIEYASUくらいでしょう。そのコンセプト・料金体系は、圧倒的な存在感を誇ります。今回はそんな大注目株のIEYASUを徹底解剖。その機能、メリットから、評判・実績まで、全て公開します。ベンチャー企業を立ち上げた方、資金に余裕のない方はぜひご覧ください。

<総評>「IEYASU」はベンチャー企業のための勤怠管理システム

<総評>「IEYASU」はベンチャー企業のための勤怠管理システム

どの勤怠管理システムにも、運営会社ごとに強みがあるものです。IEYASUの特長は、「ベンチャー企業のための勤怠管理システム」と表すことができるでしょう。
IEYASUは開発の際に、ベンチャー企業が必要とする機能を徹底精査。人事実務のスペシャリストが求めるものを、研究したのです。そのため、少人数で多くの人と関わるベンチャーならではの勤怠管理の課題を見事クリア。工夫が随所に盛り込まれているのです。
シンプルで使いやすく、現場が本当に必要とするシステムはあっという間に人気に火が付きました。GMO、インソースなどのIT関連会社、テレビ朝日映像、EASTエンターテイメント…。後発組にも関わらず、マスコミ関連会社からも絶大な支持を受けています。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

数ある勤怠管理システムのなかで、IEYASUは後発組ながら確実にシェアを広げています。その秘密は、ベンチャー企業に特化した専門性と破格の料金設定にあるようです。またシステム導入も簡単で、アカウントを作成したその日からシステムを利用することが可能。難しい設定も、料金交渉も必要なし。思い立ったらすぐに使える、手軽さが支持の輪を広げています。

まとめ表
IEYASU
総評 IEYASUはベンチャー企業のためのクラウド勤怠管理システムで、人事実務の専門家が本当に必要だと判断した機能だけを搭載した実力派のツールです。
機能 ★★★★☆ 4点
サポート体制 ★★★★☆ 4点
料金 ★★★★★ 5点
使いやすさ ★★★★☆ 4点
導入実績 ★★★★★ 5点
特徴 ベンチャー企業に特化
人事実務の専門家集団と共同開発
全ての機能が完全無料
メリット ICカードによる打刻管理・完全無料フリープランあり・管理しやすい日次勤怠
プラン名 フリー・ベーシックSプラン・ベーシックMプラン
対応デバイス PC・スマホ
使用をおすすめする会社の特徴 ベンチャー企業
無料プランを希望している
企業名 IEYASU株式会社
サービス開始日 2016年7月
導入実績 1000社以上

1.「IEYASU」の6つのメリット

1.「IEYASU」の6つのメリット

勤怠管理システムの新興勢力「IEYASU」。多くのベンチャー企業に支持されている秘訣は、IEYASUならではの特長にあります。一体どんなメリットがあるのか、一緒にチェックしていきましょう。

1-1. 完全無料フリープランあり!

IEYASUは、完全無料のフリープランがあります。費用をかけずに、勤怠管理システムを導入することが可能です。無料プランは機能制限はありますが、日次勤怠、承認・申請、CSVデータ出力などベーシックな機能については全部利用可能。タイムカードの勤怠管理に限界を感じているけれど、勤怠管理に費用をかけられない…という企業には、非常に使いやすいサービスでしょう。新しく立ち上げたばかりの会社は、資金に余裕がないのが普通です。売上のない時期は、いかに経営コストを抑えるかが企業存続の鍵となります。その中でこうした無料で使える最新型の勤怠管理システムは、会社成長の大きな味方となるでしょう。

1-2. 管理しやすい日次勤怠

IEYASUには日次勤怠機能があります。リアルタイムで従業員の勤務状況を、チェックすることが可能です。また勤怠情報は、管理者の画面で一覧できます。打刻忘れなどもすぐに見つけ出すことができるので、集計時に混乱に陥ることがありません。また、日時勤怠から得たデータをCSVで出力可能。給与計算ソフトとも、連動可能です。これにより、毎月の手作業の給与計算からも解放されます。

1-3. ICカードによる打刻管理

IEYASUは、Suicaなど交通系ICカードや社員証等を使って打刻をすることができます。ICカードリーダーは必要ですが、これにより本人認証と打刻の記録を同時に行うことが可能。未然に不正打刻を防ぐことができます。また、モバイル打刻も可能。IEYASU 打刻アプリ for Android、IEYASU 打刻アプリ for iPhoneなど打刻アプリを利用すれば、位置情報も記録できます。これにより直行直帰の社員の勤怠管理も、正確に行えます。

1-4. 豊富な勤怠レポート

IEYASUは、勤怠レポート機能も充実。月ごと、日ごとの勤務時間、勤務状況、休日・休暇取得等のデータを出力することができます。レポートはグラフや表で分かりやすく示されるので、社員の勤怠状況は一目瞭然。この機能により、管理者は労働時間の管理をより簡単に行うことができるでしょう。

1-5. 残業(36協定)アラート

IEYASUには残業(36協定)アラートがあるため、労基法遵守を徹底することができます。予め会社の規定に基づき、「対象勤怠」「対象期間」「アラート基準」「通知方法」を設定。管理者は従業員の勤怠状況をリアルタイムで確認することができ、三六協定の上限を超えた場合はアラート表示されるようになっています。この機能により、会社は常に法律に則った労務管理をすることが可能。働き方改革を進めたい企業にとっては、なくてはならない機能です。

1-6. 人事実務の専門家集団と共同開発

IEYASUはベンチャー企業に必要な機能に特化したサービスで、IEYASU株式会社が人事実務のプロフェッショナルと共同開発した勤怠管理システムです。人事・労務の専門家の視点から見て必要な機能が盛り込まれていることから、かゆいところに手が届く仕様になっています。また操作性にも徹底的に拘り、分かりやすいUIも相まって、非常に使いやすいと利用者にも好評です。IEYASU独自の機能のほとんどが無料プランに含まれており、予算に余裕のない新興ベンチャー企業からは特に高い支持を得ています。

2. 徹底調査でわかった「IEYASU」を使うべき人・会社

2. 徹底調査でわかった「IEYASU」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、IEYASUに向いている人、会社について解説します。

2-1. ベンチャー企業

IEYASUは、もともとベンチャー企業向けに開発された勤怠管理システム。搭載されている機能も、ベンチャー企業の勤怠管理に的を絞り必要なものだけを厳選。ベンチャー企業向けというとPCに慣れた人でないと使えないというイメージを持たれがちですが、IEYASUは誰でも使えることを重視。分かりやすいUI、シンプルな操作、豊富なレポート、抜群の経済性…。ベンチャーはもとより、それ以外の多くの企業からも支持されています。

2-2. 不正打刻をなくしたい

Suica、交通系ICカードや社員証…。IEYASUはこれらを使って、打刻と本人識別を同時に行うことができます。タイムカードなら、他人が代理打刻することもできます。しかしICカード、社員証は本人のものなので、不正打刻はそうできるものではありません。不正打刻の根絶をしたい企業には、断然おすすめです。

2-3. 予算に限りがある

無料プランがあるIEYASUは、予算に限りのある会社には最適のシステムです。ただ基本的な勤怠管理の機能はつかえるので、導入後はタイムカードと比べて勤怠管理が随分楽になったと感じることでしょう。月末の集計作業も、ぐっと楽になります。無料なので、気軽に試してみることができるのが良い点です。特に立ち上げたばかりの会社はまず無料プランを使い、会社が軌道に乗った段階で有料プランに乗り換えるのも良いでしょう。まずはお金をかけずに、勤怠管理システムを導入したい方におすすめです。

2-4. 働き方改革を進めたい

現在、政府与党が一体となって進める働き方改革。関連法案の改定が進む中、各企業も労働時間のルール変更に対応する必要があります。長時間労働の抑制、有給取得促進、適切な勤務間インターバル…。これらは喫緊の課題であり、システマティックな変革が求められています。IEYASUには残業レポート、36協定時間超過レポート、有給管理レポート、勤務間インターバル導入など、様々な機能があります。法令遵守ならびに現場の疲弊を防ぐ機能を搭載。法律改正にも対応しているので、昨今のめまぐるしい変化にも都度柔軟に対処。企業の働き方改革を、全面サポートします!

3.「IEYASU」の料金プラン

3.「IEYASU」の料金プラン

IEYASUの料金体系は以下の通りです。

・フリー…無料
社員数:人数制限なし
機能数:メールサポート、申請ワークフロー(届出)、有給休暇の自動付与、時間単位有給、勤怠アラート(36協定等)の機能は使えない
バナー広告:あり
データ保存期間:1年

・ベーシックSプラン… 月3,800円(税抜)
社員数:39名まで
機能数:制限なし
バナー広告:なし
データ保存期間:制限なし

・ベーシックMプラン… 月9,800円(税抜)
社員数:149名まで
機能数:制限なし
バナー広告:なし
データ保存期間:制限なし

・エンタープライズ… 月29,800円(税抜)
社員数:999名まで
機能数:制限なし
バナー広告:なし
データ保存期間:制限なし

※従業員千名以上の料金は、要問合せ。

4.「IEYASU」の導入実績・効果

4.「IEYASU」の導入実績・効果

IEYASUは、2016年のリリースながら普及スピードは破竹の勢いです。今や先発に勝るとも劣らないほど、注目を集める存在に急成長。メディアでも高く評価されています。IEYASUがここまで支持される理由は、何なのか?IEYASU人気の裏側に迫るべく、導入に踏み切った企業のその後をリサーチしました。

4-1. 福井自動車

福井自動車は東京都にある車の整備、保険、レンタカー、販売等のサービスを扱う会社です。以前は勤怠管理にタイムレコーダを使用していたものの、専用のインクリボンが廃盤になりました。将来的に同様の問題が発生することを懸念し、勤怠管理システムの変更を決意。IEYASUとの出会いは、インターネットで偶然見かけたのが始まりです。

導入の決め手はSuicaなどICカードが打刻に使える点。セッティングも簡単でPCにIEYASU勤怠管理のアプリを入れ、専用のカードリーダーを接続するだけ。従業員はカードをピッと通すだけで、打刻することが可能。大きな混乱もなく、タイムカードから移行ができました。

また、もう一つの決め手は雇用形態の変化。ちょうど導入時期に定年後の嘱託社員になる人、正社員でない働き方を希望する人などがいました。従来の働き方に変化が生じ、雇用形態が複雑になったことも大きな要因です。そんな中管理者は雇用形態が増えるほど勤怠管理が難しくなり、タイムカードによる管理では限界が生じます。
IEYASUは無料プランがあります。ダメなら元に戻せばいい、という気軽な気持ちで導入に踏み切りました。

導入後は、さまざまな社員の勤怠データを一覧で管理。負担は大幅に減りました。事務が効率化した分、本業に力を入れることができ、社内のコミュニケーションも大きく改善。

また、従業員の年代が若手から高齢者まで様々で、同じ社員でもIT力に天と地ほどの開きがあります。新しいシステムを導入するときには、全ての従業員に「便利でいいね!」と思ってもらうことが必要です。その点、IEYASUは操作も簡単で、画面も分かりやすい。そうした使い勝手の良さもあり、今では便利さを実感し、勤怠管理になくてはならない存在です。

4-2. ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズは「成長企業」と「優秀なIT人材」のマッチングサービスを提供。現在約1万6000名のIT人材と、約1200社の会社がサービスを利用しています。

急激な成長を遂げた裏側で課題となったのは、毎月の勤怠管理と請求書の発行です。その中で見つけたのがIEYASUが新たにリリースしたSES会社のための勤怠・契約・請求システム「IEYASU契約・請求」。これはIEYASUシリーズの1つで勤怠管理のほかに契約・請求も行えるサービスで、比較的最近リリースされたものです。サービス導入以前は、これらの事務作業は全てエクセル管理。企業の成長と共に扱うデータは膨大になり、属人的な管理は限界に達していました。勤怠・請求管理の自動化は、必然的な流れだったと言えるでしょう。

システム導入後は、勤怠管理がリアルタイムで出来るようになった点が重宝しています。欠勤がでたときの対応、働き始めの人に対する細かいケアなどはこうしたツールがあってこそできることです。またトラブルが起きそうになったときも、事前に対処できるようになったのも大きな収穫だと言えます。

5. まずは「IEYASU」の無料体験を

5. まずは「IEYASU」の無料体験を

IEYASUを導入した企業の感想を見ると、その後勤怠管理が想像した以上に効率的になった様子が伺えるでしょう。IEYASUはお試し制度こそないものの、完全無料のフリープランがあります。もし、現在の勤怠管理に限界を感じていたら、ぜひIEYASUを導入してみてください。使っても使わなくても0円。使わない手はありません。もちろん合わなければ、いつでもやめることもできます。これだけの条件がそろっているサービスはIEYASUくらいでしょう。どれにしようか迷っている方は、一度その使い心地を試してみることをおすすめします。

6. まとめ

6. まとめ

いかがでしたか?今回は新興勢力ながら、熱い注目を集める勤怠管理システム「IEYASU」について特集をしました。

IEYASUはベンチャー企業に特化した勤怠管理システムですが、他の業界からも多くの支持を獲得。ベンチャーとは縁もゆかりもない業界の方、PCに不慣れな方が使っても便利な勤怠管理システムなのです。
その理由はシンプルでな操作性、分かりやすいUIにあります。打刻については普段お使いのSuicaなど交通系ICカードを使って打刻可能。カードリーダさえ用意すれば、その日からタイムカード代わりに使うことができます。

月々の利用料金は無料のフリープランあり、ベーシックな機能はほぼ使うことが可能。有料プランに切り替えれば、最新型の機能をフル装備することもできます。まずは無料で使ってみて、必要に応じて有料プランに変えるのもOK。圧倒的なコスパの良さで、早くも業界トップクラスの地位に躍り出たIEYASU。
経営コストを抑えて会社を成長させたい経営者の方には、特におすすめの勤怠管理システムです。

“勤怠管理システム”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono