ジョブカンの評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

ジョブカン トップページ

更新日:2018年12月14日 | 公開日:2018年12月14日

「ジョブカン」は、東京都渋谷区に本社を置く株式会社Donutsが提供する勤怠管理システムです。この勤怠管理システムは、5名から1万名までの従業員数に対応可能。これまで導入した企業は、2万5千社以上です。東横イン、Weblio、ナムコ、JR東日本レンタリース株式会社、チャットワーク、ランサーズ、オウチーノ…。こうした有名企業も、続々導入に踏み切っています。数多ある勤怠管理システムの中でも、圧倒的な存在感を放っています!

これだけの支持を受けている秘密は、何なのか?今回そこを明らかにすべく、ジョブカンの評判・実態を徹底調査。その結果分かったメリット・デメリット、使うべき人、そうでない人を全て包み隠さずお伝えします。勤怠管理システムをお探しの担当者の方は、必見です!

<総評>「ジョブカン」は使いやすい勤怠管理システム

ジョブカンの評判と実態|15個の勤怠管理システムを試したアイミツが徹底比較!

勤怠管理システムを選ぶときに必要なことは、「優先順位」。欲しい機能はたくさんあると思いますが、それぞれのツールには強みがあります。自社にとって何が必要か分かると、自ずと相性の良いものを選ぶことができるでしょう。
ジョブカンの特長を一言で表すとしたら「使いやすい」勤怠管理システムです。すべての「働く」を支えるをモットーに開発されたこのツールは、誰でもサクサク使える仕様になっています。老若男女、正社員からアルバイトまで、いろんな従業員がいる会社でもOK。使う人を選ばない操作性は、ジョブカン最大の武器と言えるでしょう。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

ジョブカンは、基本的な勤怠管理機能は全て搭載。機能面で、他に劣る部分はありません。打刻方法が多彩で、一元管理が可能。また柔軟なシフト管理ができるので、どの業界でも重宝される仕様となっています。飲食業界、小売、サービス、医療・介護・福祉業界、メディア、教育、IT…。あらゆる業界で導入が進められており、評判も上々です。

特筆すべきは、医療業界特化機能があること。病院・クリニックの複雑なシフト作成にも、対応することができます。これは、他の勤怠管理システムにはない点だと言えるでしょう。内容はのちほど解説しますが、関係者の方はぜひ注目して頂きたいポイントです!

まとめ表
ジョブカン
総評 ジョブカンはITトレンド年間ランキング2018年勤怠管理部門第1位の勤怠管理システムです。
すべての「働く」を支えるをモットーに、使いやすさをとことん追求しています!
機能 ★★★★★ 5点
サポート体制 ★★★★★ 5点
料金 ★★★★☆ 4点
使いやすさ ★★★★★ 5点
導入実績 ★★★★★ 5点
特長 使いやすさ抜群!簡単なインターフェース機能が大好評
圧倒的な高機能!あらゆる業界に対応できる勤怠管理システム
無料プランあり!初期費用&サポート費用0円の圧倒的な低価格
メリット 豊富な打刻機能・便利なシフト管理機能・充実したサポート
デメリット オプションで費用がかさむ・拡張性が低い・料金体系が複雑
プラン名 無料プラン・有料プラン
対応デバイス PC・スマートフォン
使用をおすすめする会社の特徴 エラー打刻&不正打刻をなくしたい・長時間労働を抑制したい
導入実績 30,000社
企業名 株式会社Donuts
サービス開始日 2010年5月

1.「ジョブカン」の6つのメリット

1.「ジョブカン」の6つのメリット

ここからは、ジョブカンのメリットについて見ていきましょう。勤怠管理システムが次々リリースされる中、これだけの高い支持を得ているのには訳があります。多くの人に支持されている理由は、何か?その全貌に、迫ります!

1-1. 多彩な打刻機能

ジョブカンの打刻機能は、とにかく多彩。ICカード打刻、LINE打刻、Slack打刻、モバイルGPS打刻、指静脈打刻があり、自社に最も適した打刻方法を選ぶことができます。打刻はマルチデバイス対応なので、PCはもちろん、お手持ちの端末からでも打刻可能。外回りの営業社員もGPS機能を使えば、位置と時間を同時に記録できます。また指静脈の生体認証を使えば、不正打刻を撲滅することができるでしょう。現に導入した多くの企業から多様な打刻機能により、「打刻漏れ・不正打刻が激減した」との声が寄せられています。コンプライアンスを重視し、正確な勤怠管理を目指したい企業には断然おすすめです。

1-2. らくらく集計機能

従来のタイムカードによる打刻は、集計作業が一苦労。毎月の計算は、管理者にとっても大きな負担でした。しかし、ジョブカン勤怠管理には便利な集計機能を搭載。労働時間、休暇日数などの計測は全て自動で行います。単に集計をするだけでなく、36協定超過抽出などの機能も搭載。長時間労働を素早く見つけ出すことも可能です。また従来の勤怠管理は、残業時間をリアルタイムで把握できませんでした。管理者が気づいたころには、長時間労働が蔓延化。職場が疲弊しきっていることも、珍しくありません。しかしジョブカン勤怠管理を使えば、長時間労働の芽を早期に積むことが可能です。

1-3. 便利なシフト管理

管理者にとって、毎月のシフト作成は重要な仕事。その負担は、決して小さくありません。しかしジョブカンには、便利なシフト管理機能を搭載。システム導入後は、その悩みからも解放されるでしょう。なおシフト管理には、以下の機能があります。

・LINE シフト確認
・部下にメールを送りシフトを募集を促す
・夜間シフト対応
・確定シフト共有
・人員の過不足判定
・シフト自動作成機能

これだけの機能をフル活用すれば、シフトに関する負担を軽減することができます。

1-4. 充実したサポート

ジョブカンは導入時、導入後のサポート体制も充実しています。ユーザー用にジョブカンサポート窓口が設けられており、不明点があれば電話・メール・チャットで随時質問をすることが可能。また、システムについてはジョブカンのスタッフが設置・運用を行います。社内の管理者は、簡単な初期設定をするだけ。導入に際して専門的な知識は不要で、システム専任者がいなくても利用可能。中小企業でも、気軽に使うことができるでしょう。
操作に不安がある場合も、その都度サポートを受けることができます。最初の30日間は無料トライアルあり、無料期間中に使用を止めることも可能。まず一度使ってみてから、導入を検討できる手軽さも人気です。

1-5. ジョブカンシリーズとの連携

ジョブカンは勤怠管理以外にも、優れた点があります。たとえばワークフロー、経費計算、採用管理、労務管理、給与計算をジョブカンシリーズとして運営。これらのシリーズでは、データの共有も可能です。基本ユーザ情報とログイン情報を入力すれば、相互のデータを利用することができます。これにより全社的なマネジメントが可能と。あらゆるデータを会社の人事戦略・経営戦略に、役立てることができるでしょう。

1-6. 医療機関特化機能

ジョブカンの大きな特徴の1つは医療機関特化機能があることで、病院やクリニックの勤怠管理には特に強みを発揮します。機能の内容は以下の通りです。

・外出先で打刻可能
・複雑なシフトパターン、細かなインターバルに対応
・シフトの自動集計
・漏れのないシフト共有
・簡単・便利な休暇&残業管理

かゆいところまで手が届く機能が搭載されているので、医療機関の複雑なシフト作成も難なくこなせるでしょう。

2. 「ジョブカン」の2つのデメリット

2. 「ジョブカン」の2つのデメリット

ジョブカンには、優れた機能がたくさん搭載されています。多くのメリットがありますが、少なからずデメリットもあるようです。いくら良いシステムでも、自社のニーズにマッチしなければ宝の持ち腐れ。導入前は長所と同時に、短所もチェックしておきましょう。ここでは、ジョブカンの2つのデメリットを解説します。

2-1. オプションをつけると費用がかさむ

ジョブカンは、オプションごとに費用が追加されます。豊富な機能数を求めている人は、定価で機能数無制限で使えるツールを選ぶと良いでしょう。ジョブカンは機能制限ありの場合は、無料プランもあります。使い方次第ではリーズナブルに利用することもできますが、複雑な出勤管理をする場合は200円/1人。機能制限なしでシフト管理、休暇/申請管理、工数管理する場合は、各100円/1人かかります。管理項目が増えるほど料金が増すので、導入の際は最終的なランニングコストも視野に入れておく必要があるでしょう。予算に限りがある場合は、特に注意が必要です。

2-2. 拡張性が低い

ジョブカンは、クラウド型の勤怠管理システム。自社でシステムの構築をする必要もなく、導入に際して専門的な知識も必要ではありません。それだけシステム面は、運営会社に依存することになります。そういう意味では、拡張性は決して高くありません。ただし、勤怠管理データをCSVファイル型式でダウンロードできます。現在お使いの給与システムとの連携は、可能です。またジョブカンシリーズで、ワークフロー、経費計算、採用管理、労務管理、給与計算のシステムをリリース。これらを利用することで、会社のあらゆる管理業務の相当数をカバーできるでしょう。

3.徹底調査でわかった「ジョブカン」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「ジョブカン」を使うべき人・会社

ここまでジョブカンのメリット・デメリットについて見てきました。果たして、どんな人・会社が向いているでしょうか?ここでは、ジョブカンを使うべき人や会社について解説します!

3-1. 外回りの営業社員が多い

ジョブカンは多彩な打刻機能を持つので、外回りの営業社員が多い会社にはピッタリだと言えます。直行直帰組が多い会社は、とかく勤怠管理が複雑になりがちです。タイムカードを代理打刻するやり方では、正確性という点で課題が残ります。また代理打刻は不正打刻の温床となるリスクもあり、コンプライアンス上も問題の問題も抱えています。
その点ジョブカンは、打刻方法に様々な工夫が施されています。こうした問題も、一挙解決。打刻方法が多様で、モバイルからも打刻可能。さらにGPS機能もついていることから、時刻と位置情報を同時に記録できるのです。これにより外出先でも、しっかり働いていることを証明することができます。また、近日指静脈打刻がリリース予定。導入により全社的に、不正打刻を防止することができるでしょう。

3-2. 働き方改革を進めたい

ジョブカンは、働き方改革を進めたい人・企業にもピッタリのシステムです。その中でも特に長時間労働の抑制に力を入れたい企業には、またとないシステムでしょう。

従来型のタイムカードによる勤怠管理では、集計作業が全て手作業。残業時間の把握がどうしても遅れがちで、会社が気づいたときには長時間労働が常態化していることも珍しくありません。

しかし、ジョブカンは残業時間をリアルタイムで記録。三六協定の上限を超えた場合は、アラート表示されます。自動的に異常値検出をするため、長時間労働に対しすぐに対処することが可能。実際にシステム導入後に残業時間を大幅に減らすことに成功した企業も多く、実効性のある働き方改革を勧めることができるでしょう。

3-3. エラー打刻・打刻忘れをなくしたい

ジョブカンは、エラー打刻をなくしたい人・企業にもおすすめです。打刻管理は勤怠管理の要であり、給与計算、人事評価の重要なデータ。正確であることが、絶対条件です。しかし実際に打刻をするのは、一人ひとりの社員。どうしても、抜け漏れがでてしまいます。いくら注意をしていても、うっかり忘れを完全に防止するのは困難。管理上の一番の悩みの種、という方も多いことでしょう。

その点、ジョブカンはエラー打刻を防止する機能があります。打刻がない、本来のシフトの時間と打刻かけ離れているといった場合は、即座に異常をキャッチ。管理者にすぐに通報がいき、都度従業員に修正を促すことができます。この機能は、大変好評。導入後は管理業務が楽になったという声が多数寄せられています。

3-4. 病院・クリニック

ジョブカンは、医療機関特化機能があります。病院・クリニックには特におすすめです。
医師、看護師、薬剤師、医療事務、その他スタッフ…。病院・クリニックは多くの職種の人が、様々な雇用形態、夜勤を含む複雑なシフトで働いています。そのため、医療業界はあらゆる業界の中でも勤怠管理が難しい職場。ジョブカンを使えば、日勤・夜勤のシフトを自動的に管理。5分毎のシフト設定により、複数回の休憩も、簡単に設定することができるのです。
また、ジョブカンは多様な打刻方法を採用。訪問先でも、打刻できる点も好評です。

4.徹底調査でわかった「ジョブカン」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「ジョブカン」を使うべきでない人・会社

ジョブカンは様々なメリットがあり、向いている場合は業務効率化を相当進めることができるでしょう。しかし、中にはシステムが適していないケースもあります。ジョブカンが合わないのは、どのような人や会社なのでしょうか?

4-1. シンプルな料金体系を希望している

ジョブカンは、業界の中でもリーズナブルな料金設定。料金体系は、無料プランと有料プランに分かれています。有料プランの場合は、勤怠管理が200円/1人。さらにオプションを加えるごとに、料金が各100円/1人ずつかかります。また勤怠管理以外のジョブカンシリーズを利用する場合には、別途費用が必要。限定的な機能しか使わない場合は費用を抑えることができますが、豊富な機能を求めると料金がかさみます。シンプルな料金体系を希望する方は、別のツールも検討したほうがいいでしょう。

4-2. 将来的に自社システムと連携をしたい

ジョブカン勤怠管理は、クラウド型であるため拡張性は高くありません。そのため、既に自社に何らかの管理システムがあり、それと連携を目指している場合は、ジョブカンを避けたほうが良いでしょう。ただし、ジョブカンは自社システムとの連携に弱いだけで、シリーズ内で機能連携をすることは可能です。将来的にジョブカンシリーズで全ての管理することも視野に入れている場合は、導入を検討する価値は大いにあります。

5. 料金

5. 料金

ジョブカン料金プラン

・無料プラン
出勤管理…0円/月(機能制限あり)
シフト管理/休暇/申請管理/工数管理…0円/月(機能制限あり)

・有料プラン(税抜)
勤怠管理…200円/月(ユーザー1名につき)
シフト管理/休暇/申請管理/工数管理…+各100円/月(ユーザー1名につき)

なお、月額最低利用料金は2千円です。

6. 「ジョブカン」の導入実績・効果

6. 「ジョブカン」の導入実績・効果

様々な便利な機能を持つジョブカン。リリース以来これまでに8年間、システムを導入した企業は2万5千社にのぼります。オフィスから飲食、小売、医療…。ジョブカンは、多くの業種で取り入れられています。実際に導入した企業はどのような感想を持っているのか、その生の声を聞いてみましょう。

6-1. 株式会社キュービック

株式会社キュービックは、WEBメディアを運営する会社です。看護師の転職サイト「Coconas(ココナス)」や転職支援サイト「HOP!(ホップ」を始めとする十数個の運営。
ジョブカン導入以前は他の勤怠管理システムを利用していましたが、打刻方法はPC打刻のみ。また、当時はシフト作成機能がありませんでした。出勤時間、勤務時間が様々な学生インターンを多く抱えていたため、毎月のシフト作成が大きな負担に。加えて打刻漏れも多かったので、勤怠管理の取りまとめが非常に大変でした。

そんな折、社内でバックオフィスの生産性を高めるための業務改善プロジェクトが立ち上がりました。勤怠管理システム自体も、見直すことに。検討の結果、勤怠管理はじめ様々な機能がシリーズ化されている、ジョブカンの導入を決定しました。

導入後に驚いたのは、その多機能性。以前のツールの100倍細かい設定ができるので、インターンの出勤管理が飛躍的に効率的になりました。また電話サポートがあるので、不明点があればすぐに聞ける点も良かったです。

また、IC打刻も可能に。社外研修の際もいつもと同じように打刻が可能になったことで、打刻漏れが減りました。また、様々な働き方に合わせた勤怠管理ができるようになったことで、管理業務の負担も大幅に軽減されたのです。

残業時間管理も、リアルタイムで行えます。決めた時間内で働く意識が芽生え、システム導入後は生産性も向上。その点でもジョブカンの効果を実感しています。

6-2. 株式会社箱根湯本ホテル&箱根ベーカリー

株式会社箱根湯本ホテルは、「おもてなしのパン」を製造・販売している会社です。「おもてなしのパン」を販売する、箱根ベーカリー傘下は全部で6店舗。多くの従業員を抱えています。ホテル、ベーカリーという仕事柄、従業員の勤務時間、雇用形態が多様。勤怠管理は、かねてよりの課題でした。

システム導入の転機となったのは、川崎市に50人規模の新店舗をオープンすることが決定したとき。それまでも各店舗で店長がタイムカード集計、給与計算を行っていました。最悪朝4時まで作業をすることもあり、「やり方を変えないと現場が持たない」という判断になったのです。

「打刻機能やシフト管理機能があり、かつコスパが良かったから」。数ある勤怠管理システムの中でもジョブカンに決めたのは、それが理由です。また今後、ジョブカンシリーズで管理項目を増やせる点も、将来性を感じました。

システム導入後は、店長が管理業務に煩わされることがなくなりました。また集計作業も楽になったので、本業の接客に力を入れられるようになったのが一番の収穫です。さらに日にち単位で、売上人件費比率を確認。タイムリーに店舗間の比較を行い、データを経営戦略に活かせるようになりました。今はもっと機能を使いこなせるようになることを目標にしつつ、今後リリースされるシステムにも大いに期待したいと思います。

7. まずは「ジョブカン」の無料体験を

7. まずは「ジョブカン」の無料体験を

多くの企業に導入されている、ジョブカン。実際の利用者の声を見ても、導入後は勤怠管理の負担が飛躍的に軽減されることは間違いなさそうです。これまでの勤怠管理に限界を感じている方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。ジョブカンは最初の30日間は、全機能を無料体験できます。導入を検討している方は、一度その使い心地を実際に体験してみましょう!

8. まとめ

8. まとめ

ジョブカンの特集は、以上です。ジョブカンは使いやすく、それでいて多彩な機能を搭載している勤怠管理システム。多様な打刻方法、らくらく集計機能、便利なシフト管理、充実したサポート…と至れり尽くせりです。どの業界でも重宝される内容となっていますが、とりわけ医療機関では便利に使えるような仕様になっています。2万5000社に導入されているその実力を知るには、実際に使ってみるのが一番。最初は無料お試し期間があり、ぜひその便利さを一度体感してみることをおすすめします!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ