「ALFA-Palette」の評判と実態|徹底した比較・調査結果をご紹介!

ALFA-Palette トップページ

更新日:2019年03月12日 | 公開日:2019年03月12日

働き方改革が本格的に推進される2019年、正確な勤怠管理の実施はどの企業にとっても必ず成し遂げるべき重要な課題です。

しかし、人手不足の時代にあって、全ての管理業務をマンパワーだけで完璧に行うのは難しく、きちんと行うとすれば長時間労働でカバーしなければなりません。それでは本末転倒で働き方改革は遠のくばかりです。

そこで今、多くの企業で注目を集めているのが「勤怠管理システム」です。勤怠管理システムは社員の出退勤管理、データ集計を自動で行うことができるツールで、給与計算と連動させれば、これまでのような煩わしい集計作業をしなくて済むのです。また従業員の勤務状況をリアルタイムで確認できるので、働き過ぎていないか、予定通り勤務しているか、打刻漏れはないか、といったことがすぐに分かるのです。操作は簡単なのでタイムカードからの移行も難なく行うことができ、管理作業はほぼ自動化されるので、労使双方にとって画期的なシステムなのです。

実に多くのメリットがある勤怠管理システムですが、ここにきて多くの企業が導入に踏み切っていることもあり、多くの運営会社がこぞって勤怠管理システムをリリースしています。選ぶ方としては、沢山ありすぎてどれにすればよいか分からない…というのが正直なところですが、ベストの選択をするには1つ1つのサービスの内容をしっかり見て、比較検討することが重要です。

そこで、今回は数ある勤怠管理システムの中から「ALFA-Palette」をピックアップ。このツールは多くの企業から高い評価を得ていますが、実際のところはどうなのでしょうか?そのメリット、デメリット、実態、評判を徹底調査したので、その結果を余すところなくお知らせします!

<総評>「ALFA-Palette」は無駄なコストを作らない勤怠管理システム

ALFA-Paletteは東京都港区に本社を置くアルファテックス株式会社が提供する勤怠管理システムです。「つくるのではなくつくらないサービス」がモットーのこの会社は、勤怠管理システムも無駄なコストを作らないことに徹底的に拘り、あらゆる業務効率化を図れるよう、画期的な機能を数多く搭載しています。

できるだけ多くの人に使ってもらえるよう、導入が簡単なクラウド型を採用。業務効率化をはかるアプリケーションは、創業以来培ってきたノウハウが満載です。実際にシステムを導入するときには、各顧客が抱えている課題を解決できるよう、かゆいところに手が届く柔軟なサービスを提供しています。クラウド型にありがちなサービス内容が一律でない点はALFA-Paletteの大きな強みです。

搭載している主な機能は全部で5つ、タイムレコーダー、ワークフロー機能(交通費/経費計算)、店舗管理、請求書自動発行機能のWEB EXPRESS、医療業界向けのPalette Green、タイムレコーダー以外はALFA-Paletteならではで、書く機能に業務効率化を図れる工夫が盛り込まれています。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

ALFA-Paletteは他の勤怠管理システムと比べて、次にあげる点が特徴的です。

・交通費清算機能がある
ALFA-Paletteは交通費清算機能があり、各種申請&承認を全てWeb上で行うことができます。外回りの営業社員の多い会社では断然重宝します。

・店舗管理に適している
ALFA-Paletteは各店舗の勤怠データだけでなく、売上データもリアルタイムで本部に伝えられるので、多くの店舗を持つ会社でも楽に管理を行うことができます。

・医療現場に特化した機能がある
ALFA-Paletteは医療現場に特化した機能を提供しています。医療現場は勤務形態が不規則で独自の勤怠管理を必要としますが、それ以外にも物品購入など様々な雑用が求められる現場です。このツールは医療現場での物品購入を自動化する機能があり、現場の事務作業の負担軽減を目指したい方にはおすすめです。

まとめ表
ALFA-Palette
総評 ALFA-Paletteは交通費/経費精算機能が充実している勤怠管理システムで、バックオフィス業務の効率化を徹底的に実現します。
機能 ★★★★☆ 4点
サポート体制 ★★★★☆ 4点
料金 ★★★☆☆ 3点
使いやすさ ★★★★☆ 4点
導入実績 ★★★★☆ 4点
特徴 余計な業務を作らない
交通費経費精算機能が充実
医療現場の物品購入サポート機能アリ
メリット 簡単タイムレコーダで楽々出退勤管理
リアルタイムで店舗データを集計!
請求書業務の自動化を実現するWEB EXPRESS
デメリット オンプレミス型の提供はない
シフト作成&休暇管理機能がない
料金プランが非公開
対応デバイス PC・スマホ
使用をおすすめする会社の特徴 交通費/経費の精算作業に追われている方
請求書を発行業務を自動化したい方
企業名 アルファテックス株式会社
サービス開始日 2008年10月

1.「ALFA-Palette」の6つのメリット

ALFA-Paletteは他の勤怠管理システムにはない特徴がありますが、個性的であること以外にも、多くの企業に支持されている確かな理由があります。それは一体何なのでしょうか?その秘密を探るべく徹底調査をしたところ、次にあげる5つのメリットが判明しました!

1-1. 簡単タイムレコーダーで楽々出退勤管理

ALFA-Paletteは簡単なタイムレコーダー機能があり、出退勤記録を自動的に管理することができます。打刻はタブレット端末にICカードをかざすだけ。端末がICカードの個人情報と打刻時間を読み取り勤怠情報を記録します。記録した情報はインターネットを通じて本部に送られるので、情報は常に全社で共有されます。打刻に際して難しい操作は必要ないので、タイムカード代わりでも混乱なく導入することができます。人を選ばない高い操作性は多くの会社で取り入れる際の重要な要素であり、様々な従業員を抱える店舗ではきっと役立つでしょう。
従業員の勤怠管理の煩わしさに悩んでいる管理者の方には断然おすすめの機能です。

1-2. 交通費/経費精算 をするワークフロー機能

ALFA-Paletteは交通費/経費精算 をするワークフロー機能があり、社内のあらゆる申請を自動化して管理業務を簡略化することができます。これまで交通費/経費精算など各種申請は紙ベースで行うのが一般的で、全社員の申請をアナログ処理するのは管理者にとって大きな負担でした。また、外出先からは手続きができないので、手続きのために手間がかかる点も課題でした。しかし、この機能を使えば、各種申請~承認を全てWeb上で行うことができます。申請者や管理者が楽になるのはもちろん、経理担当者も仕分入力、会計処理も簡略化されるので、全社的に業務効率化を図ることができるでしょう。

1-3. リアルタイムで店舗データを集計!管理業務効率化

ALFA-Paletteは店舗ごとのデータをリアルタイムで集計する機能があり、管理業務を徹底的に効率化します。店舗がいくつもある会社の場合、本部は店舗ごとの売り上げや会計処理をする必要があります。また店舗側は売上の報告、仕訳伝票作成など、本部に対する報告作業に時間を割く必要があるでしょう。しかし、このツールを使えば、店舗の売り上げ、仕入れ、スタッフ管理などの情報を自動的に本部に転送することができるので、店舗側は報告のために使っていた時間を本業にあてることができます。また本部に送られてきたデータは自動集計されるので、本部側も集計作業に追われることはありません。これまで集計に使っていた時間を分析にあてることができるので、集めたデータを経営戦略にまで役立てることができるでしょう。

1-4. 請求書業務の自動化を実現するWEB EXPRESS

請求書業務の自動化を実現する「WEB EXPRESS」も注目すべき機能です。取引先が多い企業の場合、各種請求書や契約書などの発行業務も負担となります。帳票のコピー、押印、封入、郵送、投函など相手に届けるだけでも複数の作業工程があり、その全てを手作業で行うのは大変です。しかし、この「WEB EXPRESS」機能を使えば、各種請求書、契約書はPDFファイルにしてWEBで送信。相手は帳票をダウンロードすれば受け取ることができます。これにより、郵送に関わる時間、手間、送料などの各種コストカットが実現します。事務処理も迅速化するので、取引先企業に対してもスピード感ある対処が可能となります。

1-5. 医療現場の物品購入を自動化するPalette Green

ALFA-Paletteは、医療機関向けに物品購入を自動化した「Palette Green」も用意しています。医療機関では医療行為に使う様々な物品を日々購入する必要があります。万が一不足が生じれば医療行為が円滑に行えないため、物品購入作業は重要な業務です。しかし、その管理は決して楽ではありません。ALFA-Paletteはこうした医療機関独自の課題に注目し、独自機能のPalette Greenを用意。物品購入のペーパーレス化、申請から承認までのルール化、発注および納品を可視化してコスト管理&削減を目指します。伝票はデータ化されるので、必要なデータは初回以降も利用することができ、以後は事務作業も楽になります。物品情報も随時登録できるので柔軟な管理を行うことが可能です。

1-6. クラウドならではの低価格&簡単導入

ALFA-Paletteはクラウド型の勤怠管理システムであるため、低価格での導入が可能です。勤怠管理システムにはクラウド型とオンプレミス型があり、オンプレミス型の場合は、自社でシステム構築をするので一般的に初期導入費用が高額になり、数百万円単位の費用がかかることも珍しくありません。しかし、クラウド型の場合は運営会社がシステム提供を行うので、自社でシステム構築する必要がありません。そのため、導入費用が安く、資金に限りのある企業でも利用することができるでしょう。また、導入までの時間も短いので、できるだけ早く利用したい場合にも最適です。

2. 「ALFA-Palette」の2つのデメリット

ALFA-Paletteは店舗管理に特化した機能を備えており、多くの支店を持つ会社に特に適した勤怠管理ツールですが、同時にデメリットもあります。

2-1. オンプレミス型の提供はない

ALFA-Paletteはクラウド型の勤怠管理システムであり、オンプレミス型での提供は行っておりません。オンプレミス型は自社でシステム構築するので費用はかかりますが、カスタマイズが自在にできること、拡張性に優れていること、セキュリティ対策を自社の求めるレベルに調整できるなど、クラウド型にはない様々なメリットがあります。クラウド型は初期費用が安く、導入が簡単である点は先ほどお伝えした通りですが、運営会社がシステム提供をしているので、利用している間は毎月の利用料が発生します。長期間利用することを視野に入れている場合は、将来的に生じるランニングコストについても考慮する必要があります。また、外部サーバーを利用するのでセキュリティについて構造上の脆弱性が生じる可能性があることは否定できず、そうしたことが気になる場合は、オンプレミス型の製品を検討する必要があるでしょう。

2-2. シフト作成&休暇管理機能がない

ALFA-Paletteは優れた機能を多く持つ勤怠管理システムですが、シフト作成機能や休暇管理機能がありません。勤怠管理の中でも毎週、毎月のシフト作成や、従業員の各種休暇管理は管理者にとって負担の大きい作業です。従業員のシフト作成を自動化したい方、各従業員の休暇申請~承認の機能を併せ持ったツールを希望している方は、ALFA-Palette以外のツールが適しているでしょう。現在リリースされている勤怠管理システムの中にはそうした機能を搭載しているものも多くあるので、求める機能が備わっていない場合には別の製品を選ぶことをおすすめします。

3.徹底調査でわかった「ALFA-Palette」を使うべき人・会社

ALFA-Paletteは店舗の業務効率化に特に強みを発揮する勤怠管理システムです。このツールの特徴やメリットを最大限に活用できるのはどのような人、会社なのでしょうか?リサーチの結果、このツールを使うべき人、会社は次の4つに該当する方ということが分かりました。

3-1. 交通費/経費の精算作業に追われている方

ALFA-Paletteは交通費/経費の精算作業に追われている方には最適の勤怠管理システムです。外回りの営業社員の多い会社や、出張の多い会社では交通費&旅費の清算だけでも一大業務です。また毎日仕入れをする必要のある業界、接待の多い業界の場合は経費精算も負担の大きい作業です。しかし、ALFA-Paletteのワークフロー機能を使えば、清算業務は全て自動的に行うことができます。細かい条件設定もできるので、複雑な申請手続きも簡単な操作で行うことができます。

3-2. 毎月のタイムカードの集計を効率化したい方

ALFA-Paletteは毎月のタイムカードの集計を効率化したい方にも注目をして頂きたい勤怠管理システムです。タイムカードは簡単に扱えるので、現在進行形で多くの企業が出退勤管理に採用していますが、集計作業が大変なのが泣き所です。従業員の多い会社では特に負担が大きく、給与計算のときには社員数名がかりで何日も集計作業に取りかかることも珍しくありません。そのコストは莫大で、管理業務の中でもとりわけ改善を要する部分です。
しかし、このツールを使えば、出退勤時刻は自動的に管理されるので、システム導入以後は面倒な集計作業をする必要もありません。給与計算ソフトと連動させれば、給与計算をする必要もないので、勤怠管理に関わる作業はほぼ自動化できるでしょう。

3-3. 請求書発行業務を自動化したい方

ALFA-Paletteは請求書発行業務を自動化したい方にもおすすめです。取引先の多い企業や小売業では、請求書の発行はとくに重要な業務ですが、全て紙ベースで行っている場合は準備が大変です。また発送、投函まで含めると作業工程が多く、大きな負担となるでしょう。その点、ALFA-PaletteのWEB EXPRESSを使えば、請求書の作成、発送まで全てWEB化できるので、事務作業の負担軽減、郵送コストの削減を実現することができます。

3-4. 医療機関の経営者・管理者

ALFA-Paletteは医療機関の経営者・管理者の方には特におすすめです。このツールに搭載されているPalette Greenを使えば、病院内請求伝票は100%WEB化することができます。医療現場は日々多くの物品購入を行っていますが、その購買業務を全てペーパレス化できるので、業務を効率を大幅に改善することができるでしょう。部門別にデータを管理できるので、それぞれがコスト削減を意識しやすく、経営上のメリットも大きいと言えるでしょう。

4.徹底調査でわかった「ALFA-Palette」を使うべきでない人・会社

ALFA-Paletteは多くの人、会社に役立てることができる勤怠管理システムですが、中にはこのツールの利用が不向きというケースもあります。ALFA-Paletteが合わないのはどのような人、会社なのでしょうか。徹底調査の結果、次の2つに該当する場合は、別の製品の利用をおすすめします。

4-1. 拡張性の高い勤怠管理システムを希望する方

ALFA-Paletteはクラウド型の勤怠管理システムなので、拡張性はそれほど高くありません。自社システムとの連動を希望する方や、将来的に各種システムとの連携をお考えの方は、オンプレミス型の勤怠管理システムを導入することをおすすめします。もしくは、クラウド型でも勤怠管理以外のシリーズ製品が揃っているものを選ぶと、将来的にあらゆるバックオフィス業務を自動化することも可能となるので、そうした製品を選ぶと良いでしょう。

4-2. 相談前に料金詳細を知りたい方

ALFA-Paletteは料金をHP上では公開していません。料金プランの詳細が分かるのは相談後の見積段階なので、申込前に料金を知りたい方は別のツールを検討したほうが良いでしょう。

5. 料金

ALFA-Paletteの料金は非公開ですので、問い合わせが必要です。資料請求/問い合わせ/デモ申込はHPから行うことができます。

6. 「ALFA-Palette」の導入実績・効果

ALFA-Paletteのメリット、デメリット、使うべき人、そうでない人の特徴は大体掴んで頂けたと思いますが、実際に利用している人、会社はどのような感想を持っているのでしょうか?ここではALFA-Paletteを実際に導入した企業の様子をお伝えします!

6-1. 経費精算の自動化で業務効率化を実現/日本企画株式会社の事例

日本企画株式会社は情報処理サービスを提供している企業です。従業員数はおよそ700名、数多くの支店を持ち、また100ヶ所近くの取引先で従業員が働いています。

常に多くの従業員が複数拠点で働いていることから、交通費/旅費の精算の負担が大きく、全て紙で申請を行うと処理するまでに数日かかることもあり、管理上の負担をどう軽減するかが大きな課題でした。

そんな中、インターネットでALFA-Paletteを見つけ、交通費清算に強い勤怠管理システムであることから本格導入を決定したのです。

導入以後は、申請はタブレットやスマホから行うことができ、経理での入力も必要ありません。従業員も管理者も双方が楽になったという声が多数あがり、全社的な業務効率化を達成することができました。従業員が様々なところで働いても、申請のために本社に行く必要もなくなり、それだけ本業に打ち込めることから生産性の向上にも寄与しています。

6-2. 確認作業を減らし店長の負担を軽減/カンファーの事例

株式会社カンファーは神奈川県に5店舗を抱える和食チェーン店です。多くのアルバイトスタッフを雇用しており、店長は毎月タイムカードの集計をする必要がありました。集計業務の負担の大さは本業を圧迫するほどで、現場からITによる自動化を求められ、ALFA-Paletteの導入を決定しました。

ALFA-Paletteは従業員の勤怠データを自動集計する機能があるので、システム導入後は各店舗の店長は集計業務をする必要がなくなり、それ以外の業務に集中できるようになりました。再三行っていたチェックも必要なくなり、業務は大幅に軽減されました。

また、打刻、集計、給与計算まで全て自動化されたことから、その過程で不正が発生する余地がなくなり、正確な勤怠管理ができるようになったのも大きな収穫です。

7. まずは「ALFA-Palette」の無料体験を

ALFA-Paletteを利用している企業は、一様に導入後は交通費清算が楽になった、全体の業務効率が上がった、という感想を持っており、導入後は一定の効果を期待できそうです。

しかし、自社で合うかどうかは実際に使ってみないと分かりません。いきなり本格導入をすると、イメージと違う、ということもあります。

ALFA-Paletteではそうしたことがないよう、試用期間を用意しており、導入前に実際に試してみることができます。まずは見て、触って、使い心地を実感してください。試用環境の利用は無料で行っていますので、気軽に問い合わせてみましょう!

8. まとめ

いかがでしたでしょうか。ALFA-Paletteは交通費/経費清算の機能があるので、外回りの営業社員が多い会社では重宝します。また、店舗の人員配置や売上状況などはリアルタイムで本部に送信されるので、店舗管理に力を入れたい企業にもおすすめです。
ALFA-Paletteは隋時試用環境を提供しているので、本格導入前に実際に試してみることができます。興味のある方はぜひ気軽に申し込んで試してみて下さい!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ