勤怠管理システム「Gulf CSM 勤怠管理」の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

Gulf CSM 勤怠管理 トップページ

更新日:2018年12月14日 | 公開日:2018年12月14日

Gulf CSM 勤怠管理は、東京都江東区に本拠地を置く株式会社 ガルフネットが運営。これまで大手チェーンストア300社、2万店舗が導入を決定しています。とりわけ大手外食産業からは高い支持を得ており、業界の中でもダントツの実績です。外食・レストランはパート、アルバイトが多いことに加え、人手不足などから労務管理に問題を抱えがちな業界。勤怠管理も複雑で、様々な課題をクリアする必要があります。その中で選ばれる秘訣は何なのか?今回は、Gulf CSM 勤怠管理の評判と実態を徹底調査。その結果を、余すところなくお伝えします!

<総評>「Gulf CSM 勤怠管理」は福利厚生重視の勤怠管理システム

Gulf CSM 勤怠管理はどんなシステムか?と聞かれたら、福利厚生重視の勤怠管理システムという答えが最も適切だと言えます。従来の勤怠管理の機能といえば、もっぱら打刻のみということがほとんど。正確な出退勤時間を記録する以外の代物ではありませんでした。しかし、Gulf CSM 勤怠管理はその概念を根本から覆しました。打刻管理はもとより、長時間労働の抑制、人員不足解消、生産性向上、モチベーションアップまでカバー。従業員のパフォーマンスを、できるだけ向上させるようにフォローします。大手チェーンストアから高い支持を受けている理由は、その点にあります。まさに究極の勤怠管理システムと言えるでしょう。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

勤怠管理システムを導入する際は、複数のサービスをよく比較検討する必要があります。勤怠管理システムのベーシックな機能は、ほぼ変わりません。しかし得意とすること、カスタマイズの可否、サポートの有無はサービスによって異なるからです。
数ある勤怠管理システムの中でも、Gulf CSM 勤怠管理は福利厚生面には力を入れています。より働く人に寄り添ったシステムと言えるでしょう。会社の財産は人であり、従業員が元気でないと会社は成長しません。Gulf CSM 勤怠管理は長時間労働が発生しないシステム、人手不足にならない仕組みを構築。現場が疲弊しない、シフト作成を自動で行う機能を搭載しています。また、従業員を管理するだけでなく、一人ひとりのやる気を引き出す絶妙な工夫も施されています。その内容は他の勤怠管理システムにはない、実に魅力的なもの。一体どのようなものか、後ほど詳しく解説します!

1.「Gulf CSM 勤怠管理」の6つのメリット

多くの勤怠管理システムの中でも一際注目を集める「Gulf CSM 勤怠管理」。独自機能を搭載し、様々な属性の従業員を抱えている企業にとっては大変重宝するツールです。その理由は、次の6つのメリットにあります。

1-1. 社員ポイントでモチベーションUP

Gulf CSM 勤怠管理は、単なるタイムカード代わりではありません。離職予防と生産性向上には社員モチベーションUPが不可欠であるとし、社員ポイントソリューション制度を導入。勤怠管理データと評価ポイントを一元管理し、評価基準に達した社員にはスマホにポイントを付与しました。社員はそれを使って、ネットやコンビニでの買いものに利用できるのです。
人材が定着しない原因は不公平感、慢性的な人手不足が原因です。たとえば表彰制度は改革に着手しやすく、適正な評価を得られると満足感が得られます。社員ポイント制は評価を正当に分かりやすく行えるという点で、組織力強化を進める強力なツールとなり得るのです。またポイント還元は、すぐに買い物で使えます。お得感を感じやすく、社員のやる気をダイレクトに引き出す効果も期待できるでしょう。

1-2. 多様な働き方に対応

Gulf CSM 勤怠管理は、飲食業や小売業などにも使いやすいシステム。アルバイト、パートなど様々な雇用形態の人が働く職場でも使いやすい仕様となっているからです。たとえばシフト申請はアルバイト、パート社員自身が行えるようになっており、欠員がでたときにはスタッフの端末に応援要請を送ることも可能。人手不足でも店舗が回る工夫をしており、単なる勤怠管理に留まらず、働く環境改善を支援します。

1-3. 外国人雇用に必要な情報管理

国際化時代に伴い、多くの企業で外国人雇用が進んでいます。ただ、ビザの確認や労働期限の確認など、採用に際して多くのことに注意をしなければなりません。多くの外国人労働者を抱える企業では、その管理だけでも一苦労です。しかし、Gulf CSM 勤怠管理には就労規定を遵守するシステムが搭載。書類チェック、規律違反チェックを自動的に行うことができます。これにより、不法就労を根絶させることができるでしょう。またシステムは英語はもちろん、さまざまな言語にも対応。日本語が苦手な外国人でも、すぐに使いこなすことができるでしょう。

1-4. 不正打刻の防止

企業のコンプライアンス対策の重要性が叫ばれる中、Gulf CSM 勤怠管理は不正打刻を防止する仕組みも完備。打刻方法には生体認証(指紋・静脈)があり、本人確認をすることでアルバイトの不正な代理打刻を防止することができます。また生体認証以外のFelica・Mifareカード、パスワードによる打刻も可能。それぞれの職場で、最もふさわしい打刻方法を選ぶことができます。

1-5. 労務リスクの対策

働き方改革が課題となっている昨今、労務リスク対策も企業にとっては重要な課題です。Gulf CSM 勤怠管理では、上手にシフトの計画を組むことが可能。たとえば労基法違反が発生しそうな場合、労務アラートが表示される仕組みになっています。
また長時間労働予測は週単位、月単位で出すことが可能。勤務間のインターバルの管理も行うので、長時間労働を未然に防ぎます。さらに、従業員自身のセルフマネジメント機能も搭載。長時間労働に自ら気づく仕様になっています。

1-6. 「オンプレミス型 」or「 クラウド型」選べるエディション

Gulf CSM 勤怠管理は一般的なクラウド型勤怠管理システムと違い、クラウド型とオンプレミス型の2つのエディションから選ぶことができます。オンプレミス型は導入コストがかかりますが、自社システムとの連携が可能で拡張性の高さが大きなメリットです。予算に余裕があり、セキュリティを重視したい大企業にはオンプレミス型がおすすめです。導入コストを安く、システムサポートを依頼したい場合は、クラウド型がいいでしょう。このようにGulf CSM 勤怠管理なら、あらゆる規模感の企業に合うシステムを提供することが可能です。

2. 「Gulf CSM 勤怠管理」の2つのデメリット

どんな勤怠管理システムでもメリットがある反面、デメリットもあるものです。Gulf CSM 勤怠管理も、例外ではありません。次は、Gulf CSM 勤怠管理のデメリットについて紹介していきましょう。

2-1. 料金がHPで公表されていない

Gulf CSM 勤怠管理のデメリットは、料金が公表されていない点です。エディションだけでも2パターンあり、導入規模、機能、カスタマイズも様々。一律での料金設定が難しく、正確な料金を知るには見積をしてもらうしかありません。ユーザー1名あたり○百円といったような分かりやすい料金設定を希望している方には、不向きです。

2-2. 無料トライアルがない

Gulf CSM 勤怠管理は、無料トライアルがありません。とりあえ使い心地を試し、フィットしたら翌月から料金を支払う、といった使い方はできないのです。無料お試しはマストという場合は、他のシステムを選びましょう。ただし一度でも導入すると、その後もそのシステムを使う流れになりがちです。最初は無料でも、その後色んな機能をつけたら結局高額になってしまった…ということはよくあることです。必要機能数に対する利用額がいくらになるのか、最初の段階でチェックしておくことをおすすめします。

3.徹底調査でわかった「Gulf CSM 勤怠管理」を使うべき人・会社

Gulf CSM 勤怠管理を向いている人・会社について解説します。勤怠管理システムにはそれぞれ特徴があるので、自分に適したサービスを利用することが肝心です。Gulf CSM 勤怠管理を使うべきは、どんな人・会社なのでしょうか?

3-1. 多様な人材が働いている

パート、アルバイト、派遣社員、外国人労働者など様々な雇用形態、バックボーンを持つ人が働く会社。Gulf CSM 勤怠管理は、そうした会社におすすめです。雇用形態の種類が増えるほど、シフト管理も複雑になります。Gulf CSM 勤怠管理は、雇用形態ごとの設定も可能。シフト作成時に人手不足を認識し、人員配置を調整することができます。職場の疲弊を、未然に回避することができます。また外国人労働者の雇用の際に必要な書類チェック、就労ビザの期限の確認など、外国語対応も自動的に行うことが可能。外国人従業員を多く抱える会社には一押しのシステムです。

3-2. 生産性向上を目指したい

Gulf CSM 勤怠管理は、生産性向上を目指したい人・会社にも適しています。Gulf CSM 勤怠管理には他にはない社員ポイントソリューション制度があり、仕事の評価をダイレクトに社員にポイントで還元。そのポイントはすぐに使えるので、社員のやる気を上げるには効果的です。一人ひとりのモチベ―ションが上がれば、会社の生産性は確実にUPします。社員のやる気を引き出して、生産性を高め、活気ある職場を作りたい方はGulf CSM 勤怠管理の利用を検討してみましょう。また、従業員の人件費計算の機能も充実。人件費率、FL比率、営業利益率などもいち早く確認することができます。その都度労働生産性をチェックし、業務改善に役立てることが可能です。

3-3. 働き方改革を進めたい

働き方改革を進めたい人・会社にも、Gulf CSM 勤怠管理はおすすめです。働き方改革の骨子は、長時間労働の是正、時間外労働の規制であるはず。しかし気が付かないうちに労働基準法違反を犯している企業は、少なくありません。労基法遵守をするには、計画段階で気が付くことが肝心。シフト作成時には、法律をクリアできている必要があります。その点、Gulf CSM 勤怠管理は計画段階で長時間労働、休憩時間、休日数をチェック。違反があれば労務アラートが出される仕組みになっており、問題点の早期発見をすることができます。

3-4. コミュニケーション管理をしたい

「本部の指示が伝わらない」「店舗からのアイデアが本部に伝わらない」など、相互のコミュニケーションに悩んでいる方にもGulf CSM 勤怠管理はおすすめです。
Gulf CSM 勤怠管理は、本部で各店舗の情報を一元管理できるシステムを完備。プッシュ型の情報配信で本部の意向は、一斉配信することができます。また、店舗の履行状況もリアルタイムで確認。何か問題が発生した場合には、素早く業務改善を行うことができるでしょう。

4.徹底調査でわかった「Gulf CSM 勤怠管理」を使うべきでない人・会社

Gulf CSM 勤怠管理は、他にはないユニークな機能を搭載。ニーズにマッチしている人がいる一方で、ミスマッチの人もいます。Gulf CSM 勤怠管理を使うべきでないのは、どんな人・会社なのでしょうか?

4-1. 無料プランを希望している

Gulf CSM 勤怠管理のデメリットでもお伝えした通り、このサービスには無料プランがありません。ガルフネットでは、顧客の状況に応じたサービスを提案。会社のニーズに合わせてカスタマイズも行うため、無料で簡易サービスだけ提供するスタイルとは一線を画しています。したがって、「ごく簡単なシステムだけで事足りる」「無料のソフトで十分」という場合は、他の勤怠管理システムを使うことをおすすめします。

4-2. 最初はトライアルで試したい

Gulf CSM 勤怠管理にはトライアル期間がありません。勤怠管理システムの中には最初の何日間かは無料お試し使えるものもありますが、Gulf CSM 勤怠管理は最初から本格導入となります。そのため、とりあえず試してみて、そのあとで導入するかどうか検討する場合は、トライアルのある勤怠管理システムを申し込むことをおすすめします。

5. 料金

Gulf CSM 勤怠管理の料金は、HP上では公開されていません。まずはお客様の状況を、丁寧にヒアリング。利用人数、必要な機能などを見定めた上で、見積を出します。ただGulf CSM 勤怠管理は、これまで大手チェーンストア300社 2万店舗に導入されているので実績は抜群。ここで紹介した概要が自社に合いそうだと思った方は、一度相談をしてみることをおすすめします!

6. 「Gulf CSM 勤怠管理」の導入実績・効果

Gulf CSM 勤怠管理はこれまで大手チェーンストア300社、2万店舗の導入実績を誇る勤怠管理システム。ここではGulf CSM 勤怠管理を使っている企業の中から「株式会社 吉野家」と「株式会社ペッパーフードサービス」の事例をピックアップ。システム導入後に、どのような効果を感じているのかお伝えします。

6-1. 株式会社 吉野家

大手牛丼チェーンで外食産業のトップを走る「吉野家」は、Gulf CSM 勤怠管理を導入している企業の1つです。以前は多くの従業員を抱える中、店舗、キャスト、本部のコミュニケーションロスが経営上の大きな課題。それゆえ全員参加型の対話型勤怠管理システムの導入は、必然の流れだったと言えます。

勤怠管理システムの選定に当たって重視したことは「吉野家独自のカスタマイズ」「コミュニケーション」「外食産業での実績」です。この3つを満たすには、ガルフネットが最適であるとの結論に達しました。

ガルフネットの勤怠管理システムは、本部、店舗で情報共有できるインタ―フェースを提供。システム導入後は、コミュニケーション面での課題はクリアしました。吉野家は店舗数1000店以上、アルバイト含める従業員はおよそ2万人。シフト管理も大きな課題でしたが、コンセプトに沿ったシステム開発を熱心に進めた結果、全員参加型のカスタマイズに成功。導入以来現在まで、フラストレーションなくシステムは稼働、勤怠管理は飛躍的な効率化を遂げました。労務管理で問題を抱えがちな外食産業ですが、ガルフネット導入により吉野家は「雇用の約束を守る企業文化」を守り続けています。

6-2. 株式会社ペッパーフードサービス

ペッパーフードサービスは「ペッパーランチ」「いきなりステーキ」「牛タン仙台なとり」「こだわりとんかつ・かつき亭」「炭焼ステーキ・くに」などを経営する外食チェーン。以前は大手ベンダーにシステム周りを依頼していましたが、導入5年目にそろそろ変更かな?と思っていたところでした。そんな矢先、ガルフネットから基幹システムを含めた提案があり、Gulf CSM 勤怠管理導入を決定したのです。

まずは、他社のシステムと比較検討。ガルフネットにしたのは「コストが安い」「複数業態のカスタマイズ対応」「機能の多さ」が決め手となりました。現場からは「使い勝手が良くなった」と評判も上々。システムは納品して終わりではなく、現場の要望で随時カスタマイズを行っています。現在進行形で進化している点も、好評です。また、ガルフネットのヘルプデスク(ICTコンシェルジュ)の対応も良く、管理業務が軽減されたこと導入後の大きな変化。インターネット上の管理でありながらセキュリティ面も万全で、安心して利用できます。今後の海外展開の際も、ガルフネットと共に進出していけたらと考えています。

7. まずは「Gulf CSM 勤怠管理」の無料体験を

外食産業を始めとした大手チェーンから、絶大な支持を得ているGulf CSM 勤怠管理。大企業だけでなく、中小企業の勤怠管理も請け負っています。相談に対しては丁寧にヒアリングして、その企業にとって最も必要なシステムを提案。料金は見積次第ですが、導入後に管理コストが下がったという声も多いようです。コスパ重視の方も、一度相談してみる価値はあるでしょう。相談&資料請求のお問い合わせは、HPから行えます。まずは気軽に、相談をしてみましょう。

8. まとめ

Gulf CSM 勤怠管理のメリットとデメリット。実態や評判は、以上です。特に社員ポイントによるモチベーションアップは他の勤怠管理システムにはなく、従業員のやる気を引き出すユニークな機能。そのほかにも、労務リスク対策、外国人労働者の雇用対応、不正打刻防止などの工夫があります。これらの機能は、様々な雇用形態、属性の従業員が働く外食産業では、とりわけ高い支持を得ているようです。無料プランやトライアルはありませんが、その分ニーズを丁寧に汲み取り、その会社が本当に必要とする機能を提供。実際に他社からガルフネットに乗り換えた会社では、導入後に管理コストが下がったと言う会社もあります。実はリーズナブルに利用できる、お得な勤怠管理システムなのです。
勤怠管理に必要なコンテンツを、すべて搭載。Gulf CSM 勤怠管理は利用後に便利さを実感することはあっても、不便さを感じることはまずありません。福利厚生に力を入れ、従業員のモチベーションをUP。「会社を元気にしたい」。そんな方にぜひ使ってほしい、勤怠管理システムです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ