jinjer勤怠VSGulf CSM勤怠管理徹底比較|あなたに必要な勤怠管理システムはこれだ

コーヒーと資料やメモ帳

更新日:2018年11月22日 | 公開日:2018年11月22日

これから勤怠管理システムを導入するなら「出来るだけ沢山の機能がついているものがいい!」「勤怠管理だけでなくプラスαの機能が欲しい!」といったことを考えている方も多いのではないでしょうか?

今回紹介する「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」は多くの機能がついていることで評判のツール。打刻・休日申請、シフト管理などの基本的な機能はもちろん、社員のモチベーション管理といった機能も搭載されており、大手企業も続々と導入に踏み切っています。

今話題のこの2つの勤怠管理システム…導入するとどんなメリットがあるのか、また違いは何か…機能・料金・評判・実績などを徹底比較します!

<総評> 機能の豊富さ重視なら「jinjer勤怠」。プラスαを求めるなら「Gulf CSM 勤怠」。

「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」は概要を紹介します!

・様々な機能を使いこなせるなら「jinjer勤怠」

「jinjer勤怠」は株式会社ネオキャリアが提供するSaas型(クラウド)勤怠管理システム。勤怠管理=打刻管理という概念はもはや過去のもの。jinjer勤怠は労働時間の管理に加え、人事領域のデータを全て一元管理します。

人事データといえばこれまでブラックボックスというのが半ば常識でしたが、jinjer勤怠を導入することで、人事データを可視化し、人事戦略の最適解を導きだします。採用・勤怠・人材管理に必要な全てのデータを管理できるので、横断的マネジメントが可能となり、人事パフォーマンスは飛躍的に向上するでしょう。

ただし、これらの機能は使ってこそのもの。必要がなければ宝の持ち腐れになってしまうので、搭載している機能が自社のニーズに合っているかどうかよく検討する必要はあるでしょう。ニーズにマッチして機能を全て使いこなせる場合は、便利な事この上ないツールです。

・勤怠管理だけで満足いかないなら「Gulf CSM 勤怠管理」

「Gulf CSM 勤怠管理」は株式会社 ガルフネットが提供する勤怠管理システム。環境に応じてオンプレミス型とクラウド型を選択できるようになっており、様々な規模間の企業に対応している点が大きな特徴です。

このツールは勤怠管理以外にも様々な機能を求めている方に適しており、とりわけ企業のコンプライアンス向上を重視している方にはおすすめです。

特に法令遵守には力を入れており「働き方改革」の対策機能は業界トップクラスの充実ぶり。労務リスク軽減、多様な働き方、生産性の向上を三位一体で進めていきます。従業員の採用から退職までこれ1つでトータルマネジメント。長時間労働防止、人材定着など福利厚生に特に力を入れたい企業にはまたとないサービスです。

1.勤怠管理システム選びで押さえておくべき3つのポイント

ここからは勤怠管理システム選びのポイントを解説します。導入に際してチェックすべき点は使いやすさ、値段、導入の手間の3つです。それぞれの内容について詳しく見てみましょう。

使いやすさ

勤怠管理システムは全ての従業員が毎日使うもの。ですから「使いやすい」ことは絶対条件です。これまでタイムカードを使っていた場合、操作が難しいと打刻だけでも大混乱する可能性があります。特にPCやタブレットの操作に慣れていないスタッフを多く抱えている場合、ツールを使いこなせない人も出てくるでしょう。それゆえ、誰が見ても一目で操作方法が分かり、直感的に扱えるものを導入するのがベストです。また、管理者にとっては運用のサポート体制が充実しているかどうかも重要です。導入の際は従業員、管理者ともに使いやすいツールを選ぶようにして下さい。

値段

勤怠管理システム選びは値段も重要なポイントです。勤怠管理システムにはオンプレミス型とクラウド型があり、今回紹介している「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」は前者がクラウド型、後者はいずれかを選択することができます。一般的にオンプレミス型は導入費用がかさみますが、ランニングコストを抑えることができます。一方、クラウド型は導入費用は余りかからず、無料で利用できるプランもあるので基本的に経済的ですが、社員数・付帯機能によってはランニングコストが高くなることもあるでしょう。それぞれの会社によって、料金は月額プランで表示していることもあれば、1人当たり数百円など、利用人数で月ごとの料金が決まることもあります。どのプランが得かは雇用環境によっても変わるので、最もお得なプランを選ぶことをおすすめします。

導入の手間

勤怠管理システムは導入が簡単なタイプのものもあれば、導入に時間や人手が必要なタイプのものもあります。導入が簡単なのはクラウド型のシステム。クラウド型はインターネット環境が整っていれば、誰でも利用することが可能で、導入も非常に簡単です。一方、オンプレミス型は企業内ネットワークで管理を行うので、自社でシステムを構築する必要があります。導入に時間とコストがかかる点が課題ですが、自社完結なのでセキュリティ面を重視したい大企業を中心に導入が進んでいます。簡単に導入したい・できるだけ初期コストを抑えたい場合はクラウド型、セキュリティ対策に力を入れたい、自社にシステム管理のできる社員がいる場合はオンプレミス型を検討してみて下さい。

2.機能は?評判は?両者をいろいろな条件で比較しました

ここからはいよいよ本題、今回のテーマである「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」の内容を徹底比較していきます!料金、実績、機能、サポートなど気になるポイントを全部紹介します!

料金・サービス体系

料金・サービス体系で「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」の違いを見ていきましょう。
利用料金
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理○
UI
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
導入実績
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
拡張性
・jinjer勤怠○
・Gulf CSM 勤怠管理◎
アフターサポート
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎

利用料金

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理○

jinjer勤怠は料金体系はユーザー1人当たりで計算。月額300円〜/1ユーザーで、これ以外に費用はかかりません。初期費用も一切必要ないので、複雑な料金体系のサービスは避けたい方に適しています。登録人数ではなく利用人数に応じて金額は変わるので、支出も必要最低限で済む点は大きな魅力です。

勤怠管理ツールは一見リーズナブルでも、オプションを利用したら結局高くなった…というのはよくある話。しかし、このツールに関してはその心配はありません。料金面では大変おすすめできるシステムです。

一方のGulf CSM 勤怠管理の料金は「要問合せ」。料金についてはネットで公表はされていませんが、最初は無料トライアルがあります。料金詳細については見積で分かるので相談をしてみましょう。

UI

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
UIとはUser Interfaceのことで、利用者がサービスと接触する部分を指しています。製品が綺麗、分かりやすい、字が読みやすいなどの特徴があれば、UIが高いということになります。

jinjer勤怠は様々な機能が搭載されていますが、操作自体は非常にシンプルです。PCが苦手な方でも直感的に操作できるように工夫が施されています。打刻だけでなく、グラフ・表作成も簡単にできるので、事務作業も断然効率的になるでしょう。

Gulf CSM 勤怠管理は様々な業種で導入が進んでおり、多様化した従業員に対処できるよう、非常に使いやすい仕様となっています。特に外国人従業員を多く抱える企業でも使えるよう、英語対応をしており、語学に不安のある従業員も即日利用することができます。

導入実績

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎

jinjer勤怠はサービス開始以来、約5000社が導入。WOWOWエンタテインメント、株式会社アイ・トピア、All About、社会福祉法人ひまわり福祉会、愛知日産自動車、関西フードサービス株式会社、東京調剤センター、株式会社NewsTVなどあらゆる業種、中小企業から大企業まで多くの企業と多くの契約を結んでいます。

Gulf CSM 勤怠管理はこれまで大手チェーンストアを中心に300社・20,000店舗の導入実績があります。吉野家、丸亀製麺、庄や、はなまるうどん、かっぱ寿司、がんこフードサービスなど、多くの人が日常的に利用している大手外食産業で高い導入実績を誇っています。従業員が多く、シフト管理が困難な外食産業でこれだけの支持を受ける点だけ見ても、非常に優れたシステムを提供していることが分かります。

拡張性

・jinjer勤怠○
・Gulf CSM 勤怠管理◎
jinjer勤怠はクラウド型の勤怠管理システムであるため、基本的に機能面は事業者に依存することになるので、
拡張性はそれほど高くありません。しかし、提供される機能が多いので、不便だと感じることは少ないでしょう。

Gulf CSM 勤怠管理はクラウド型とオンプレミス型を選ぶことができます。オンプレミス型は自社でシステムを構築するため、拡張性には優れています。勤怠管理システムを自社用にカスタマイズしたい場合はオンプレミス型を選択することをおすすめします。

アフターサポート

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理○
injer勤怠はクラウド型のサービスのため、システム構築、サーバー運用は全て事業者が行います。そのため何かトラブルがあった際にも都度サポートを受けることができます。また、法律改正の際は事業者の側がシステム変更を行うので、利用者はバージョンアップするだけでOKです。

Gulf CSM 勤怠管理はクラウド型とオンプレミス型のいずれかを選ぶことができますが、クラウド型であればアフターサポートもしっかりと受けることができるでしょう。対するオンプレミス型は自社でシステム構築をするので、法改正などは自社で対応をしなければなりません。契約によってはシステムサポートを受けることはできますが、基本的には自社内にシステム対応出来るスタッフが必要です。

機能

jinjer勤怠は人事管理、勤怠管理、労務管理、給与システムとの連動、コンディション管理、マイナンバー管理、経費管理、採用管理、これらのを全て1つのプラットフォームで管理します。

Gulf CSM 勤怠管理は勤怠管理に加え、コンプライアンス強化を支援する機能が充実しています。勤怠管理、給与計算、シフト管理、雇用契約、労働基準法チェック、外国人労働者管理、英語対応など働き方改革に対応できる機能が満載。合理的な勤怠管理と福利厚生サポートで、人材の定着・離職率の低下を目指します。

給与計算
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
生産性の測定
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
長時間労働の抑制
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
有給休暇や休日の設定
・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎

給与の計算

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
jinjer勤怠は各社の給与システムと連携できるよう、給与計算ソフト用にデータをCSV出力することができます。給与計算ソフトを導入している会社であれば、簡単に勤怠データを給与に反映させることができるでしょう。
Gulf CSM 勤怠管理も給与計算システムとの連携が行き届いています。必要に応じて事前に日数、時間の出力項目作り、連携ファイルを作成することも可能です。
いずれも自社の給与計算ソフトと連携できるので、ツール導入後はより便利になるでしょう。

生産性の測定

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
jinjer勤怠は生産性を測るために、労働時間の他、ワークフロー管理、予実管理など様々な機能を搭載しています。また、仕事の能率を上げるには従業員のモチベーションが鍵を握ります。このツールにはエンゲージメントアラート機能があり、AIがモチベーションが低下している社員をいち早く発見します。また、生産性向上のためには「Work(仕事)」だけでなく「Vital(活力)」が必要であるとの考えから、「jinjer ワーク・バイタル」によってコンディションの定点モニタリングを実施しています。従業員の心身の変化を見逃さないことで、抜本的に生産性を高めていきます。

Gulf CSM 勤怠管理はコミュニケーション管理に力を入れており、本部が店舗の履行状況を随時チェックして一元管理。併せて生産性測定も行います。また、全社的な勤怠不正の可視化、モチベーションUPのポイント制度も導入することで、生産性を高める工夫をしています。

長時間労働抑制

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
jinjer勤怠は長時間労働抑制機能も充実しています。月・週ごとに労働時間を集計し、三六協定に違反した場合の異常値検索機能もついています。平均残業時間ランキングのデータも出せることから、是正の必要のある人をピンポイントで割り出すことが可能です。

Gulf CSM 勤怠管理はコンプライアンス対策で名高いだけあり、長時間労働抑制も万全です。適切な人員配置、計画段階での労務アラート、長時間勤務予測・インターバルアラート、労働時間のセルフマネジメント機能など、長時間労働を防ぐために二重、三重の仕組みを作っています。

有給休暇や休日の設定

・jinjer勤怠◎
・Gulf CSM 勤怠管理◎
jinjer勤怠は年次有給休暇設定、振休・代休設定、半休・時間給設定などが自動付与/一括付与できるようになっており、休日管理をするには非常に便利な仕様となっています。

Gulf CSM 勤怠管理は休暇管理の一元化しており、有休・特休・公休・振休の休暇種別に、取得日数、残日数を管理します。また、飲食店などパートタイム労働者の多い業界でも、雇用形態別に休暇日数の算出方法をカスタマイズすることができます。

4. まとめ

いかがでしたか?

大手企業から中小企業まで、業界を問わず大きな支持を得ている「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」の特徴を比較しました。

いずれも従来の勤怠管理にはない画期的な機能を搭載しており、打刻管理、シフト管理、出退勤管理、人事管理、労務管理、労基法対策までマルチ対応。また給与計算ソフトと連動しているので、面倒な集計作業をする必要はありません。また、それぞれ従業員のコンディションやモチベーション管理までできるので、その点は他の勤怠管理システムと比べても非常に優れています。

jinjer勤怠は人事データを可視化して企業戦略に生かせるのが特徴。あらゆるデータを1つのプラットフォームで一元管理するので人事パフォーマンスは飛躍的に向上するでしょう。また、利用料金がシンプルで価格も業界最安値級。これまでの導入実績も申し分なく、充実した機能、導入実績、コスパの良さ、全てを求めている方には最適のシステムでしょう。

Gulf CSM 勤怠管理は生産性の向上と労務管理、コンプライアンス向上に力を入れているのが特徴。長時間労働の抑制、全社的な勤怠不正の可視化、不正打刻防止、外国人労働者の就労管理など、様々な工夫が施されており、多様な人材が働く職場で導入が進んでいます。また勤怠・労務管理だけでなく、ポイント制度を導入することで、従業員のモチベーションUPをはかり生産性を向上させます。

どちらも甲乙つけがたいほど優秀で、いずれを導入しても従来の勤怠管理とは比べものにならないほど、業務が効率化することでしょう。ニーズ、コスト、機能をよく見比べて、自社に合ったシステムを導入して下さい!

5. 他の勤怠管理システムをお探しなら

今回は「jinjer勤怠」と「Gulf CSM 勤怠管理」について紹介してきましたが、他にもユーザーから同じくらい高い評価を得ているものがあります!最後におすすめの3つの勤怠管理システム「ジョブカン」「バイバイタイムカード」「キングオブタイム」を紹介します!

「ジョブカン」

ジョブカンは株式会社Donutsが提供する勤怠管理システムで、これまで8年以上・合計2万5千社の導入実績があります。オフィス、飲食、医療業界、小売、サービスなどあらゆる業界で導入が進められ、多彩な打刻機能、効率的な休暇管理、給与ソフトとの連携に加え、様々な業界に対応する独自機能を搭載しています。特に医療機関特化機能はジョブカン独自のシステムで、クリニックに特化したシフト作成作りをしたい方にはおすすめです。

「バイバイタイムカード」

バイバイタイムカードは株式会社ネオレックスが提供する勤怠管理システム。出退勤記録とデータ集計を一元管理することで、従来のタイムカードによる勤怠管理を一変させた業界の革命児。大企業がこぞって導入しているのが特徴で、西武グループやイケアジャパン、キャメル珈琲といった企業で10年以上利用されており、信頼・実績ともに抜群。打刻管理、休暇管理、インターバル管理、三六協定管理など、勤怠管理に特化したシステムを希望する方におすすめです。

「キングオブタイム」

キングオブタイムは株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する勤怠管理システム。リリース以来、ユーザーの要望を取り入れ、法改正の度にバージョンアップに努めてきたこともあり、勤怠管理に必要な機能はほぼ全て搭載しています。多彩な打刻機能に加え、シフト管理、管理者権限、休暇管理、申請承認、アラート警告、勤怠状況確認などの機能は完備。給与ソフトとの連携も可能です。機能数の多さと実績を求める方に適したシステムでしょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ