【2019年最新】経費精算システム15個を厳選比較|今1番おすすめの経費精算システムはこれだ!

スマホの電卓とクレジットカードとレシート

更新日:2019年01月10日 | 公開日:2019年01月10日

領収書の保管・整理、申請書の回覧・チェック、経理処理など、従来の経費精算プロセスは、多くの人的リソースを必要とし、膨大な業務コストを生み出すなど、様々な課題を抱えていました。

現在、これらの課題を解決するために、多くの企業が経費精算の合理化への取り組みを本格化させており、重要なツールとなっているのが「経費精算システム」です。

SaaS型が主流になりつつある経費精算システムは、スマートフォンアプリでプロセスを完結できるシステムも数多く登場しており、市場には数多くのサービスが存在しています。様々なシステムがあるからこそ、自社に最適な経費精算システムを選択するのが簡単ではないと言えるでしょう。

今回は、悩める担当者に向けて、経費精算システムの主要サービスとも言える15システムをピックアップし、それぞれの特徴や機能の解説をはじめ、経費精算システム選択のポイントを紹介していきます。

経費精算システムとは?

経費精算システムとは?

まず経費精算システムとは、紙の申請書でやり取りされていた経費データをひとつのデータベースで一元管理し、申請者・承認者・経理担当者で共有することで、業務効率化を実現するシステムのことを指します。

経費精算システムを活用することで、申請書作成に時間と手間がかかる、物理的な紙のやり取りで承認が遅れる、経理担当者が申請書の内容を会計システムに手入力するといった、従来生じていた二度手間や時間のムダを省くことが可能です。

これまで、経費精算に投入していた人的リソースをコア業務へ割り振れるようになり、目に見えにくい業務コストを削減しつつ、労働生産性を向上できるのが導入のメリットと言えるでしょう。

また、経費精算システムの導入効果を最大化するには、データ入力の自動化・省力化、スムーズで円滑な承認プロセス、会計システムとの連携などが重要です。これらを実現するには、スマートフォンを活用した時間と場所を問わない経費申請・承認が必須であり、SaaS型が主流となっている要因ともいえます。

経費精算システムを選ぶポイント

それでは次に、異なった特徴や機能を持つ経費精算システムから最適なものを選択するために、知っておくべきポイントを解説します。

経費精算システムを選ぶポイント

目的で選ぶ

経費精算システムの導入するために最も重要なのは、自社が抱える課題を洗い出し、合理化したい目的を明確にすることです。

たとえば、何よりも従業員の経費申請書作成にかかる手間を削減したいなら、データの自動入力機能が充実した経費精算システムが必須であり、空いた時間に快適に入力できるスマートフォンアプリの用意されたシステムがベストです。この場合でも、交通費精算や経費精算を合理化したいのか、出張精算を合理化したいのかによって最適なシステムは異なります。

もちろん、経費精算システムに求められる企業ニーズはさまざまあり、会計ソフトとの連携を重視したい、外部サービスとの連携を重視したいなどのケースもあるでしょう。自社の目的に沿ったシステムを選択すれば、大きな導入効果が期待できます。

形態で選ぶ(クラウド・パッケージ・スマホアプリ)

経費精算システムには、ERPから経費精算機能を独立させたオンプレミスのパッケージ型、クラウド環境で完結できるクラウド型、より使い勝手が重視されたスマートフォンアプリ型があります。

強固なセキュリティが担保できるが、初期費用が高額になるパッケージ型。初期費用は抑えられるが、月額費用を考えると最も費用が発生する可能性があるクラウド型。など、それぞれの形態によってメリット・デメリットは存在します。

そのため、上記で説明した目的とあわせて、自社の予算や課題からどの形態の経費精算システムを導入すべきか検討してみましょう。

迷ったらコレ!オススメの経費精算システム4選

それでは実際におすすめの経費精算システムを紹介していきます。
まずは、どんな企業にもおすすめできる主要な経費精算システムです。

楽楽精算

楽楽精算 トップページ

https://www.rakurakuseisan.jp/

「楽楽精算」は、4年連続累計導入社数No.1獲得しており、中堅・中小企業で50%にもおよぶシェアを誇るなど、圧倒的な支持を得ているSaaS型経費精算システムです。

スマートフォンアプリこそ用意されないものの、SaaS型であることのメリットを活かした、経費申請に時間と場所を問わないという利便性を実現しており、充実した基本機能と低価格な月額料金という魅力を併せ持つのが特徴です。

シンプルな経費精算システムを求める企業はそのままで、より高機能を求める企業には豊富なオプションで対応できるのも魅力です。オプションは、電子帳簿保存法を実現するファイル添付機能、交通系ICカードとの連携、業務システムとのシームレスな連携を実現するAPI機能など豊富な用意されています。

また、初期費用10万円以外に必要なのは、50ユーザーまでが利用できる月額料金の3万円のみ。ユーザー追加も50ユーザーごとに月額料金が1万円追加されるだけです。シンプルなシステムで、必要に応じて拡張できる経費精算システムを求める企業に最適と言えるでしょう。

楽楽精算の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

Dr.経費精算

Dr.経費精算 トップページ

https://www.keihi.com/

「Dr.経費精算」は、経費精算・交通費の合理化を自動入力で実行できるなどの高機能なSaaS型経費精算システムです。

アプリをインストールしたスマートフォンで、領収書・レシートを撮影するだけで、OCR機能による自動入力ができるのが大きな特徴であり、より正確な内容入力を実現する専任オペレーターの代行入力も選択できます。

交通系ICカード連携、クレジットカード・銀行口座の自動取得、自動仕訳機能などにも表れており、柔軟なワークフロー機能とだれにでも使いやすいインターフェースで、高い評価を獲得。

1ユーザーあたりの月額料金は、980円とやや高めではありますが、初期費用は無料であり、1人から使えるパーソナルプランも用意されているのも嬉しいポイントでしょう。フリーランサーや個人事業主でもムダなく高機能を活用でき、小規模な企業から大企業まで、様々な形態の企業が導入しています。

Dr.経費精算の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

MFクラウド経費

MFクラウド経費 トップページ

https://biz.moneyforward.com/expense

「MFクラウド経費」は、スマートフォンで撮影した領収書の自動入力ができるなど、豊富な機能を持つ経費精算システムです。

ニーズに応じて選択できる4つのプランを用意しており、利用したユーザーの分だけ課金されるという明快な料金体系を持つため、すべての従業員にIDを割り振りつつも、ムダな料金が発生しない費用対効果の高い運用が可能です。

1人からでも利用できるパーソナルプランを含め、すべてのエディションでOCR機能が利用できるほか、専任オペレーターによる代行入力も可能。標準で用意された交通系ICカードデータの読み込み、クレジットカード・銀行口座の明細自動取得なども可能です。

スマートフォンアプリによる使い勝手の良さとともに、その高機能ぶりは市場で高く評価されており、どんな企業にもおすすめできる経費精算システムです。

MFクラウド経費の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算 トップページ

https://ex.jobcan.ne.jp/

「ジョブカン経費精算」は、業界最安値水準の価格を実現しながらも、シンプルな使い勝手と豊富な機能を併せ持つ経費精算システムです。

コストパフォーマンスの高さは大きな魅力的で、累計導入3,000社以上を誇り、様々な規模の企業が活用しています。

駅すぱあとによる交通費の自動計算機能は、ジョブカン勤怠管理との連携で、交通系ICカードからのデータ取り込みも可能。承認ポイントを自在に設定できるワークフロー機能、アラート設定によるメール通知で申請者・承認者の手間を軽減し、会計ソフトとのCSVデータ連携、FBデータの出力による振込自動化で、経理担当者の負担も大幅に軽減できます。

また、初期費用無料、月額料金1ユーザー400円という価格は、ほかのジョブカンシリーズとの併用でさらなるディスカウントも可能です。

ジョブカン経費精算の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

会計業務の効率化に強みを持つ経費精算システム3選

次に、会計業務の効率化に重点をおいている経費精算システムを紹介します。

経費精算freee

経費精算freee トップページ

https://www.freee.co.jp/houjin/keihiseisan/

「経費精算freee」は、会計ソフトのパッケージとして提供することで、経理担当者の業務効率化を実現する経費精算システムです。

シェアNo.1のクラウド型法人向け会計ソフトfreeeと統合されており、入力されたデータをそのまま1クリックするだけで経費登録が可能。単体の経費精算システムとは異なり、会計ソフトとの面倒な連携を必要としません。

会計freeeの特徴でもある「自動で経理」機能は、導入すれば合わせて活用可能。学習機能を応用した自動化で、高速な自動仕訳を実現します。また、クレジットカードや銀行口座から自動取得される経費データを、1クリックでFBデータに出力できるのも特徴といえるでしょう。

経費精算freeeの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

eKeihi

eKeihi トップページ

https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

「eKeihi」は、交通費・経費・出張費の精算に対応し、自動仕訳や電子帳簿保存法対応など、会計業務も効率化する多機能経費精算システムです。

特徴的なのは、スマートフォンアプリによる時間と場所を問わない利用を実現しつつも、企業ニーズに応じてクラウド型、オンプレミス型を選択できる柔軟性さです。

多彩なクレジットカードから利用明細を自動取り込みできるのに加え、経費として確定したデータを自動で仕訳して生成可能。60以上もの実績を誇る柔軟な会計ソフトとの連携し、データ入力を排除して会計業務を効率化を実現できます。

また、初期費用無料で、50ユーザーの月額料金が2万5,000円から利用できるリーズナブルなクラウド版のほか、セキュリティを担保できるオンプレミス版も用意されています。

ハイ!経費

ハイ!経費 トップページ

http://www.hi-keihi.com/

「ハイ!経費」は、交通費・経費・出張費の申請と精算を効率化するSaaS型経費精算システムです。用途に応じて、オンプレミス版を選択できる柔軟性を備えています。

乗換案内の駅すぱあとを無制限で利用できることに加え、定期券区間の控除にも対応。オプションのICカードリーダーを用意すれば、交通系ICカードからの一括データ取り込みも可能です。申請時に項目を選択できる自動仕訳にも対応しており、豊富な会計ソフトとの連携により、経理担当者の負担を大幅に削減できます。

1ユーザーごとに初期費用1,000円、月額費用300円という明快で低価格な料金体系も魅力です。1アカウントからの利用も可能なため、個人事業主から大規模企業まで、幅広い方におすすめです。

経費精算を一括管理できる経費精算システム2選

それでは次に、経費精算を一括管理できるおすすめの経費精算システムを紹介します。

コンカー(Concur)

コンカー(Concur) トップページ

https://www.concur.co.jp/

「コンカー(Concur)」は、SAP傘下の高機能経費精算システムです。フォーチュン500企業の半数が採用するなど、事実上の世界標準システムとして認知されています。

1,000人規模以上の大企業向けのConcur Expense、300人規模以下の企業に最適化したConcur Expense Standardをラインナップし、日本独自の慣習への対応を含めた積極的な展開で、国内市場でも存在感を高めています。

柔軟なカスタマイズ性とスマートフォンアプリによる使いやすさを両立しており、経費精算に関するすべての業務を効率化するのはもちろん、BTMサービス連携での出張費最適化、法人向け各種外部サービスとの強力な連携、経費の最適化促進に有効な分析機能を備え、あらゆる企業のニーズに対応できます。

年間レポート数に応じた課金という独自の料金体系も、大きなメリットで、運用次第ではムダのない活用が実現できるでしょう。

コンカー(Concur)の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

らくらく旅費経費.net

らくらく旅費経費.net トップページ

https://rk2.mugen-corp.jp/ryohi/

「らくらく旅費経費.net」は、出張の仮払いや手当の自動計算にも対応するできるSaaS型経費精算システムであり、ニーズにあわせたオンプレミス型での提供にも対応しています。

駅すぱあととの連携、交通系ICカード連携、定期区間控除機能など、経費申請でもっとも頻繁に行われる交通費精算を合理化する機能を中心に、高度な機能で幅広い経費精算業務に対応できるのが特徴です。

便利な機能を搭載する出張精算は、海外出張時の外貨レートにも対応可能。条件によって柔軟に承認ポイントを分岐できるワークフロー機能やメール通知、ひとことコメント機能で、申請から承認までのタイムラグを排除できます。もちろん、会計ソフトとの連携やCSV出力、FBデータ出力にも対応可能です。

費用は、初期導入費用10万円から、1人あたりの月額料金300円というリーズナブルな設定になっており、使い勝手のいい経費精算システムを探している方にはおすすめです。

交通費精算に特化した経費精算システム3選

続いて、何かと合理化したい企業も多い交通費精算に特化した経費精算システムを紹介します。

ネクストICカード

ネクストICカード トップページ

https://next-iccard.jp/

「ネクストICカード」は、交通系ICカードを使った勤怠管理、交通費精算に加え、簡単な経費精算にも対応できるシンプルなSaaS型経費精算システムです。

用意したICカードリーダーに交通系ICカードをかざすだけで、タイムレコーダー代わりの勤怠管理ができるほか、同時に読み込んだICカードデータから、必要な区間のみを交通費として簡単に申請できます。

システムに搭載された経費精算機能は、ブラウザから入力することで申請が可能。有料オプションで、距離に応じたガソリン代の請求にも対応できます。また、勤怠管理機能、もしくは交通費精算機能を契約すれば、無料で経費精算機能も使えることも特徴です。

料金も月額1万円 + 1ユーザー200円(勤怠管理)もしくは400円(交通費精算)というリーズナブルなもので、初期費用が無料なうえ、手厚いサポートが付いています。

kincone(キンコン)

kincone(キンコン) トップページ

https://www.kincone.com/

「kincone(キンコン)」は、iOS端末 + ICカードリーダー、もしくは対応Android端末にアプリをインストールし、ICカードリーダー代わりとすることで勤怠管理、交通費精算を実現できるシステムです。

交通系ICカードをそれぞれにかざすだけで、出勤・退勤が記録できると同時に、カード内の交通費データの取り込みも行います。

読み込んだ交通系ICカードデータはクラウド環境で一元管理可能。経費として申請する項目だけを選択すれば、簡単に交通費の申請ができるほか、Googleカレンダーと連携し、訪問先の情報を表示させるのも可能です。

また、蓄積された交通費精算データは、CSV形式のほかにもExcelフォーマットでの出力も可能。利用する会計ソフトにあわせてフォーマットをカスタマイズする有料オプションも用意されています。

rakumoケイヒ

rakumoケイヒ トップページ

https://rakumo.com/product/gsuite/expense/

「rakumoケイヒ」は、NAVITIMEの運賃・乗換案内と連携し、駅名を入力するだけで、簡単に交通費の精算ができるSaaS型システムです。

もちろん、定期券控除機能も搭載しているため、二重請求や計算ミスも発生せず、会計ソフトとの連携もCSVデータ出力で対応できます。

姉妹製品であるrakumoカレンダーを併用すれば、Googleカレンダーの予定を取り込み、訪問先をインポートするだけで交通費の自動計算と申請が可能。ワークフローを併用すれば、上長から経理担当者へのスムーズな申請・承認フローも構築できます。

利用料金も初期導入費用無料のうえ、1ユーザーの月額料金300円という低価格を実現。rakumoカレンダーとrakumoワークフローを追加したセット料金も設定され、1ユーザー600円の月額料金でスケジュール管理から交通費精算まで、ワンストップで完結できます。

スマホ・iphoneで一元管理できる経費精算アプリ3選

それでは最後に、スマートフォンで一元管理できる経費精算アプリを紹介します。

jinjer経費

jinjer経費 トップページ

https://hcm-jinjer.com/service/keihiseisan/

「jinjer経費」は、スマートフォンアプリを活用し、いつでもどこでも経費・交通費の申請・承認ができ、自動仕訳機能で経理業務も合理化できるSaaS型経費精算システムです。

webブラウザ経由でコンピューターから申請するのはもちろん、スマートフォンに最適化されたインターフェースを持つアプリでの操作により、業務効率化と労働生産性を大幅に向上させます。

交通費申請や経費申請はもちろん、交際費の申請にも対応。駅すぱあととの連携で空いている時間に気軽に経費申請でき、柔軟に設定できるワークフロー機能によるプッシュ通知で、スマートフォンでの承認も簡単です。

バックオフィス業務を効率化する勤怠、労務、人事などのjinjerシリーズとの連携も万全。初期費用無料で1ユーザーの月額料金300円という低価格も魅力です。

staple(ステイプル)

staple(ステイプル) トップページ

https://staple.jp/

「staple(ステイプル)」は、グッドデザイン賞を受賞した使いやすいスマートフォンアプリを持ち、AIを活用したOCR機能で入力の自動化も可能なSaaS型経費精算システムです。

交通費精算の自動化に欠かせない交通系ICカード連携が可能なのはもちろん、スマートフォンで撮影した領収書・レシート画像を、AIを活用したOCR機能で内容を正確に読取り、申請者の負担を大幅に削減できます。

また、CSV出力やFBデータ自動生成、会計ソフトとの連携で、経理担当者の負担を軽減できるほか、Microsoft Office 365やSlackなどとの連携も可能。より円滑なコミュニケーションで、経費精算業務全体を効率化できるでしょう。

1ユーザー月額料金600円で利用できるうえ、初期費用もかからないため、できるだけ費用を抑えたい企業の方にとってはピッタリです。

STREAMED(ストリームド)

STREAMED(ストリームド) トップページ

https://streamedup.com/

「STREAMED(ストリームド)」は、スマートフォンのカメラで、領収書を撮影するだけで正確にデータ化できる個人事業主向けのSaaS型経費精算アプリです。

撮影された領収書画像は、AIを活用した自動仕訳、OCR機能による自動入力と合わせ、専任オペレーターによる二重チェックが行われるため、99.9%の精度を持って正確にデータ化が可能です。

アップロードした領収書画像は、コンピューターで管理。データをダウンロードしてExcelで加工したり、20以上の国内主要会計ソフトに適したCSVファイルの出力も可能です。もちろん、駅すぱあとと連携しているため、外出先から交通費を記録するのも簡単です。

月額料金300円のプロプラン・ライトでは、月5枚までの領収書データを永年保管でき、会計ソフトとの連携も実現。月額料金1,950円のプロプランでは、月100枚までの領収書データ永年保管に対応しています。

まとめ

まとめ

今回は、経費精算業務の合理化を実現するおすすめの経費精算システムを紹介してきました。

交通費や出張費を含む経費精算は、すべての企業に必要な業務でありながらも、企業規模や事業内容、ビジネスのスタイルによって業務の形が異なります。

そのため、経費精算システム導入の効果を最大化させるためには、自社にとって最適なシステムを選択することが何よりも大切です。

今回紹介した経費精算システムは、どれも高い評価を得ている信頼できるサービスであるのは事実です。しかし、評判のみを頼りにするのではなく、きちんと自社の課題を把握し、明確な目的を設定したうえで適切なツールを選択する必要があります。
なかには無料トライアル期間を設けている経費精算システムもあるので、ぜひ活用してみましょう。

自社にとって最適な経費精算システムの選択に悩んでいる方は、ぜひアイミツまでご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ