jinjer勤怠の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

jinjer勤怠 トップページ

更新日:2018年12月14日 | 公開日:2018年12月14日

皆さんは「勤怠管理」と聞くと、どんなことを連想しますか?多くの方は、真っ先にタイムカードを思い浮かべることでしょう。事実、タイムカードは多くの企業が勤怠管理ツールとして採用しています。

しかし、時間の問題でタイムカードは勤怠管理システムに取って代わられることが予想されます。現に多くの会社が、最新鋭の勤怠管理システムの導入に踏み切っています。その流れに呼応するように、新たな勤怠管理システムが続々開発&リリースされています。

その中でも特に注目されているのが、今回特集する「jinjer勤怠」です。

jinjer勤怠は、単純なタイムカードの代わりではありません。打刻管理ができるのはもちろん、運用していく中で得られたデータを最大限活用することで、人事戦略の最適解を導きだします。人事業務のパフォーマンスを向上させ、さらには経営支援まで実現できるツールなのです。

このツール1つで、そこまでできるのは何故なのか?今回はその秘密に迫るべく評判と実態、メリット・デメリットを徹底リサーチ。また、このツールがどんな人・会社に向いているのかも解説します。勤怠管理システムをお探しの担当者の方は、ぜひチェックしてください。

<総評>「jinjer勤怠」は業界最高水準の機能数を追求した勤怠管理システム

<総評>「jinjer勤怠」は業界最高水準の機能数を追求した勤怠管理システム

jinjer勤怠には、さまざまな特長があります。どんなシステムか一言で表すとしたら「業界最高水準の機能数を誇る勤怠管理システム」と言えるでしょう。

数ある勤怠管理システムの中では後発ながら、豊富な機能数と便利な機能で注目を集めました。これまでに5千社が、導入に踏み切っています。

打刻管理はもちろん、休暇管理、シフト管理、申請・承認機能などベーシックな機能は一通り備えています。三六協定アラート、AIによるモチベーション管理など、働き方改革に対応した機能も充実しています。
その他、サービスの充実度、評価の高さ、いずれをとっても先発組に全く引けをとらない内容です。今後ますますシェアを伸ばしていくことが予想されます。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

jinjer勤怠は、人事サービスのプロである「株式会社ネオキャリア」がリリースするSaaS型勤怠管理システムです。数ある勤怠管理システムの中で、高い支持を得ている理由は次の5点です。

・画面の分かりやすさ
・マルチデバイス対応
・業界最安値の料金プラン
・jinjerシリーズで人事情報を一元管理
・AIによるエンゲージメントアラート機能

特にユニークなのは、「AIによるエンゲージメントアラート機能」。これはjinje独自の機能で、従業員のモチベーションをチェックできます。他にはない機能なので、ぜひ注目してください。内容はのちほど詳しく解説します。

1.「jinjer勤怠」の6つのメリット

1.「jinjer勤怠」の6つのメリット

ここからはjinjer勤怠のメリットについて紹介します。数ある勤怠管理システムの中で、jinjer勤怠は特にどのような点が優れているのでしょうか。特筆すべき6つの特長を見ていきます。

1-1. 多彩な打刻方法

jinjer勤怠は多様な打刻方法を取り入れており、シーンに合わせて自在に打刻方法を選べる仕様となっています。jinjer勤怠で採用されている打刻方法は、次の通りです。

・PC…出退勤時に会社で使っている自分のPCにログインして打刻します。
・ICカード…カードタッチによる勤怠管理で、最も普及しているスタイルです。
・スマホアプリ…jinjer勤怠専用のアプリを、インストールして打刻。直行直帰のときに使えます。
・タブレットアプリ…グループごとにタブレットを置いて、専用アプリで勤怠管理を行います。
・GPS…打刻のときに位置情報も記録するシステムで、直行直帰の社員の勤怠管理に利用できます。
・笑顔判定…不正打刻を防止するために、本人の顔認証を組み合わせることが可能。カメラ機能があれば、どの端末でも利用できます。

打刻方法は上記から組み合わせて使うこともできるので、自社の環境に合うようにカスタマイズすることも可能です。選択肢が多く組み合わせ自由なので、どのような業界、業種にも対応できるでしょう。

1-2. マルチデバイス完全対応

jinjer勤怠は管理者側も、マルチデバイスに完全対応しています。通常の勤怠管理システムでは、従業員の打刻はマルチデバイス対応していても、管理者の作業はPCというのが一般的です。しかし、jinjer勤怠は初期設定、打刻管理、従業員の追加・異動といった作業も、ぐんと行いやすくなりました。PCはもちろん、スマホ、タブレットからも可能。

従業員だけでなく管理者も、いつでも、どこでも作業できるのは非常に画期的です。また、管理工数削減の工夫も随所にされており、導入により組織パフォーマンスはさらに向上。管理者の方でオフィスの外でも作業したい方には最適のシステムです。

1-3. AIによるエンゲージメントアラート

jinjer勤怠には業界初の「AIによるエンゲージメントアラート」機能も搭載しています。エンゲージメントは、社員の会社への思い入れや、愛着、繋がりの強さを意味し、会社の成長・発展にとってなくてはならない要素です。従業員の心が離れててしまったら、会社の業績が上がることはないからです。

jinjer勤怠は表面的な勤怠管理に留まらず、人事戦略の一環としてエンゲージメントを重視。AIが勤怠管理データを自動的に分析することで、従業員一人ひとりの傾向値を割り出します。たとえば、モチベーションが低下しているスタッフを見つけ出すことができます。

異常値を検出した場合は、いち早く人事にアラート。モチベーションが低下している社員を早期に見つけ出し、適切に対処することで退職者を未然に防ぐことができます。従業員の労働時間に注意を払う機能は珍しくありませんが、心の動きに注目するシステムはまさに画期的。活気のある職場を作り、離職者を減らしたい方にはぜひ使って欲しい機能です。

1-4. 各給与システムとの連携

jinjer勤怠は、今お使いの給与計算システムとも連携をとることができます。jinjer勤怠で得られたデータはCSV形式で出力できるので、外部給与計算システムにそのまま取り込めます。このツールを導入すれば、集計の手間を大幅に軽減することができるでしょう。

1-5. 業界最高水準の機能数

jinjer勤怠は、搭載機能数にかけては世界最高水準のレベルを誇ります。このツール1つで打刻管理、勤怠管理、シフト管理、休暇管理、アラート警告、労基法対策、予実管理、アプリ連携まで完全網羅。また各種データの出力・集計、統計・可視化、申請・承認を、自動で行うことができます。導入により、管理者の負担を大幅に軽減することができるでしょう。
jinjer勤怠は、とかくエンゲージメントアラートなどユニークなシステムに注目が集まりがちです。豊富な機能を求めている方にこそ、使って欲しい勤怠管理システムなのです。

1-6. わかりやすいシフト管理

jinjer勤怠は、シフト管理にも強みを発揮します。従来の勤怠管理はもっぱら打刻機能のみで、管理業務は全て手作業。多くの従業員を抱える企業にとって、毎月のシフト管理は大きな負担でした。しかしinjer勤怠を導入すれば、その業務負担は一気に軽減します。このツールにはシフト管理機能があり、従業員はワンクリックで自分の希望を出せます。管理者はデータを、収集する必要がありません。またシフト募集、希望シフト収集、休暇の申請・承認、シフト作成を、全てこのツールで行えます。従業員、管理者ともに手続きで、余計な手間がかかることはありません。システム導入後は、これまでのシフト作成の煩わしさから解放されるでしょう。

2. 「jinjer勤怠」の2つのデメリット

2. 「jinjer勤怠」の2つのデメリット

勤怠管理システムを導入するときには、メリットだけでなくデメリットもしっかり押さえておく必要があります。どんなに良くできたツールでも、一長一短はあるもの。その特性を捉えることで、自社のニーズに最も合うシステムを選ぶことができるからです。次は、jinjer勤怠のデメリットについて見ていきましょう。

2-1. Jinjerデータベースのご利用が必須

jinjer勤怠はクラウド型(SaaS型)勤怠管理システム。システムの利用は、運営会社のサービスに依存する形になります。このツールは勤怠情報以外にも労務情報、人事情報、経費計算、マイナンバーなど「jinjerシリーズ」で集めたデータをHRプラットフォームで一元化することが可能です。マスターを統合できる点は大変便利ですが、その前提としてjinjerデータベースの利用が必須。オプションを付けるにも、データベースは必ずプランに含まれます。勤怠管理システムを導入するとしても、限定的な機能で事足りる企業にとっては過剰装備となる可能性もあるかもしれません。

2-2. 無料プランがない

勤怠管理システムの中には、利用人数や機能数によって無料プランを提供しているものもあります。ところがjinjer勤怠には、無料プランがありません。システム導入以降は毎月料金がかかります。

また、実運用に向けてサポートを必要とする場合は、別途費用がかかります。システム導入経験のない会社の場合、基本的にはサポートが必要。月々の利用料金とは別に、導入コストも計上する必要があります。よって、完全無料で導入したい場合は、別の勤怠管理システムを選んだほうがいいでしょう。

ただし、期間限定で無料トライアルを受け付けています。今ならタダで、お試しすることが可能。興味のある方は、お早めに申し込むことをおすすめします!

3.徹底調査でわかった「jinjer勤怠」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「jinjer勤怠」を使うべき人・会社

ここまでjinjer勤怠のメリット、デメリットを確認してきました。これらを長所 or 短所と感じるかどうかは、利用者次第です。このツールが適している人や会社であれば、短所もさほどデメリットと感じることもないでしょう。jinjer勤怠を本当に使うべきは、どのような人や会社なのでしょうか?

3-1. とにかく作業を効率化したい

jinjer勤怠は「勤怠管理に関する業務が膨大で、とにかく作業効率化をしたい」という方には断然おすすめです。

先にも紹介した通り、jinjer勤怠は機能数にかけては世界最高水準。打刻管理、シフト管理、休暇管理、長時間労働管理、三六協定アラート、モチベーション管理など多数の機能を搭載。勤怠管理に関してほぼ全ての機能が揃っています。導入後は、飛躍的に作業が効率化するでしょう。

オフィスはもとりより、外回りの多い営業職、多忙な福祉・医療現場、多様な従業員を抱える飲食・小売店にも向いています。あらゆる業種の効率化に、寄与します。

3-2. 管理者が常にPCを使える環境にいない

jinjer勤怠の強みは、マルチデバイスに対応している点。従業員の打刻管理はもちろん、人事部門の管理者についてもマルチデバイス対応しています。管理者が、常にPCの前に座っている必要がありません。タブレットやスマホがあれば場所や時間を問わず、必要な業務を行うことができます。外回りが多い方でも、作業を滞りなく進めることができるでしょう。「事業所が複数個所ある」「地方回りが多い」などの特殊な事情を抱えている会社は、管理者がオフィスに常駐できないケースが多々あります。これまでの勤怠管理に限界を感じていて、外からでも業務を行いたいと思っている方には特におすすめのツールです。

3-3. 1つのシステムでデータを管理したい

勤怠管理に加え、労務・人事などのあらゆるデータをマスタ統合。jinjer勤怠はHRデータベースで一元管理しているので、1つのシステムでデータ管理したい方にとっては最適のシステムです。

勤怠管理はもとより、労務管理、人事管理、経費計算、マイナンバー、ワークバイタル…。各プロダクトで得られた情報を全て統合し、そこで得られたデータを効率よく人事戦略に活かすことができます。従来の勤怠管理は、打刻管理・集計作業が中心。得られたデータを、経営強化に役立てていない企業が大半でした。しかしjinjer勤怠を利用することで、あらゆるデータ一元化による横断的なマネジメントが実現。単なる勤怠管理に留まらず、組織強化、経営強化をしたい方に適しています。

3-4. 退職者を減らしたい

jinjer勤怠はエンゲージメントアラート機能があり、退職者を減らす工夫も施されています。エンゲージメントアラートは、勤怠管理で得られたデータをもとに従業員のモチベ―ションを類推。低下傾向にあると判断すれば、すぐに人事にアラート表示される仕組みになっています。この計測は全てAIが行うので、管理者が全員の調子を確認する手間はかかりません。

また、ジンジャ―シリーズには「jinjerワークバイタル」があります。これは従業員のコンディションを定点観測し、記録・可視化。心身の変化を、素早く察知します。従業員の生の声も反映できるシステムになっており、これまで見つけることができなかった問題・課題を発見。職場の離職率の高さに悩んでいる経営者・管理者の方には、最適のシステムでしょう。

4.徹底調査でわかった「jinjer勤怠」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「jinjer勤怠」を使うべきでない人・会社

大変便利な機能を多数搭載する、jinjer勤怠。しかし、全ての会社に合うか?と言えばそうではありません。場合によっては、ミスマッチとなるとなる可能性もあるでしょう。jinjer勤怠を使うべきでないのは、どんな人や会社なのでしょうか?

4-1. 従業員数5人未満の個人事業主の方

jinjer勤怠は、多くの従業員の勤怠管理を効率化。データを一元化し、人事戦略に活かせるにところに最大の強みがあります。どちらかと言えば、中小企業でも比較的従業員の多い企業に適したツールです。

従業員数5人未満の事業主の方の場合、管理業務がそれほど煩雑ではないはずです。よりシンプルな勤怠管理ツールでも、事足りるでしょう。導入費用もそれなりに必要なので、少人数の場合は導入サポートが無料のものを選ぶことをおすすめします。

4-2. すでに別の人事向けシステムを導入している方

jinjer勤怠は、既に別のシステムを導入している方には不向きです。というのも、jinjer自体が人事向け総合システムでシリーズ化しているからです。拡張性は決して高いとは言えず、他のシステムとの連携ができる仕様ではありません。給与システムについてはデータをCSV形式でダウンロードし、取り込む事はできます。ただその他の管理システムとの連携を希望する場合は、別のツールの利用を検討したほうがいいでしょう。

5. 料金

5. 料金

月額利用料

・HR Light…300円 /1人(Jinjerデータベース+1プロダクト)
・HR Standard…600円 /1人(Jinjerデータベース+3プロダクト)
・HR Premium…1,000円 /1人(Jinjerデータベース+5プロダクト)

プロダクトは、ジンジャーシリーズ「勤怠管理」「経費計算」「労務管理」「マイナンバー」「人事管理」ワークバイタル」から任意で選択。また、別途導入サポートに以下の料金がかかります。

・Freeプラン…0円
メール、電話、チャットでのサポートはあり
(全ての設定を企業で行うプラン・システム導入経験があり、対応できるスタッフがいる企業向け)

・Standardプラン…81ID未満12万円、81ID以上利用料金の30%
初期設定&定着化支援、メール、電話、チャット、サポート主任担当者のアサイン、テレビ会議のサポート

・Premiumプラン…Standardプラン+30万円
スタンダードプランの内容+社労士による労務相談サービス

6. 「jinjer勤怠」の導入実績・効果

6. 「jinjer勤怠」の導入実績・効果

jinjer勤怠のこれまでの導入実績は、約5,000社。さまざまな業界、規模感の会社から選ばれています。果たしてjinjer勤怠を導入したあと、どんな効果があったのでしょうか?実際の声を紹介します。

6-1. スペースマーケット

スペースマーケットは、2014年に創立。立ち上げ当初は少人数だったため、タイムカードは手書き。勤怠管理は手作業で行っていましたが、会社の成長と共に社員も増加。現在は40名を超える社員が働いており、タイムカードでは管理しきれなくなりました。それをきっかけに、勤怠管理システムを導入。

jinjer勤怠を選んだ決め手は、「UIの分かりやすさ」と「マルチデバイス対応」。UIが分かりにくいと利便性が下がり、管理業務の手間が却って増えることにもなりかねません。スペースマーケットでは営業・エンジニア・バックオフィスなど、さまざまな働き方をしている社員を抱えています。マルチデバイスで打刻できることが、不可欠だったのです。また、iOSとAndroidの両方で利用できる点も重視。誰でも使える環境を目指した結果、今では全社員が自分の端末で打刻。場所や働き方に関わらず、正確な勤怠管理ができるようになっています。

6-2. 新日本プロレスリング

全国巡業や地方営業の業務が多い、新日本プロレスリング。従業員の増加に伴い、従来のタイムカードによる勤怠管理に限界を感じ、勤怠管理システムを導入しました。

導入に際しては、「分かりやすいこと」を重要視。難しい操作が必要なシステムは、社風に合わないと判断しました。誰でも直感的に使えると判断した、jinjer勤怠に決定。デモ画面が分かりやすく、スマホが使えるなら誰でも使えると言い切れるほど操作は簡単です。料金も安いので、経営にも優しい。他社と比較するまでもなく、jinjer勤怠を選んで良かったようです。

7. まずは「jinjer勤怠」の無料体験を

7. まずは「jinjer勤怠」の無料体験を

導入した人達が口々に「分かりやすい」「使いやすい」と評価する、jinjer勤怠。その使い心地を知るには利用してみるのが一番です。現在、期間限定で無料体験の申し込みを受付中。実際に使ってみて、その便利さを体験してみましょう。

8. まとめ

8. まとめ

injer勤怠の特集は、以上です。現在、数多くの勤怠管理システムがリリースされていますが、その中でもinjer勤怠はコスパの良さ、多彩な打刻機能、業界最高水準の機能数、分かりやすいUIなどが人気を呼んでいます。また業界初の「AIによるエンゲージメントアラート」で従業員のモチベーションを数値化。他にはない機能で活気ある会社を作り、生産性を高めたい方にはぜひ取り入れて欲しいものです。今すぐ申し込めば無料体験ができるので、興味のある方はぜひ一度試していてください!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ