時代はクラウドファースト!カンタン導入できる勤怠管理決定版5つ

時計

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月05日

ある大手情報サービス提供会社の調査で「会社での勤怠管理、タイムカードは使用しているか」を質問したところ、回答は「使用している」人が32%、「使用していない」人がなんと68%にのぼりました。
社員を管理する側としては当然勤怠管理システムに期待するわけですが、結局定着せずに終わってしまうケースも意外とあるようです。
とにかくカンタンに始められる使いやすいクラウド型勤怠管理システムで、あなたの会社の勤怠管理システム導入を成功させましょう!

クラウドタイムカード for Smart Phone

スマートタイムス

打刻をする画面とメール配信時の携帯画面の下の部分に 企業や製品などの広告が入ります。
この広告を表示することによって、お客様側では完全無料で安心 してお使いいただくことが可能となります。

Touch On Time

インターネットタイムレコーダー

JOBCAN(ジョブカン)

2年間にわたる自社運用から積み重ねた、勤怠管理コストを極力下げるようなノウハウが、ジョブカンには数多く含まれています。

【まとめ】各社の差別化のアピールポイントを見逃すな!

今一番旬の「クラウド対応勤怠管理システム」です。各社さまざまな差別化に工夫を凝らして製品・サービスをリリースしていますね!
Excelの集計がほとんどのアナログ型勤怠管理でしたが、クラウド時代にはグーグルスプレッドシートでやりましょうというクラウドタイムカード for Smart Phoneは「なるほど!」のソリューションですね。
広告無料モデルのスマートタイムスもユニークな試みで、「とにかく安いクラウド」にこだわる場合には、第一候補にあげられるでしょう。

もしあなたの会社が業務システムのクラウド対応そのものが初めてのケースだという場合には、「インターネットタイムレコーダー」がおすすめです。
開発企業の社内専門家が、きっちりと時間をかけて導入サポートとアフターサービスをしてくれます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください