「シュキーン」の評判と実態|徹底した比較・調査結果をご紹介!

シュキーン トップページ

更新日:2019年03月26日 | 公開日:2019年03月26日

働き方改革が本格的に進む2019年。4月には働き方改革関連法が順次施行され、全ての企業でこれまでの働き方を変えていくことが求められます。特に時間外労働の上限規制の導入は画期的で、これまで長時間労働を是としていた日本の労働環境は今後大きく変わることが予想されます。

働き方改革を進めるにあたり、各企業が一番最初に取り組むべき課題は「勤怠管理」です。時間外労働の上限規制が導入されたとしても、そもそも労働時間が正確に管理されていなければ、誰がどれ位、時間外労働を行っているのかも分からないからです。

しかし、タイムカードで勤怠管理をしている場合、全従業員の労働時間を正確に集計するのは非常に大変で、管理業務の負担は大きくなるばかりです。管理者は残業が減るどころか増える一方になってしまうので、それでは本末転倒になってしまうでしょう。そこで今、注目を集めているのが「勤怠管理システム」です。勤怠管理システムを使えば、従業員の出退勤時刻の管理、労働時間の集計は自動で行えるので、働き方改革にすぐに対応できます。

現在、多くの勤怠管理システムがリリースされていますが、あまりにも種類が多くて製品選びで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、これから勤怠管理システムの導入をお考えの方に向けて、今話題の「シュキーン」をピックアップ。その評判と実態を徹底解説します。

シュキーンの公式サイトはこちら

<総評>シュキーンはタイムマネジメント型の勤怠管理システム

<総評>シュキーンはタイムマネジメント型の勤怠管理システム

シュキーンは、北海道札幌市に本社を置く株式会社インフィニットループが提供している勤怠管理システムです。

東京に本社を置く運営会社が多いなか、北海道発の勤怠管理システムは異色の存在。本社こそ北海道ですが東京、仙台にも営業所・支店を構え、全国展開している点でも注目を集めています。

シュキーンの特色は、勤怠管理システムに必要な機能はほぼ漏れなく搭載している点で、打刻機能、シフト作成機能、統計機能、休暇管理、電話サポート、管理者権限、給与ソフトへのエクスポート機能などを利用できます。なかでも統計機能は秀逸で、働き方改革に完全対応するための協力な武器となります。

最初の2ヵ月間は無料お試しもできるので、本格導入する前に実際に試してみることもできます。ブラウザベースで打刻や管理ができ、導入も非常に簡単です。ソフトウェアの扱いに詳しくなくても利用できるので、社員のIT力にバラつきがある会社でもスムーズに導入できるでしょう。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

シュキーンは次の3点が他の勤怠管理システムに比べて特徴的です。

・タイムマネジメント特化型
シュキーンはタイムマネジメント特化型の勤怠管理システムで、長時間労働の管理や部署ごとの労働時間の管理を得意としています。

・料金プランはシンプルな従量課金制
シュキーンの料金プランは2018年に大幅改正。それまでの定額制から従量課金制に以降しました。現在はユーザー1人当たり200円というシンプルなシステムをとっており、人数が増えるほどに料金が増える仕組みとなっています。

・選べる打刻方法
シュキーンの打刻方法は「webでシュキーン」「とおってシュキーン」「かざしてシュキーン」の3種類。マルチデバイス対応で、他の勤怠管理システムとの比較をしても、ユニークな打刻方法を提供しています。

まとめ表
シュキーン
総評 シュキーンはタイムマネジメント特化型で打刻方法が多彩な勤怠管理システム。料金は1人200円で使えるお得なプランを実現!
機能性 ★★★★☆ 4点
サポート体制 ★★★★☆ 4点
料金 ★★★★★ 5点
使いやすさ ★★★★☆ 4点
導入実績 ★★★☆☆ 3点
特徴 思い立ったら即日導入可能
グラフィカルな統計機能で効率的なタイムマネジメントを実現
「HMCC Award 2015」で大賞を受賞
メリット 打刻機能が豊富
働き過ぎの社員を瞬時に把握
初期、運用費用がリーズナブル
デメリット 無料プランは廃止
オンプレミス型はない
利用人数が10人以下だと割高
プラン名 従業員1人あたり200円
対応デバイス PC・スマホ
使用をおすすめする会社の特徴 タイムマネジメント機能を求めている
勤怠管理データを経営判断に役立てたい
企業名 株式会社インフィニットループ
2014年5月

1.シュキーンの6つのメリット

1.シュキーンの6つのメリット

シュキーンは他の製品とは一線を画す特色ある勤怠管理システムです。その理由は、次にあげる6つのメリットにあります。

1-1.webで勤怠管理!ブラウザから打刻可能

シュキーンは打刻機能が豊富な勤怠管理システム。3つの打刻方法のうちの1つ「webでシュキーン」では、PCかスマートフォンのブラウザから打刻を行えます。

特別なソフトウェアをインストールする必要はないので、管理者も従業員にとっても簡単です。また、各種管理もブラウザ上で行えるので、管理者の方も利用方法で迷うことはありません。

1-2.スマホを通すだけ&カードをかざすだけでも打刻可能

シュキーンには「webでシュキーン」以外にも「とおってシュキーン」と「かざしてシュキーン」の打刻方法があります。

とおってシュキーンは、スマホ(iOS/Android)を持って親機として設定した端末の近くを通るだけで、打刻ができるシステムです。また、かざしてシュキーンは1台以上のiOS/Androidの親機を用意し、その端末にNFC対応ICカードをかざすことで打刻をする仕組みです。

どの打刻方法がベストかは職場によって異なりますが、選択肢が多いのは大きなメリットで、従来のタイムカードに比べれば勤怠管理が飛躍的に楽になることは間違いないでしょう。

1-3.従業員1人あたり月額200円!初期、運用費用がリーズナブル

以前のシュキーンの利用料金は、フリープランを含む4つのコースによる段階課金制でした。しかし2018年10月以降は従量課金制に移行。現在はユーザー一人当たり200円で利用できます。

これまでオプションだった休暇管理機能、シフト管理機能を含んでこの料金なので大変格安です。また、初期費用は一切かかりません。導入時の費用を抑えたい方、導入後のランニングコストを抑えたい方にとっては最適のツールです。

1-4.働き過ぎの社員を統計画面で検出!豊富なタイムマネジメント機能

従業員の働いた時間は全てグラフ表示され、管理者は誰が何時間働いているのかリアルタイムで確認できます。グラフ表示することで直感的にデータを把握できるので、法令違反があればすぐに対処できます。

タイムカードで勤怠管理をする場合、月末の労働時間の集計時まで誰が何時間働いているのか把握できず、長時間労働に気が付いたときには、現場が疲弊しきって労働基準法違反の状況に陥っていた、ということも珍しくありません。その点、シュキーンを利用すれば、刻一刻と労働時間をチェックできるので、働き方改革にも十分対応できるでしょう。

1-5.部門ごとの勤怠データ把握も可能!経営判断をサポート

シュキーンは統計機能により、誰が何時間働いているのかグラフで表示されますが、部門ごとの勤怠データもグラフ表示させることが可能です。この機能により、労働時間の多い部署を特定し、業務量の見直しや、人員配置の適正化を検討できます。

働き方改革をするにも、そもそも定時に到底終わらない量の仕事がある場合は、早く帰ることはできません。業務量が適正でない場合は、長い目で見て従業員の健康管理にも悪影響を及ぼし、休職、離職を招くことになります。業務量と人員配置の適正化は経営に与える影響が大きいため、勤怠管理データを経営判断に役立てたい方には最適のツールでしょう。

1-6.導入が簡単!今すぐ始める勤怠管理

シュキーンはブラウザだけで利用可能なので、面倒なインストールも必要ありません。最初の2ヵ月は無料で利用ができるので、費用をかけずに導入できます。

利用するには全権管理者アカウントと、従業員用のログインアカウントを作成します。全権管理者アカウントはメールアドレス、パスワード、組織名、電話番号の情報を登録、従業員用のログインアカウントは氏名、役割、部署名などのデータを登録します。

2.シュキーンの2つのデメリット

2.シュキーンの2つのデメリット

反対に、シュキーンのデメリット面を考えると次の2つが挙げられます。

2-1.従来の無料プランは現在廃止

シュキーンは2018年まで段階課金制で4つのコースがあり、そのうちの1つであるフリープランは無料で使うことができました。現在は従量課金制に移行してユーザー一人当たり200円払う必要があるので、無料では利用できません。

どうしても費用をかけずに勤怠管理システムを利用したいという方は、数は少ないですが中には無料で利用できる製品もあるので、そうした製品を探すことをおすすめします。

2-2.オンプレミス型がない

シュキーンはクラウド型勤怠管理システムで、オンプレミス型の提供はありません。勤怠管理システムはクラウド型が主流ですが、なかにはオンプレミス型も並行して提供している運営会社もあります。

クラウド型は、外部サーバーを利用するのでハッキングの恐れがあり、データが外部に漏れる可能性を0にできません。現在、各社セキュリティには十分に力を入れていますが、構造上の脆弱さはデメリットです。

3.徹底調査でわかったシュキーンを使うべき人・会社

3.徹底調査でわかったシュキーンを使うべき人・会社

それでは、ここまで紹介したメリット・デメリットを踏まえ、どんな会社がシュキーンを導入すべきかお伝えします。

3-1.打刻が簡単な勤怠管理システムをお求めの方

シュキーンの打刻方法は「webでシュキーン」「とおってシュキーン」「かざしてシュキーン」の3種類。「webでシュキーン」はPC、スマホのブラウザから入力可能、特別なソフトのインストールは必要ないのでインターネットができる人ならだれでも操作可能です。

打刻方法が簡単な勤怠管理システムをお求めの方には最適のツールでしょう。

3-2.格安の勤怠管理システムをお探しの方

シュキーンの月額料金はユーザー1人当たり200円。休暇管理、シフト管理も含めてこの料金なのでとってもお得です。

ユーザーの人数が増えるごとに料金が増える従量課金制をとっている運営会社は他にもありますが、相場はユーザー1人あたり300円程度のサービスが多いのでシュキーンは業界比較でもリーズナブルです。

3-3.勤怠管理データを経営判断に役立てたい方

シュキーンの最大の特徴はタイムマネジメントを得意としている点で、従業員の労働時間がリアルタイムでグラフ化されるので、誰が何時間働いているのかパッと見て理解できます。

また、部署ごとの労働時間の調査もできるので、慢性的に長時間労働を行っている部署については、業務量の適正化や人員配置の見直しなど、働き方改革を進めるための実効性ある措置をとることもできるでしょう。勤怠管理システムを単なる勤怠記録でなく、高度な経営判断に活かしたい方にとってはおすすめです。

3-4.導入が簡単な勤怠管理システムをご希望の方

シュキーンはブラウザから利用できるので、ソフトウェアのインストールすら必要なく、管理者がPCに詳しくなくても操作可能です。

もちろん、クラウド型のサービスなので、システム構築は必要なく、操作もパッと見でできてしまうのでマニュアルは必要なし。導入の簡単なサービスをお求めの方にはおすすめのツールです。

4.徹底調査でわかったシュキーンを使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかったシュキーンを使うべきでない人・会社

シュキーンが会社がある一方で、不向きな場合もあります。具体的に、シュキーンを使うべきでないのは次の2つにあてはまる会社です。

4-1.従業員が10名以下の会社

シュキーンは、従業員が10名以下の会社の場合割高になる可能性があります。シュキーンの料金体系はユーザー1名あたり200円ですが、最低利用料金として1拠点あたり2,000円と定められています。

それだけに、1拠点のユーザーが10名以下の場合は本来の価格設定より割高になります。1拠点辺りの人数が1名〜数名で、多くの拠点を持つ会社にとっては不利な料金体系と言えるでしょう。

4-2.無料で使いたい方

シュキーンは2018年に従来の段階課金制のフリープランを廃止したので、無料では利用できません。

現在は従量課金制で1ユーザー200円という料金設定に代わっているので、無料で使いたい方は他の運営会社のサービスを利用することをおすすめします。

5.シュキーンの料金体系

5.シュキーンの料金体系

シュキーンの料金体系を改めて紹介します。

従量課金制:月額200円/ユーザー1人
最低利用料金:2,000円/1拠点


※月額料金の例

例1:1拠点で従業員が8人の場合
2,000円(最低利用料金)×1事業所=月額2,000円

例2:1拠点で従業員が50人の場合
200円×50名=月額1万円

例3:2拠点でA事業所が5名、B事業所が40名の場合
A事業所:2000円(最低利用料金)×1事業所=月額2,000円
B事業所:200円×40名=月額8,000円
合計:A事業所2,000円+B事業所8,000円=月額1万円

例4:2拠点でA事業所、B事業所ともに40名の場合
A事業所(200円×40名)+B事業所(200円×40名)=月額1万6,000円

6.シュキーンの導入実績・効果

6.シュキーンの導入実績・効果

ここまで、シュキーンの特徴について解説してきましたが、シュキーンを導入すると会社にどのような効果があるのでしょうか。実際に導入した「株式会社Gear8」の例を紹介します。

6-1.外出先からの勤怠管理が導入の決め手

導入を決定した社長が必須条件としたのは「外出先から勤怠管理ができること」でした。Gear8の勤怠管理は社長自身が行っており、朝から晩まで社外を飛び回る社長にとって外出先からでも管理ができるシステムの導入はマストであり、外出先からでも出勤状況のモニタができるシュキーンを選択しました。

導入後は打刻方法として「かざしてシュキーン」を採用。機能もシンプルなので管理者として負担感がなく、とても使いやすいと感じているとのこと。外出先、出張先からは主にスマホで従業員の出勤状況を管理。みんながきちんと勤務をしているか、ちゃんと帰宅しているのか、いつでも確認できるので、安心して会社を空けられるようになったのは大きな収穫となりました。

6-2.働き過ぎかどうかを自分でチェック

シュキーン導入後には、労働時間の集計がリアルタイムできるようになったことから、できるだけ早く帰宅するように心がけるようになりました。

以前は自分で勤怠記録をつけていましたが、集計まではできず何時間働いているのかは把握できていませんでした。しかし、現在は先月と今月の労働時間の比較ができるので、今月働き過ぎていないか確かめながら働けるようになりました。

7.まずはシュキーンの無料体験を

7.まずはシュキーンの無料体験を

シュキーンは様々なメリットがあり、導入後は勤怠管理がこれまでとは比較にならないほど便利になるでしょう。

しかし、どれだけ素晴らしいサービスも、自社と相性が合わなければ宝の持ち腐れになってしまいます。システム導入後の変更は想像以上に面倒で、不便だと思いながらも使い続けることになりがちなので、製品選びで失敗しないようにすることが肝心です。

そのためには導入前に実際に試してみるのがベストです。シュキーンではそうしたニーズにこたえるべく、最大2ヵ月無料お試しキャンペーンを実施しているので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

シュキーンの公式サイトはこちら

8.まとめ

8.まとめ

いかがでしたでしょうか。シュキーンはタイムマネジメントに特化した勤怠管理システムで、全従業員の労働時間かリアルタイムでグラフ化されます。働き過ぎの社員はすぐに発見できます。働き方改革を実現したい企業にとっては最適のツールと言えるでしょう。

また、料金はとってもリーズナブルで、ユーザー1人当たり月額200円で導入できます。まずは無料体験を試してみることをおすすめします。

コンシェルジュ
条件に合った勤怠管理システム会社を紹介!