これだけは押さえよう!?勤怠管理をIT化するだけで劇的に変わった4つのメリットをまとめてみました!

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年10月29日

この記事を読むための時間: 3分

人による操作にはうっかりミスがつきものです。ヒューマンエラーの改善すべきポイントはミスした人を責めることではなく、原因がどこにあるかを探ることが大切です。特に、アナログ形式の勤怠管理ほど人為的ミスは発生しやすいだけではなく、他の人が代わりにタイムカードを押すといった不正打刻も起こりやすいです。そこでIT化すると多くのメリットを受けることができます。

■メリット1.不正打刻を防ぐことができる

■メリット2.毎月のシフト管理が効率化できる

■メリット3.毎月の集計の手間が省ける

■メリット4.休憩時間や作業時間の曖昧さがなくなる

■まとめ

勤怠管理をIT化することにより正確で迅速な処理ができ、結果的にコストカットにも繋がります。具体例として、時給1,000円の従業員が、30分間、勤務表の作成や集計作業を行うと、500円のコストがかかります。従業員が50名いれば月に25,000円も発生し、年間通すと300,000円分、費やす計算になります。さらに不正打刻をする従業員もいるとなれば余計な人件費も支払うことになってしまいます。時間とお金の無駄を大幅に削減するには勤怠管理システムは欠かせません。クラウド勤怠管理システムは1ユーザー平均300円~ご利用できます。是非、あなたの会社にも導入してみてください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください