【知らないと損をする?】代表的なクラウド型勤怠管理システム5選

更新日:2015年06月13日 | 公開日:2015年06月13日

この記事を読むための時間: 3分

今や、様々な形態で社員が勤怠している会社も少なくありません。勤務形態が複雑になればなるほど、社員の勤怠管理は大変になっていきますよね。その管理に人手を裂くのは、本末転倒です。
ここは簡単に勤怠管理をしてくれるクラウドシステムを導入し、本業に専念できるようにしましょう。無料で試せるものも多くあります。あなたの会社にあった、勤怠管理システムの選び方がここにあります。

●JOBCAN

●キングオブタイム

●アスクル

●ディーレコ

●アマノ株式会社

●まとめ

クラウド版勤怠管理システムといっても、非常に多くのサービスがありますね。無料で使用できるものから高額なものまで、シンプルな機能のみのところから自社に合わせてカスタマイズしてくれるところまで、と色々あります。これだけ多くのサービスがあると、何を選んで良いのかわからなくなってしまいますよね。ですので、まずは今回紹介した5つのサービスから、あなたの会社にもっとも合っていると思われるものを深く検討してみてください。

フリーのシステムに近く、コストが抑えられるのは、ディーレコですね。そして、もっとも多くのサポートが得られるのはアマノ株式会社です。どこまでのシステムを望むのかによって、最善の選択は当然変わってきます。

勤怠管理システムを利用することで従業員の勤怠管理をしている時間を、他の業務に充てられるようになります。なるべく早い導入を考えていきましょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください