今更聞けない勤怠管理におけるICカード導入のメリットとは?

複数グラフのテキストと筆記用具、コーヒー

更新日:2017年10月22日 | 公開日:2014年12月10日

タイムカードによる勤怠管理は、膨大なデータ量を整理しないといけないので労力がかかります。
しかも、それとは別にシフトの管理もしなければなりません。
ICカードによる勤怠管理システムを使えば、全員の勤怠状況を一括で管理できますし、シフト表の管理までできてしまいます!
今回はICカード導入のメリットをくわしくまとめてみました。

メリット1 全従業員の勤怠状況の一元管理が可能

全従業員の勤怠状況を一元化することによって、従業員の不正勤怠を未然に防ぐことができます。
また、管理者が別拠点の従業員の勤怠状況を把握することも可能です。
この様にデータが一元化されることによって、「従業員がどのような勤務状態になっているか」を把握し、管理や諸対応が可能になります。

メリット2 勤怠体系にあわせた管理が可能

例えば、正社員・派遣社員・アルバイトなどの就業形態の違いによって、就業時間帯、休憩時間、実績勤務時間の計算方法が異なってくる場合も多くあります。
このような場合にも、組織内で複数の勤務体系を一度に登録・利用することが可能になります。
更に、登録した勤務体系設定に基づき、残業時間や深夜稼働時間などが自動で計算されるので煩雑な作業は一切ありません。

メリット3 シフト管理も可能

個々人の勤怠状況を把握だけでなく、全体としてどうなっているかシフト状況を知ることは非常に重要です。
しかし、通常のタイムカードではこのシフト表も手書きになり煩雑な作業になります。
ICカードはコンピューター上でシフト表作成から、その表参照まで各操作を簡便に行うことができます。

従来の紙での勤怠入力に比べて、ICカードを使う利便性は非常に多くあります。
例えば、従業員の勤怠状況の一元管理、勤怠体系が変わっても同じシステムで運用できること、更にシフト作成やシフト参照までもできます。
以上のように、勤怠管理にICカードを導入するメリットは非常に大きいです。
これらのメリットを考慮すると、導入をいち早く検討したほうが良いといえるでしょう。

【まとめ】ICカードで勤怠管理するメリットを最大限活かす

この記事では、勤怠管理をICカードを行うことで得られるメリットをご紹介しました。
日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」ではお客様の利用目的を伺い、ぴったりのシステムをご紹介します。
ご相談は無料なので、「どのようなシステムが自社に合っているのか」「実際に導入する際に必要なものはあるのか」といった悩みがあって迷っておられる方は是非一度相談してみてはいかがでしょうか。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ