楽楽精算とコンカー(Concur)の徹底比較|あなたに必要な経費精算システムはこれだ

更新日:2018年12月29日 | 公開日:2018年12月29日

正確な交通費の検索、領収書やレシートの保存と整理が欠かせない経費申請書の作成、申請内容のチェック作業、紙に書かれた内容をシステムに手入力する手間など、一連の経費精算は申請者・承認者・経理担当者それぞれに大きな負担がかかる、非生産的な業務でした。

こうした経費精算にかかる負担をデータの一元管理と共有で解決し、業務効率化と生産性の向上をもたらすのが「経費精算システム」です。クラウド環境でサービスを提供することで導入のハードルを下げ、ランニングコストも抑えられるSaaS型経費精算システムの登場以来、規模を問わない多くの企業が経費精算システムを導入して業務効率化に取り組んでいます。

しかし、市場には数多くのサービスが存在しており、その特徴や導入メリットもさまざまなため、自社の業務効率化に最適なひとつをチョイスするのは簡単ではありません。

そこで本記事では、SaaS型経費精算システムとして日本シェアNo.1を誇る「楽楽精算」と、グローバルスタンダードとして世界が認めるSaaS型経費精算システム「コンカー(Concur)」を取り上げ、機能や導入メリットなどを徹底比較し、それぞれどのような企業に最適なのかを調査してみました。

経費精算システムとは?

それでは、経費精算システムとは具体的にどのようなものでしょうか?経費データをひとつのデータベースに入力して一元管理することで、申請者・承認者・経理担当者と共有・参照し、二重入力などの手間をなくして業務効率化と生産性向上を実現するシステムです。

現在では、スマートフォンアプリを使っていつでもどこでも経費申請のできる、SaaS型経費精算システムが主流だといえるでしょう。入力の自動化やワークフローを使った承認プロセス迅速化、会計ソフトとのシームレスな連携など、経費精算業務をより効率的にする高機能システムも登場しています。

経費精算システムが持つ、自動化・合理化・一元管理によるデータ共有という特徴が求められた背景には、紙の申請書をやり取りしていた従来の経費精算業務が、数多くの課題と労働生産性の低下を生み出していたからです。

たとえば、申請者は使った経費を思い出しながら申請書を作成し、保存・整理していた領収書やレシートを適切に添付しなければなりません。申請書をチェックして承認する上長は、そのためだけに会社に戻らねばならず、経理担当者は紙に書かれた数字を会計システムにあらためて入力しなければならないのです。

時間と手間のかかる一連の経費精算業務は、勤務時間を圧迫して労働生産性を低下させるだけでなく、ときには経理担当者の残業などのコスト増も招いていたといえるでしょう。

経費精算システムはこうした課題を解決し、業務効率化によって従業員のコア業務への集中を実現します。つまり、従業員の労働生産性向上と、残業などのコスト増要因削減が相乗効果を生み出し、企業全体の生産性向上と大きなコスト削減効果が期待できるのです。

「楽楽精算」とは

「楽楽精算」とは、SaaS型経費精算システムとしてシェアNo.1を誇る、中堅・中小企業から絶大な支持を得ているクラウド型経費精算システムです。

累計導入社数で4年連続1位を獲得するなど、ユーザーの満足度の高さも「楽楽精算」の特徴でしょう。2016年末から2017年末までで約1,000社もの企業が新規導入するなど、順調な成長を遂げています。

「楽楽精算」が多くの企業から支持を得ている理由には、スマートフォンを使った時間と場所を問わない経費申請を実現した、SaaS型ならではの利便性と、経費精算システムとして過不足なく搭載された、基本機能の信頼性が高いことなどが挙げられます。

経費精算システムを導入したい企業の要件に応じ、豊富に用意されたオプションで機能を拡張していけるのも魅力でしょう。スマートフォンのカメラで撮影した領収書・レシートをデータ保存できるファイル添付機能、外国人従業員の在籍する企業向けの英語対応機能、各種クラウドシステムとの連携をシームレスなものにするAPI機能などが用意され、ニーズに応じて必要な機能だけチョイスできます。

なによりも中堅・中小企業にとって見逃せないのは「楽楽精算」の持つリーズナブルな料金体系でしょう。競合他社と比較した場合のアドバンテージは明白であり、SaaS型経費精算システムを導入する中堅・中小企業のなかで「楽楽精算」が50%ものシェアを誇る原動力となっています。

「コンカー(Concur)」とは

アメリカ発祥で現在はSAP傘下となる「コンカー(Concur)」は、その成り立ちからも分かるように、グローバルでの利用を目的に開発された経費精算システムです。フォーチュン500企業の50%が利用するなど、事実上の世界標準としての地位を確立した経費精算システムだといえます。日本への進出は2012年と歴史が浅いものの、大企業を中心に利用が拡大している注目の経費精算システムです。

1,000人規模以上の大企業を対象とした「Concur Expense」を主力にする「コンカー(Concur)」最大の特徴は、導入企業にあわせて自在なカスタマイズが可能な柔軟性、さまざまな外部サービスとシームレスに連携できる拡張性にあるといえるでしょう。請求書管理のConcur Invoice、出張管理のConcur Travelと組み合わせ、可視化された収支に対する経費の利用状況を詳細に分析するのも可能です。

企業ごとの要件に応じたカスタマイズを除外することで初期費用の負担をなくし、リーズナブルな料金で導入できるConcur Expense Standardもラインナップ。300人規模以下の企業でも「コンカー(Concur)」の高機能を利用できる環境が整いつつあります。いずれのサービスも、ERPで培ったSAP技術がふんだんに投入されており、圧倒的な高機能と同時に、強固なセキュリティが担保されるのも魅力です。

楽楽精算とコンカー(Concur)に共通する機能・特徴

それでは逆に「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」に共通する機能や特徴とはなんでしょうか?微妙な違いはあるものの、経費精算を合理化する基本的な機能は、どちらにも共通したことだといえるでしょう。

経費・交通費精算の効率化

「楽楽精算」「コンカー(Concur)」どちらも、経費精算業務の大部分を占めるであろう、経費・交通費精算を効率化する機能を持っています

ジョルダン社の乗換案内などと連携することで、利用駅を選択しただけで交通費を自動計算可能、定期券区間を控除するなどで二重支払いも避けられます。計算ミスなどの人的ミスを最小限にできるだけでなく、オプションでICカードリーダーを用意すれば、PASMOなどの交通系ICカードのデータを取り込めるのも両者で共通した特徴です。

スマートフォンで撮影した領収書を経費として取り込めるのも共通していますが、この点に関しては「コンカー(Concur)」にややアドバンテージがあります。「楽楽精算」ではオプション扱いになるこの機能は、OCR機能による領収書自動取り込みに対応していないのに対し「コンカー(Concur)」はすべて標準で備えています。

柔軟なワークフロー機能で経費精算プロセスを迅速化

経費精算業務をスムーズに進めるには、申請書の承認プロセスを迅速化しなければなりません。「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」には、複数の承認者の設定、条件による承認ポイントの分岐など、柔軟に使えるワークフロー機能が搭載されており、素早くスムーズな承認プロセスを実現できます

一方「コンカー(Concur)」のワークフロー機能が請求書、稟議書などの承認にも使える柔軟性を持っているのに対し「楽楽精算」のワークフローは経費申請・承認に特化しているという違いがあります。「楽楽精算」で汎用ワークフロー機能を活用したい場合は、オプションを追加する必要があることに注意が必要です。

クレジットカード連携で明細を自動取り込み

「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」はクレジットカード連携機能を搭載しているため、出張時を含めた経費支払いをクレジットカードで済ませ、自動で取り込んだ明細から該当する項目を1クリックするだけでの経費登録が可能です。明細をプリントアウトするのも、該当項目を申告書に転記するのも必要ありません。

外部サービスとの連携に優れる「コンカー(Concur)」では、さまざまなサービスからのデータ取り込みや銀行口座との連携が可能であり、CSVデータの取り込みのみしか対応しない「楽楽精算」に比べ、ここでもアドバンテージを持っているともいえるでしょう。

電子帳簿保存法対応

「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」ともに、領収書・レシートを電子データとして保存し、必要に応じて自在に検索できる要件を満たしているため、原本を保管する必要のない電子帳簿保存法に対応しています。これによって申請者は領収書・レシートの保管や整理、申告書に添付する手間から解放され、ペーパーレスによって原本保管場所も解放できます。

ただし、領収書・レシートの電子データ保存に、オプションのファイル添付機能が必要な「楽楽精算」は、撮影データのOCR機能も搭載されないため、使い勝手では標準でこれらの機能を搭載する「コンカー(Concur)」には及ばないともいえます。

「楽楽精算」のみが持つ特徴・強み

共通する機能を持ちながらも、経費精算システムとしてどこに重点を置くかはそれぞれであるため「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」は、それぞれ独自の特徴やアドバンテージを持っています。両者の違いでも触れたそれぞれの特徴を踏まえ、まずは「楽楽精算」のみが持つ特徴を掘り下げて解説してみましょう。

シェアの高い会計ソフトとの柔軟な連携

「楽楽精算」は、蓄積された経費データをCSV形式で書き出せるエクスポート機能が搭載されています。このため、日本国内でシェアの高い、ほとんどの会計ソフトとの連携ができるほか、オプションのAPI機能を追加すれば、会計ソフトとのさらにシームレスな連携も可能になります。これは、日本企業の使い勝手を考え、日本で開発された経費精算システム「楽楽精算」だからこそでしょう。

一方、アメリカ発祥の「コンカー(Concur)」は、日本独自の慣習などへの対応は遅れがちであり、メジャーな会計ソフトと連携するにも、サードパーティ連携を可能にする「ブリッジツール」が必要です。

豊富なオプションで必要に応じた拡張が可能

経費精算時に経理担当者にかかる負担としては、入力された経費データを正確な勘定科目に仕訳をする、従業員への振り込み手続きをするなども挙げられるでしょう。「楽楽精算」には、入力した経費データに応じて最適な勘定科目を提案し、学習していく自動仕訳機能が搭載されています

もちろん、経費として登録したデータは全銀フォーマット対応のFBデータとして出力できるため、そのままインターネットバンキングに読み込めば、銀行振込作業も簡略化可能です。

会計ソフトとの連携同様「コンカー(Concur)」は単独でFBデータの出力に対応していないため、ここでもブリッジツールを利用する必要があります。

自動仕訳・全銀フォーマット対応FBデータ出力

ここまでの解説で「楽楽精算」が「コンカー(Concur)」に比べてベーシックな機能に特化した経費精算システムであることがおわかりでしょう。その一方で「楽楽精算」には豊富なオプションが用意されており、必要に応じた拡張ができる経費精算システムであることも明らかです。

つまり「楽楽精算」は、ベーシックな経費精算システムが必要な企業は、しっかりとした基本機能をそのまま利用でき、さらなる合理化を望む企業は、目的に応じたオプションを追加するだけという、シンプルでムダのない運用ができるのです。

「コンカー(Concur)」のみが持つ特徴・強み

「コンカー(Concur)」が、柔軟なカスタマイズ性と豊富な機能でグローバル展開する大企業から支持されているのに対し、中堅・中小企業に大きな支持を得るのが「楽楽精算」です。「コンカー(Concur)」の持つ特徴や強みは、この方向性の違いにも表れているといえるかもしれません。

スマートフォンアプリによる利便性

「コンカー(Concur)」には、使いやすいインターフェースを持つ多機能なスマートフォンアプリが用意されています。もちろん、アプリがなくても「楽楽精算」のように、スマートフォンのWebブラウザで経費精算するのは不可能ではありません。しかし、単にスマートフォンでブラウザを操作できるという以上の価値を、アプリがもたらすのも間違いありません。

それは従業員が外出中でも快適に操作出るというだけではなく、ファイル添付のような面倒な操作をしなくても、カメラで領収書を撮影するだけで内容の自動取り込み、データ化までしてくれる圧倒的な利便性の差です。電子帳簿保存法に対応する「コンカー(Concur)」では、領収書の撮影が必要書類のファイリングにも等しい価値をもたらします。

高度な分析を含めた豊富な機能

移動の合間などの空き時間を活用して入力された経費データは、企業専用のひとつのデータベースに蓄積されます。出張の事前申請と実際に使った経費との紐付けも簡単。Concur Invoiceなどとも連携できるため、経費データに請求書、納品書などの収支データを組み合わせ、さらに高度で詳細な経費分析ができます。

NETSUITEやSAPなどのERPや、Salesforceなどの営業支援システム、人関連システムとの連携も万全、企業に応じた自在なカスタマイズで、あらゆるシステムとシームレスに連携できる豊富な機能を備えます。

外部サービスとの強力な連携

従業員の出張をトータルにサポートするBTM(ビジネストラベルマネジメント)サービスをはじめ、レストランやタクシーなどでも法人向けのサービスを提供する企業が増えています。こうした外部パートナーと提携している「コンカー(Concur)」は、システム内で予約・支払いを完結できる、強力な外部サービス連携機能を持っています

特に、飛行機やホテルを個別に予約する必要がなくなるBTMサービスの活用は、出張者の手間を大幅に削減できるだけでなく、社内規定の範囲内に収めた旅程を自動的に推薦してくれるため、ガバナンスの強化にも役立ちます。

楽楽精算とコンカー(Concur)の価格比較

ある意味、対照的な経費精算システムともいえる「楽楽精算」と「コンカー(Concur)」は、その課金方法や料金もまったく異なるといっていいでしょう。

中堅・中小企業から大きな支持を得ている「楽楽精算」の場合は、初期導入費用が10万円、50ユーザーまでの月額料金が3万円、50ユーザー追加ごとに月額料金が1万円高くなるという内容になっています

50ユーザーに満たない場合でも月額料金は3万円になるため、10〜20人程度の企業では割高になってしまいますが、100ユーザーであれば1ユーザーあたりの月額料金は400円で済みます。一定数以上の従業員数を持つ企業にとって「楽楽精算」は充分にリーズナブルだといえるでしょう。

一方、1,000人規模以上の企業を対象にしたConcur Expenseの場合、経費申請書1枚を1レポートとし、年間360レポート以内であれば月額3万円で利用できるという、レポート数に応じた課金方式を採用しています。

たとえば、月に30人が毎月1枚レポートを提出すれば、月額3万円ということです。すべての従業員が毎月必ず経費精算するわけではない、という企業にとっては、可能性のあるすべての従業員にIDを割り振れるメリットがあります。

導入時に企業ごとのニーズに応じたカスタマイズを施すのも「コンカー(Concur)」の特徴であり、そのため初期導入費用が100万円〜かかるというのも覚えておかなければなりません。

すでに解説したように「コンカー(Concur)」には、従業員数300以下の企業を対象にしたConcur Expense Standardもラインナップされています。この場合はカスタマイズを行わない分初期導入費用はかかりませんが、レポート数に応じた課金という点では、Concur Expenseと同様です。

「楽楽精算」を導入すべき人・会社

「楽楽精算」「コンカー(Concur)」の特徴や価格などを含めた両者の詳細を解説してきました。これらを踏まえどのような会社がどちらの経費精算システムを導入すべきかを考えてみました。まずは「楽楽精算」を導入すべきなのは、どんな会社なのかを解説します。

シンプルな経費精算システムを求める会社

「楽楽精算」は、多くの企業が経費精算業務を効率化するのに必要だと思われる機能に特化し、それ以外の機能はオプションで対応する形をとった経費精算システムです。その分、必要な基本機能はしっかり搭載しているのも特徴だといえるでしょう。

つまり、経費精算に複雑な処理を必要とせず、経費精算・交通費精算に特化したシンプルな経費精算システムを求める会社に「楽楽精算」はピッタリです。

もちろん、シンプルなシステムを導入しておいて、後から必要に応じて機能拡張したい、といったニーズにも「楽楽精算」は合致しています。

経費精算システムをリーズナブルに運用したい会社

さまざまな企業ニーズに応えられるように設計された「楽楽精算」は、オプションを充実させる一方で、基本となるサービスの利用料金はリーズナブルに抑えられています。この費用対効果が大きくなるのは、従業員数100人程度の企業からだといえるでしょう。

つまり、経費精算システムをリーズナブルに運用したい、中堅・中小企業に「楽楽精算」は最適であり、同じボリュームゾーンで「楽楽精算」が大きなシェアを誇る理由でもあります。

「コンカー(Concur)」を導入すべき人・会社

一方の「コンカー(Concur)」を導入すべきなのはどんな会社なのか。「コンカー(Concur)」の特徴を踏まえて解説してみましょう。

高機能な経費精算システムを求める会社

スマートフォンアプリによる利便性や交通費・経費申請の容易さ、強力な外部サービス連携などからもわかるように「コンカー(Concur)」は、高機能経費精算システムの代名詞ともいえる存在です。

その分、使い方によってはコストが割高になる傾向にあるのは事実ですが、なによりも経費精算の合理化とコスト削減を重視するため、高機能な経費精算システムが必要な会社に「コンカー(Concur)」はピッタリでしょう。

経費精算の合理化が、企業全体の大幅なコスト削減につながる可能性の大きい大企業などでは、特に「コンカー(Concur)」は効果を発揮するのではないでしょうか。

グローバル展開する会社

SaaS型経費精算システムである「コンカー(Concur)」は、世界各地に拠点のある会社の経費精算を一元管理して合理化するのに最適です。「コンカー(Concur)」自体がグローバルスタンダードの経費精算システムであるため、多言語対応は当たり前でもあり、海外通貨のレート変換にもリアルタイムで対応できます。

海外のBTMサービスも活用できる「コンカー(Concur)」は、従業員の拠点間移動や海外出張にもピッタリだといえるでしょう。

番外:楽楽精算とコンカー(Concur)以外の経費精算システム3選

「楽楽精算」「コンカー(Concur)」の詳細を解説してきましたが、冒頭でも解説したように、企業規模を問わずに注目を集める経費精算システムは、市場に多くのサービスが登場しています。以下からは番外編として「楽楽精算」「コンカー(Concur)」以外の経費精算システムを、厳選して紹介しておきます。

ジョブカン経費精算

「ジョブカン経費精算」は、シンプルな使い勝手と業界最安値水準の価格を実現しながらも、豊富な機能で優れたコストパフォーマンスを誇る経費精算システムです。驚きのその料金体系は、初期費用無料、月額料金1ユーザー400円という明確なものであり、累計導入3,000社を超える人気を誇っています。

承認ポイントを自在に設定できるワークフロー機能、アラート設定によるメール通知で申請者・承認者の手間を軽減。会計ソフトとのCSVデータ連携、FBデータの出力による振込自動化で経理担当者の負担も軽減できます。

ジョブカン勤怠管理との連携で、交通系ICカードからのデータ取り込みも可能。ジョブカン経費精算は、シンプルに経費精算業務を効率化したい企業におすすめできる経費精算システムです。

MFクラウド経費

「MFクラウド経費」は、4つのプランからニーズに応じて選べる高機能経費精算システムです。利用したユーザーの分だけ課金されるという明快な料金体系を持つため、すべての従業員にIDを割り振っても、ムダのない効率的な経費精算業務が運用可能です。

1人からでも利用できるパーソナルプランを含め、すべてのエディションでOCR機能が利用できるのも魅力でしょう。標準で用意された交通系ICカードデータの読み込み、クレジットカード・銀行口座の明細自動取得なども可能。スマートフォンアプリによる使い勝手の良さとともに、その高機能ぶりは市場で高く評価されています。

MFクラウド経費は、経費精算の合理化に高機能システムを求めている個人事業主からあらゆる規模の企業まで、幅広くおすすめできる経費精算システムです。

TeamSpirit

「チームスピリット(TeamSpirit)」とは、SaaS型働き方改革プラットフォームであり、勤怠管理・就業管理・経費精算・工数管理・電子稟議・スケジュール管理・SNSの機能を統合し、ダッシュボードで働き方の実態を可視化できます。

Salesforce.comのPaaSプラットフォーム「Force.com」環境にシステムが構築されている「チームスピリット(TeamSpirit)」ですが、すべての機能がひとつのインターフェースにシームレスに統合されており、従業員は業務にかかわるあらゆる情報を自然に簡単に入力できるのが特徴です。

単体のシステムに負けない豊富な機能を持つ経費精算機能は、定期券区間を控除できる簡単な交通費申請、領収書やレシート自動入力とデータ保存ができるOCR機能などを実装しています。

出張の事前申請とそれに紐づけた経費精算、外部BTM(ビジネストラベルマネジメント)サービスとの連携などを実現。初期費用15万円、50ユーザーで月額料金3万円という、リーズナブルな料金も魅力です。

楽楽精算とコンカー(Concur)。導入すべきは……

リーズナブルな料金で中堅・中小企業からの圧倒的な支持を得る「楽楽精算」、多機能な経費精算システムとして、大企業で採用の進む「コンカー(Concur)」、それぞれの特徴をおわかりいただけたでしょうか?

実際には、企業規模や経費精算システムになにを求めるかというニーズによって、導入すべきシステムは異なってくるでしょう。しかし、あえていうならば、日本独自の慣習にも積極的に対応する姿勢を見せる、多機能な「コンカー(Concur)」を導入してみることをおすすめします。

「コンカー(Concur)」は、初期費用無料にしつつも、多機能ぶりを継承したConcur Expense Standardという戦略的なサービスがあるため、50人以下の企業であれば、経費申請書の数によってコスト削減を実現しながらも、最大限の効果が得られる可能性が期待できます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ