あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

転職市場とは?転職が当たり前の時代に知っておきたい基礎知識

転職中のイメージ

更新日:2019年03月19日 | 公開日:2019年03月19日

ひと昔前の「転職市場」は、特定の年齢層や職種に集中する傾向にありました。しかし、近年では若年層から中堅、シニア層、専門職から管理職、一般職まで転職市場が広がりを見せ、活発化しています。

「転職が当たり前の時代」になってきた現在、企業における採用活動はさまざまな人材ルートの確保や、採用業務の効率化によって優秀な人材の獲得につなげようとしています。

今回は、転職市場の動向や企業・転職希望者がそれぞれ転職希望者・企業を見極める方法、優秀な転職者を獲得する方法など、転職が当たり前の時代に知っておきたい基礎知識を説明するとともに、転職者をまとめて管理できる実際の採用管理システムについても紹介します。

1. そもそも転職とは

1. そもそも転職とは

「転職」とは、現在の職業または所属している会社から、別の職業や別の会社に変わることをいいます。転職する理由は人によりさまざまで、例えば以下のようなものがあります。

転職理由の例
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 収入が低い
  • 職場に馴染めない/職場の人間関係が悪い
  • 仕事にやりがいが感じられない
  • 自分の能力を発揮できない
  • 実績や能力を評価してもらえない
  • 会社や業界に成長性が感じられない
  • 他の仕事がしたくなった

働き方改革が注目される今、現在の職場に不満を感じ自分らしく働ける職場を求めて、働く場所・環境を変えたいという思いで転職につながるケースが多くなっているようです。

自分の人生を大きく変えてしまう可能性のある転職。転職を希望する人は、転職することによるリスクとメリットを十分に考えた上で、慎重に判断することが求められます。

2. 転職市場は現在も拡大中

2. 転職市場は現在も拡大中

総務省統計局の発表によると、2017年の転職者数は311万人です。年々増加する傾向にあり、今ではほぼ2人に1人が転職する時代になってきました。

また、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が発表した「転職市場予測2019上半期」では、14の業界・職種で求人数を予測しており、その内容は以下の通りです。

業界・職種の求人数予想
求人数の動き 業界・職種
求人数が増加する 営業/人事/経理/法務
求人数が緩やかに増加 企画・マーケティング/クリエイティブ/IT・通信/電気・機械/販売・サービス
求人数がほぼ変わらない 化学・素材/建築・土木/メディカル/事務・アシスタント
求人数がやや減少 金融
求人数が減少 なし

2-1. 求人数が増加中

DODAが発表した「転職求人倍率レポート(2019年1月)」によると、前年同月比では、求人数は103.7%、転職希望者数は114.2%とともに前年を上回っています。

業種別に見て、前年同月比で求人数が特に伸びたのは、「金融」(前年同月比127.8%)、「メーカー」(前年同月比114.3%)。
また、職種別に見て、前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「事務・アシスタント系」(前年同月比152.7%)、「技術系(化学・食品)」(前年同月比118.3%)となっています。

求人数は依然として過去最高水準が続き、転職希望者の伸びが求人の伸びを上回る状態が継続しています。また、人気の高い求人には数多くの応募が集まっており、転職者優位の売り手市場にも少し変化がみられるようです。

2-2. 転職求人倍率とは

転職市場における需給状況を示す代表的な指標として「転職求人倍率」があります。この数値により、売り手市場なのか、買い手市場なのかを判断できます。

DODAが発表した「転職求人倍率レポート(2019年1月)」によると、2019年1月の転職求人倍率は、2.13倍となっています。これは、求職者一人に対して、2.13社の求人があるということを意味し、求職者が優位にあるといえます。

労働市場における需要・供給の関係は景気に左右されるものですが、現在の売り手市場の状況は、日本の人口構造も関係しており、転職求人倍率はここ数年間高い数値で推移しています。

会社の事業存続には、退職者数と採用者数の人材バランスが重要です。少子高齢化により、労働人口が減少していくことは確実なため、現状の売り手市場は継続していくと考えた方がよいでしょう。

2-3. 業種別転職求人倍率は……

DODAが発表した「転職求人倍率レポート(2019年1月)」によると、2019年1月の業種別転職求人倍率は、IT/通信業の5.63倍から小売/外食業の0.79倍まで、以下のように業種により大きな格差が見られます。

2019年1月の業種別転職求人倍率
  • IT/通信:5.63倍
  • サービス:2.47倍
  • メーカー:1.84倍
  • メディカル:1.58倍
  • メディア:1.57倍
  • 金融:1.57倍
  • 商社/流通:0.84倍
  • 小売/外食:0.79倍
  • その他:0.84倍

業種の中でも「IT/通信業」や「サービス業」は求人倍率が高く、より売り手市場であるといえます。一方で、「商社/流通業」や「小売/外食業」の求人倍率は1倍を切っており、逆に買い手市場であるといえるでしょう。

3. 転職希望者が企業を見極める方法

3. 転職希望者が企業を見極める方法

自分の人生を大きく変えてしまう可能性のある転職において、転職希望者が企業を見極めるためには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは3つのポイントに分けて説明します。

3-1. 会社のミッションやビジョンが明確で共感できること

経営者が会社のミッションやビジョンをどのように発信しているのかはとても重要です。その理由は、社長の考え方や価値観が、会社の風土や組織の価値観として根付くからです。

これらは、会社のホームページ内の「社長メッセージ」や、個人で開設しているブログなどのSNSを通じて確認できます。また、会社説明会や面接などで、直接話を聞く機会もあるでしょう。内容に共感できない場合は、自分とその会社は合わないと思った方がよいかもしれません。

「魅力を感じる」「共感できる」などの思いは主観的なものではありますが、だからこそ、社員となって働く際にはモチベーションを持って働くための重要な要素となります。

3-2. 労働時間や休暇、福利厚生など、自分にとって働きやすい環境であること

働きやすく快適な労働環境は、長く働き続けるための大事なポイントです。
近年、「働き方改革」の推進とともに、各企業は「労働時間の削減/有休取得率の向上/福利厚生の充実/在宅勤務の推進」をはじめ、働きやすい環境づくりに注力しています。

しかし、企業によってその推進度合いはさまざまなのが現状です。自分のライフスタイルや目指すキャリアと照らし合わせた上で、優先すべき条件を考えておき、それが実現できる会社を選ぶことが必要になるでしょう。

3-3. 日々の仕事が世の中に貢献し、自分の喜びにつながるのをイメージできること

自分の仕事が世の中の役に立つことを意識しながら、日々の業務に取り組めることで、「仕事をするやりがい」や「自分や会社の存在価値」を実感できます。そして、働きがいを感じながら、その会社に長く勤めることにつながります。

会社のホームページや会社説明会などで、詳細な仕事内容を確認すると同時に、そこで働く人たちが実際にどのようなことを目的に働いているのかを確認してみましょう。仕事を通してその目的を達成することが、自分にとっての喜びやモチベーションにつながるのかをじっくりと考えてみることも重要です。

4. 企業側が転職希望者を見極める方法

4.企業側が転職希望者を見極める方法

いくら優秀な人材でも自社で活躍できなければ、欲しい人材とはいえません。慢性的な人材不足により、採用活動そのものが難しくなっている中で、企業側が転職希望者を見極めるためには、どのような方法があるのでしょうか。3つのポイントに分けて説明します。

4-1. 適応力があり、一緒に仕事をしたいと思える人物であること

どんな優秀な人材でも、会社組織の一員としての適応力に欠けていれば、その能力を発揮できません。それを見極めるためには、面接時の受け答えを観察することがポイントになります。

面接官に与える印象が悪い場合、社員や顧客との良好な関係を築けない可能性があります。面接官からの問いかけに対して、適切にコミュニケーションを取れているか、一緒に仕事がしたいと思える人物なのか、などを見極めることが重要です。

4-2. 自社で経験やスキルを活かせる人物であること

新卒採用とは異なり、転職では短期間で戦力となる人材を求めることが多いのが実情です。そのため、応募者がこれまでに培ってきた経験を自社でどのように活かせるかを見極めることが大切になります。

未経験者歓迎の募集であっても、受身の姿勢では戦力になることは難しいため、保有している知識やスキル、自己啓発している内容について確認してみましょう。また、専門的なスキルを必要とする職種の募集では、面接に配属予定部署の社員を同席させることも必要になります。

4-3. 自社で活躍したいというアピールができること

応募者が志望動機や自己アピールをうまく説明できない場合は、自社が第一志望ではない可能性もあります。数多くの企業の中から、自社を選び入社したい理由を確認することが大切です。

自社への入社動機が曖昧な場合、採用したとしても短期間で離職するかもしれません。面接時には以下のような質問に対して応募者がどのように答えるか、プレゼン能力も判断材料になります。

面接で確認すべきこと
  • 自社だからこそ入社したいという意欲が明確か
  • 同業他社との違いを理解しているか
  • 即戦力として活躍できる人材としてアピールできているか

5. 優秀な転職者を獲得する方法とは

5. 優秀な転職者を獲得する方法とは

それでは優秀な転職者を獲得するためには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。ここでは5つの方法に分けて説明します。

5-1. 転職サイト

「転職サイト」は、現在最もメジャーな母集団形成の方法といえるでしょう。テレビCMなどでもよく見かける有名な転職サイトは、数多くの大手企業が利用しており、転職活動をしている人の多くが登録しています。

幅広い転職希望者に自社を認知してもらい、エントリーにつながることは転職サイト最大のメリットといえるでしょう。現在では無料や格安の新しい転職サイトが次々に生まれています。転職サイトを利用することで求人媒体費用をカットでき、採用活動における広告費を削減することが可能です。

5-2. リファラル採用

「リファラル採用」とは、自社の社員や退職した社員などからの紹介や推薦をもとにした採用方法です。アメリカで行われるようになった採用手法ですが、日本でもスタートアップ企業などを中心に普及が進んでいます。

一般的にリファラル採用で転職した社員は、社内に知人がいることや企業文化に対する理解度が高いことなどから、離職率が低くなることが特徴の一つです。また、リファラル採用には社内制度の整備とSNSの活用が効果的です。社員のモチベーションを高めるために、紹介・採用報奨金制度を導入している企業もあります。

5-3. ヘッドハンティング

「ヘッドハンティング」とは、経営者や経営幹部、それに準ずる役職層などの優秀な人材を外部からスカウトし、自社に採用することをいいます。求める人材を、人脈や評判、インターネットなどを駆使して、あらゆる業界から探し出す手法です。

ヘッドハンティングを専門とする業者のヘッドハンターによって行われることが多く、事前に企業から一定の金額を受け取るケースと、成果に応じて成果報酬を受け取るケースがあります。日本でもエグゼクティブ層だけでなく、中間管理職や技術者などのヘッドハンティング事例が徐々に増えています。

5-4. ダイレクトリクルーティング

「ダイレクトリクルーティング」は、企業が積極的に優秀な人材を獲得するための行動を起こす「攻めの採用方法」です。求人媒体や人材紹介会社などを利用することなく、企業独自で人材データベースやSNSを活用して求める人材を発見し、スカウトから面接、入社までのプロセスを実行します。

ダイレクトリクルーティングをうまく利用することで、欲しい人材にピンポイントでアプローチでき、効率的に優秀な人材を集められるメリットがあります。また、これまで不可能だった潜在層にもアプローチができるため、採用の可能性を広げることも可能です。

5-5. 人材紹介

「人材紹介」とは、厚生労働大臣の認可を受けた職業紹介事業者(人材会社)が、企業からの依頼を受け、該当する人材を紹介するサービスです。求職者はそのサービスに登録し、キャリアコンサルタントと相談しながら、応募する企業を決めていきます。

転職サイトと異なる点は、自分で探すのではなく、コンサルタントに探してもらうことです。無料でサービスを利用できるため、まずは話を聞いてもらうというスタンスで登録する求職者もいます。入社成功を最優先に、無理のない転職活動ができるため、自分のペースで転職活動を進めたい人に人気のサービスです。

6. 採用管理システムで転職者をまとめて管理

6. 採用管理システムで転職者をまとめて管理

転職市場における多くの転職希望者をまとめて管理していくためには、Excelなどによる人的管理では多くの工数がかかります。そんなときに役に立ち、採用活動を効率化させるのが採用管理システムです。

採用管理システムは、英語ではATS(Applicant Tracking System)と呼ばれ、直訳すると「応募者追跡システム」を意味します。採用管理システムにはさまざまな機能がありますが、その機能の一つに「応募者の管理機能」があります。採用管理システムを利用することで、多くの転職希望者を効率的にまとめて管理できるようになります。

6-1. 採用管理システムとは

採用管理システムは、応募から採用に至るまでのプロセスを、ひとつのシステム上で一元管理できるシステムのことをいいます。

近年では、少子高齢化や慢性的な人材不足により、転職市場において思うように採用ができないという企業が多くなっています。そのような背景の中で、採用管理システムを導入することで以下のような効果が見込まれます。

採用管理システムを導入する効果
  • 応募者を管理することで採用のミスマッチを減少できる
  • メッセージの自動送信設定により、送信忘れや漏れがなくなる
  • 選考をスピーディーに行える
  • 採用業務の人的コストを削減できる
  • 一元管理による情報共有ができる

採用管理システムは、多くの製品が提供されており、その機能は製品により大きく異なります。自社の採用活動における課題を明確にした上で、自社に適した採用管理システムを導入することが重要になります。

7. おすすめの採用管理システム

7. おすすめの採用管理システム

それでは最後に、実際におすすめできる採用管理システムを5つ紹介します。採用活動に悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

7-1. ジョブカン採用管理

ジョブカン採用管理 トップページ

https://ats.jobcan.ne.jp/

【企業名】株式会社Donuts

特徴

ジョブカン採用管理は、人事・採用担当者1,000人の意見をもとに開発された採用管理システム。ITトレンド2018年年間「採用管理・選考管理システム」ランキング1位を受賞しています。

ジョブカン採用管理の特徴
  • 2,000社以上の豊富な導入実績あり
  • 新卒・中途・アルバイトの全ての採用に対応
  • 候補者の状況や次に行うべきタスクを「見える化」した画面により、採用の進捗状況が一目で把握可能
  • 使いやすさを追求したデザインと機能で、初心者でも操作しやすい

料金

<FREEプラン>月額費用:無料(候補者登録数の上限:月30名まで)
<LITEプラン>月額費用:8,500円~
<STANDARDプラン>月額費用:3万円~


※初期費用はどのプランでも無料になります。
※30日間無料で、有料プランの機能を使える「無料トライアル」もあります。

ジョブカン採用管理について詳しくはこちら

7-2. engage

engage トップページ

https://en-gage.net/

【企業名】エン・ジャパン株式会社

特徴

engage(エンゲージ)は、エン・ジャパンの採用ノウハウを詰め込んだ、クラウド採用支援ツール。「HRアワード2017」の人材採用・雇用部門で優秀賞を受賞しています。

engageの特徴
  • リリースから2年で、導入企業数は11万社を突破
  • 採用サイトの作成や求人公開、「Indeed(インディード)」への自動掲載、「エン転職」会員へのスカウト送信、応募者の管理まで全て無料で対応
  • 中小企業での採用成功事例が多数あり(保育士などの採用の難しい職種でも実績あり)
  • 豊富な機能を完全無料で利用できる

料金

全ての機能を無料で利用可能。(初期費用、月額料金、採用成功報酬なども一切なし)

engageについて詳しくはこちら

7-3. Cycle

Cycle トップページ

https://www.enjapan.com/service/cycle_career/

【企業名】エン・ジャパン株式会社

特徴

Cycleは、エン・ジャパン株式会社が提供しているASP/パッケージソリューション。『採用を、もっとラクに、もっと速く。』をコンセプトに、採用業務の効率化と採用コスト削減に効果を発揮する採用管理システムです。

Cycleの特徴
  • 中途採用に特化し、採用業務を効率化させるための豊富な機能を搭載
  • 導入企業数は480社を超え、リピート率は90%以上
  • 複数経路からの応募者データを自動集約し、一元管理
  • 選考対象者の判別など自動処理対応/応募者へのメール送受信機能
  • 説明会や選考会をwebで予約
  • 自社HPで専用のエントリーフォームを作成

料金

登録応募者数ごとによる課金体系で、月額7万円からとなっています。

Cycleについて詳しくはこちら

7-4. MyRefer

MyRefer トップページ

https://i-myrefer.jp/

【企業名】株式会社MyRefer

特徴

MyReferは導入企業400社を超える、国内最大規模のリファラルリクルーティングサービスです。従業員数10名~10万名の企業まで、多種多様なリファラル採用の支援実績を持つ採用管理システムです。

MyReferの特徴
  • リファラル採用ツールとして導入企業社数No.1
  • 新卒採用から中途採用・アルバイト採用まで、全ての採用領域に活用可能
  • 社員個別のマイページを発行し、煩雑な求人広報や情報提供などはMyReferがサポート
  • リクルーターの社員紹介状況をリアルタイムで可視化し、候補者情報を管理、効率よく選考管理
  • マルチデバイスで利用でき、SNSのつながりを活かして気軽に友人に紹介

料金

webからの問い合わせとなります。

7-5. Refcome

Refcome トップページ

https://jp.refcome.com/

【企業名】株式会社リフカム

特徴

Refcomeは、リファラル採用を活性化するための採用管理システム。数多くのあらゆる業種での導入実績があり、リファラル採用クラウドサービスにおける登録企業数はトップクラスを誇ります。

Refcomeの特徴
  • 新卒・中途・アルバイトなどの採用に対応
  • リファラル採用を活性化するための施策設計から運用・効果測定までをシンプルに仕組化
  • スマホアプリによる確認や、SNSを利用した紹介が可能
  • 社員満足度スコア、リファラル採用スコアなど、全社に紹介運動が拡がる機能を搭載
  • 導入コンサルタントによる迅速なサポート・フォローあり

料金

webからの問い合わせとなります。

8. まとめ

8. まとめ

今回は、転職市場の動向や企業・転職希望者がそれぞれ転職希望者・企業を見極める方法、優秀な転職者を獲得する方法などを説明するとともに、転職者をまとめて管理できる実際の採用管理システムについて紹介してきました。

現在の転職市場は売り手市場となっており、企業間による人材獲得競争が激化しています。日本の人口構造を考えると、転職市場における採用活動は今後ますます難しいものになっていくことが予測できます。

転職市場において本当に優柔な人材を獲得していくためには、採用管理システムを導入するのも一つの方法です。採用管理システムには多くの製品があり、それぞれの特徴やサービスは異なります。採用したい人材や雇用形態、自社の採用プロセス、自社に適した募集方法などを明確にした上で各サービスを比較し、自社に合った採用管理システムを選び、採用業務の効率化と優秀な人材の獲得を実現しましょう。

“採用管理システム”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

優良会社の見積もりが
最短翌日までにそろう